紹介文

勝龍寺城は細川藤孝の居城として知られています。「山崎の合戦」では明智光秀がここに本陣を構えました。当時の遺構としては、近隣にある神足神社境内に空堀や土塁が残っています。現在、本丸および沼田丸趾が勝竜寺城公園として整備されており、櫓を模した管理棟が建てられています。勝龍寺城は細川忠興・ガラシャ夫妻が盛大な結婚式を挙げ、新婚時代を過ごした城でもあり、城内にはふたりの像が建てられています。また夫妻にちなんだ「長岡京ガラシャ祭」が毎年11月に開催されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
勝龍寺城は「明智光秀ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 明智光秀ゆかりの城めぐり

勝龍寺城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

勝龍寺城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 勝竜寺公園の駐車場に止めて神足城跡とセットで攻城。とてもよく整備されています。(2019/09/15)
  • JR長岡京駅から徒歩10分、神足神社で土塁の遺構を見て、勝竜寺公園へ。堀に囲まれた本丸跡、細川忠興公とガラシャ夫人の立派な銅像などを見てまわりました。(2019/09/06)
  • 阪急京都線桂駅から革嶋城 - 物集女城 - 寺戸城 - 鶏冠井城 - 今里城 - 開田城 - 神足城を経て勝竜寺城へ。5時間の行軍でした。(2019/08/19)
  • 櫓や石垣が復元されており、雰囲気最高でした!(2019/08/13)
  • 5台ほど停められる城趾奥の沼田丸跡にある駐車場に車を停め、勝龍寺城公園を散策。管理棟にはボランティアの方が詰めておられますので、展示品など色々と解説いただきました。あ、北側にある土塁、空堀跡を見忘れました。(2019/08/12)
  • 綺麗に整備された公園で細川忠興とガラシャの像が建てられています 管理棟には無料案内の方がいらっしゃりとても親切でした。(2019/07/28)
  • 勝竜寺では 無料案内があるので是非どうぞ。(2019/07/28)
  • 勝竜寺公園となっており景観もよくのんびりできました。山崎城から合戦跡→明智光秀本陣と巡り約1時間かけて攻城しました。(2019/07/10)
  • 二階の資料館は写真NGなので、記録を取りたい方はメモのご用意を。公園内には「ガラシャおもかげの水」という地下水100%の水道がありますので、持ち帰りたい方は水筒などのご用意を。ちなみに光秀は「山崎の合戦」の際、この城の北門から逃げたそうです。(2019/06/19)
  • 細川ガラシャで有名なお城ですね。城前の通りもガラシャ通りとなっています。 近くの公園で土塁の遺構が見られます。(2019/06/03)
すべてを表示(82コメント)

勝龍寺城について

勝龍寺城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平城
標高(比高)15 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1571年(元亀2年)に建てられたとされる、天守に相当する高層建築物(殿主)が存在していた。現在、城跡の勝竜寺城公園には天守を模した管理棟がある。
築城主細川頼春か畠山義就
築城開始・完了年着工 室町時代か1339年(延元4年/暦応2年)
廃城年1649年(慶安2年)
主な改修者細川藤孝
主な城主細川氏、永井氏
遺構土塁、空堀
指定文化財
復元状況模擬石垣、模擬櫓

更新日:2019/09/16 16:07:09

勝龍寺城の城メモ

勝龍寺城の見所や歴史などを紹介します。

勝龍寺城の観光情報

勝龍寺城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:18:00(11月1日〜3月31日:17:00)
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
  • 火曜日 ※4月の最終週と5月の第1週のゴールデンウィークと11月の長岡京ガラシャ祭の前週および国民の祝日にあたる場合をのぞく
  • 12月28日〜1月4日
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

身障者用トイレあり

勝龍寺城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    19.55
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    19.43
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    24.77
  • 12時
    Clear / clear sky
    27.09
  • 15時
    Clear / clear sky
    26.21
  • 18時
    Clear / clear sky
    21.81
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    21.55
  • 00時
    Rain / light rain
    21.30

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Clouds / few clouds
    25.45
  • 18日
    Clouds / scattered clouds
    26.15

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

勝龍寺城の地図

地図アプリで見る

京都府長岡京市勝竜寺13-1

勝龍寺城へのアクセス

勝龍寺城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR京都線・長岡京駅から徒歩約10分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・大山崎ICから5分
駐車場
  • 勝龍寺城公園駐車場(無料、10台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

勝龍寺城周辺の宿・ホテル

    京都ゲストイン長岡京

    大阪と京都の境界にある静かな都市「長岡京」一流ホテル並みの施設とサービスでお客様をお迎えいたします。観光にもビジネスにも最適です。お子様のご利用は10歳以上、大人と同料金で承ります。(評価:5.0、参考料金:4,750円〜)

    淀キャッスルイン

    2017年9月にOPEN!京阪電鉄「淀駅」より徒歩3分の好立地!大阪と京都の中間に位置しておりアクセスも便利です。周辺にはコンビニやおしゃれなイタリアンのお店や居酒屋などの飲食店が充実しております。(評価:3.8、参考料金:5,225円〜)

    ペンション 恋都

    京都駅より市バス30分、バス停まん前。桂川駅より徒歩13~4分。名神高速京都南インターより10分程度とアクセスがよく、駐車場が無料なのもうれしいね!オリジナルマップによる手作り観光案内も好評。(評価:4.4、参考料金:3,200円〜)

    アーバンイン伏見

    京都市伏見区のビジネスホテル。京阪・近鉄沿線なので、京都駅にも大阪方面にもアクセス良好。商店街に隣接し、買い物やお食事に便利。全室無線LAN接続OK。(評価:4.0、参考料金:3,600円〜)

    ホテル 京都エミナース

    竹林に囲まれた京都洛西のホテル。嵐山嵯峨野、光明寺や善峯寺にも近い静かな立地。敷地内に湧く2種類の天然温泉が楽しめます。京都縦貫自動車道から5分で宿泊専用無料駐車場も完備。ボウリング場も併設。(評価:3.9、参考料金:5,860円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

勝龍寺城の過去のイベント・ニュース

勝龍寺城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

  • 「第28回長岡京ガラシャ祭」開催

周辺にあるお城など

    • 淀城
    • 淀城
      • 平均評価:★★★☆☆(263位)
      • 見学時間:33分(269位)
      • 攻城人数:384人(161位)
      • 城までの距離:約2km
    • 伏見城
    • 伏見城
      • 平均評価:★★★☆☆(261位)
      • 見学時間:38分(256位)
      • 攻城人数:679人(103位)
      • 城までの距離:約7km
  • より多くの
    城を見る

山城の著名な城

京都府の著名な城

勝龍寺城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

勝龍寺城を本城にしている団員

以下のみなさんが勝龍寺城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

業政駈ける (角川文庫)

長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

solitarioさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る