紹介文

丹波亀山城は織田信長の命を受けた明智光秀によって、丹波統治の拠点として築かれた城です。「本能寺の変」の際に、光秀が出陣したのもこの城でした。山陰道の入口にあたる要衝であるため、豊臣秀吉徳川家康にも重要拠点として活用されました。家康は譜代大名である岡部長盛を入封させ、さらに天下普請により西国大名に命じ近世城郭として修築させています。このときには築城の名手と謳われる藤堂高虎が縄張りを担当しました。現在、遺構はほとんど残っていません。天守台の石垣も積み直されたものです。唯一、城門(新御殿門)が千代川小学校に移築されています。なお伊勢の亀山と紛らわしいので、明治になってからこの土地の地名を亀岡と改めることになり、城の名前も亀岡城とされました。この判断には1868年(慶応4年)の戊辰戦争で伊勢亀山藩は新政府側につき、丹波亀山藩は幕府側についたため、敗れた丹波のほうが改名させられることになったそうです。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
亀山城は「天下普請」「築城名人・藤堂高虎」「五奉行」「明智光秀ゆかりの城めぐり」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 天下普請
  • 築城名人・藤堂高虎
  • 五奉行
  • 明智光秀ゆかりの城めぐり
  • 金箔瓦

亀山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

亀山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 亀岡駅前から徒歩3分で光秀像。そこから時計回りに徒歩数分で入口です。(2022/03/19訪問)
  • JR山陰本線の亀岡駅から徒歩で約13分ほどで大本のみろく会館に着きます。途中、明智光秀公像、城址碑、水堀あとなどがある南郷公園を通ります。みろく会館で受付、丁寧なご説明、見学費用300円のお支払いを行います。天守台は、聖地のため登ることはできませんし、御神体の撮影はNGです。天守台石垣の下部3分の1ほどは、当時の石垣のまま、とのことで、他は、大本の方による復元となります。(2022/02/25訪問)
  • 大本という宗教法人の敷地になります。城址見学の人も使用できる駐車場がありますが、みろく会館という建物の受付にて拝観料300円が必要になります。(2020/12/30訪問)
  • 見れる範囲は狭く、天守台まではあっという間です。時間に余裕があれば花明山植物園を通って中の島に行くのもいいですよ。 あと大河ドラマ館にも寄ろうと思ったのですが、会場がスタジアム内なのでサッカーの試合があるとスタジアムの駐車場がサッカー専用になるようで、周りの駐車場も満車で諦めました。(2020/12/24訪問)
  • 下から眺める天守台が紅葉と相まってとても美しいです。 城址は宗教法人の敷地内なので、一種独特の雰囲気での見学になります。(2020/12/06訪問)
  • 当時の遺構としては惣構の土塁がよく残されてます。また、千代川や保津に城門や新御殿玄関が移築されてます。あと、旅籠町の沼田モーターズの建物もかつての城門を移築したものです。(2016/05/05訪問)
  • 天守台下までは無料ですが、その横の階段からは有料です。 普段は禁足地ですが、期間限定で開放しているとのこと。 御神体は撮影NGです。(2020/11/22訪問)
  • 二の丸跡にある花明山植物園にもぜひ足を運んでください!木々の合間から見える本丸北面石垣に、高さが実感できます。 文化資料館の特別展会場で流されている10分の動画は必見!光秀が丹羽平定に掛けた5年の軌跡がめっちゃわかりやすいです‼︎(2020/11/12訪問)
  • 城域は宗教団体の持ち物なので駐車場は教団の施設用のスペースに止めれます。入館の際は施設の方が詳しく城址の説明をしてくださります。城内の石垣はほとんどが教団の方々が過去に積み直したそうで、光秀時代の石垣は一番有名な天守台の算木積み部分の下3分の1程度だそうです。あとの部分はその後に積み直されたそうです。(2020/10/18訪問)
  • JR亀岡駅から徒歩で約13分くらいで着きますが、新型コロナ感染防止のため、7月から一切の城址見学お断りの看板が出ていました…。かなり、ショックでしたが、仕方ないですね…。(あとで確認したら、10月1日から再開だそうです。) 周囲にある石垣(ほとんどが後世の積み直しだと思いますが…。)と水堀、JR亀岡駅から来ると正面にある明智光秀公像とその横の生垣内にある城址碑を見て、攻城としました。(2020/09/19訪問)
すべてを表示(71コメント)

