勝龍寺城
勝龍寺城

[京都府][山城] 京都府長岡京市勝竜寺13-1


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.11(209位)
  • 見学時間:47分(219位)
  • 攻城人数:430(159位)

北東隅櫓跡と多聞櫓跡

勝龍寺城の北東隅には隅櫓が、また東面の石垣上には多聞櫓がありました。

東辺土塁(とうへんどるい)と多聞櫓(たもんやぐら)
 本丸の東辺に築かれた土塁上の平坦面で、二列の石垣が見つかった。この幅四メートルの間に北東隅の建物(隅櫓)とつながった長屋風の建物(櫓)があったと考えられる。このような構造の建物は多聞櫓と呼ばれ、中に弓矢や槍、鉄砲、火薬などの武器が納められ、城外の敵を攻撃できるようになっていた。
 また、土塁の斜面にはテラス状の平坦面をつくり、井戸を設けていた。
 平成四年三月長岡京市

多聞櫓があったと思われる平坦面です。

この前に北東隅櫓がありました。
現在は四阿(あずまや)が建てられています。

また、本丸北面には多門櫓、隅櫓への階段があったことが確認されています。

多聞櫓への階段
 本丸の北東隅から石垣で築かれた高さ四メートルの土塁が見つかった。この土塁に登る斜面には大きな自然の石を使った階段が七段造られていた。
 土塁の上は一辺が一〇メートル四方の広い平坦な面があり、城の外を監視、攻撃するための建物があったことを裏付けた。この建物は東辺の土塁上に伸びる多聞櫓という長屋風の建物と思われる。

 平成四年三月長岡京市

本丸から見た、土塁上の四阿です。

階段をのぼったところから見た四阿です。

勝竜寺城公園の外側から見た四阿です。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

勝龍寺城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

信濃をめぐる境目の山城と館 上野編

宮坂武男氏が現地を歩き縄張図・鳥瞰図を起こしたもので、これを頼りに山城へ出掛けています。山城歩きを始めたら欲しい1冊ですが険しい山城もあるのでこの本で予備知識を入れて危険のないよう行ける範囲で楽しんでいます。シリーズで各所あります。

むぎさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る