亀山城について

亀山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)117 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式層塔型
天守の階数5重5階
天守の種類非現存天守
天守の高さ25 m
天守台石垣の高さ6 m
天守の広さ(延床面積)886.21 m2
天守メモ明智光秀によって3重3階の天守があげられたが、1593年(文禄2年)に小早川秀秋によって5重5階に改築された。この天守のその後については不明であるが、明治5年(1872年)に撮影された天守は慶長14年(1609年)以降に建てられたものと思われる。なお、今治城天守を移築したという説もあるが詳細は不明。天守は1877年(明治10年)に解体された。
築城主明智光秀
築城開始・完了年着工 1577年(天正5年) 〜 竣工 1578年(天正6年)
廃城年1877年(明治10年)
主な改修者岡部長盛
主な城主明智氏、羽柴氏、石田氏、岡部氏
遺構石垣、堀
指定文化財
復元状況

更新日:2022/05/17 15:02:33

攻城団グッズ

亀山城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 亀山城 攻城団チラシ

亀山城の城メモ

亀山城の見所や歴史などを紹介します。


『光秀・亀山城・城下町』

  • 資料・パンフ
『光秀・亀山城・城下町』は亀岡市文化資料館で購入することができます。 つづきを読む

亀岡市文化資料館

  • 周辺案内
亀岡市文化資料館は亀岡城址のすぐ近くにある歴史資料館です。 つづきを読む

亀岡城の天守

  • 歴史・うんちく
江戸時代に築かれた亀岡城の天守は「日本初の層塔型天守」と呼ばれています。 つづきを読む

亀岡城の模型(みろく会館内)

  • ガイド
みろく会館の2Fにあるギャラリーには亀岡城の模型などの展示があります。 つづきを読む

光秀手植えの大銀杏

  • 石碑・案内板
かつて亀岡城の天守前には明智光秀が手植えしたる銀杏の木がありました。 つづきを読む

天守台石垣

  • 見所
亀岡城の天守台石垣は復元されたものですが、一部は当時のまま残っています。 つづきを読む

形原神社(大手門跡)

  • 周辺案内
形原神社は丹波亀山藩の初代藩主である松平信岑を主祭神として創建された神社です。 つづきを読む

本町・町家カフェ

  • 周辺案内
本町通りには築100年の町家を使った観光案内所兼カフェがあります。 つづきを読む

壽仙院

  • 周辺案内
壽仙院は明智光秀が城主の頃は亀岡城の本丸内にあった寺です。 つづきを読む

専念寺

  • 周辺案内
信長の叔父が開山した専念寺の本堂には徳川秀忠たちの位牌が安置されています。 つづきを読む

聖隣寺

  • 周辺案内
聖隣寺には羽柴秀勝が建立したとされる織田信長の供養塔があります。 つづきを読む

石垣の刻印

  • 見所
内堀跡に復元された石垣に刻印を見つけることができます。 つづきを読む

千代川小学校(新御殿門)

  • 移築
亀岡城の城門(新御殿門)は現在、千代川小学校に移築されています。 つづきを読む

南郷公園

  • 見所
南郷公園には亀岡城天守で使われた鯱瓦の復元ブロンズ像や石碑があります。 つづきを読む

城下町にある案内板

  • 城下町風景
亀岡城の城下町には門跡や櫓跡など多くの案内板が設置されています。 つづきを読む

亀岡城(丹波亀山城)の歴代城主

  • 年表
亀岡城(丹波亀山城)は小早川秀秋や前田玄以など多くの武将が城主をつとめました。 つづきを読む

亀岡城跡の案内板

  • 石碑・案内板
亀岡城跡に設置されている案内板の内容を紹介します。 つづきを読む

亀山城の御城印

  • おみやげ
亀山城では2種類の御城印が販売されています(販売終了も含む)。 つづきを読む

亀山城の歴史

  • 歴史・うんちく
丹波攻略の拠点として明智光秀が築いた亀山城の歴史を時系列でまとめています。 つづきを読む

明智かめまる

  • ゆるキャラ
「明智かめまる」は亀岡市観光マスコットキャラクターです。 つづきを読む

亀山城の観光情報

亀山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 現在城址には宗教法人大本の本部が置かれているため、見学するには受付(みろく会館)で許可を取る必要がある
料金(入城料・見学料)
  • 300円 ※2021年1月17日まで
  • 中学生以下無料
休み(休城日・休館日)
  • 年中無休
トイレ
  • みろく会館内にあり
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

亀山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(17日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    12.52
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    13.22
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    16.30
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    19.01
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    19.72
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    17.86
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    13.61
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    12.16

明日以降の天気(正午時点)

  • 18日
    Clear / clear sky
    24.44
  • 19日
    Clouds / overcast clouds
    24.68
  • 20日
    Clouds / overcast clouds
    23.91
  • 21日
    Clouds / overcast clouds
    25.28

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

亀山城の地図

亀山城へのアクセス

亀山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR嵯峨野線・亀岡駅から南へ徒歩10分
  • ※城門移築先の千代川小学校にはJR嵯峨野線・千代川駅から西へ徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 京都縦貫自動車道・亀岡ICから10分
駐車場
  • 駅周辺にコインパーキングあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

亀山城周辺の宿・ホテル

    おもてなしの宿 渓山閣

    お客様の安全安心を第一にコロナウイルス対策を行っております。ご来館前にも検温していただきお熱が37.5度以上ある場合はご連絡くださいますようお願いいたします。(評価:3.9、参考料金:7,700円〜)

    サンロイヤルホテル 亀岡駅前

    スパ&リラクゼーション施設を備え(別料金)、ビジネスから観光までゆったりした滞在をお楽しみいただけます。(評価:4.1、参考料金:4,400円〜)

    京ごはんと露天風呂の宿 ゆのはな月や

    もれなく全員貸切露天風呂付き!湯の花唯一、無料で貸切露天が楽しめる宿。コロナが気になる今、大浴場を避けてゆっくりと温泉をお楽しみ下さい。お食事は旬の食材を用いた京懐石をご用意いたします。(評価:4.2、参考料金:14,400円〜)

    湯の花温泉 松園荘 保津川亭 (しょうえんそう ほづがわてい)

    京丹波の秋の味覚、「松茸」お肉と松茸のマリアージュを楽しむすき焼きをはじめ多彩な松茸料理が楽しめる♪紅葉シーズンには、保津川下りやトロッコ列車に乗車し、唯一無二の景色をお楽しみ下さい。(評価:4.0、参考料金:5,500円〜)

    すみや亀峰菴

    丹波の自然を想わせる佇まい、ゆっくりと安らげる空間。山桜、新緑、紅葉、季節の移ろいを身近に感じて浸る露天風呂は女性は樹齢千年の桜の木を湯舟に、男性は桜の木を枕にジェットバスで癒しの一刻を。(評価:4.9、参考料金:27,500円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

亀山城の過去のイベント・ニュース

亀山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 芥川山城
    • 芥川山城
      • 平均評価:★★★☆☆(--位)
      • 見学時間:1時間9分(--位)
      • 攻城人数:609人(185位)
      • 城までの距離:約14km
    • 聚楽第
    • 聚楽第
      • 平均評価:★★★☆☆(--位)
      • 見学時間:26分(--位)
      • 攻城人数:625人(181位)
      • 城までの距離:約15km
  • より多くの
    城を見る

丹波の著名な城

京都府の著名な城

亀山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

亀山城を本城にしている団員

まだ本城登録している団員がいません

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る