紹介文

周山城は丹波平定を織田信長に命じられた明智光秀によって築かれた城です。本丸を中心に東西南北に曲輪が造成されており、山全体が城ともいえる形状でした。城が実在したのは光秀の晩年3年間で、山崎の戦いに敗れた明智勢の郎党によって破壊されたといわれています。近隣にあるウッディ京北の観光案内所で縄張り図付の案内図がもらえます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
周山城は「明智光秀ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 明智光秀ゆかりの城めぐり

周山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

周山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 京都北山杉の原産地ど真ん中。京都市から20km超え北上、旧小浜街道と琵琶湖や鞍馬山に行く別れ道にあり。道の駅、ウッディー京北から入り、登山口もすぐ分かった。近くの公民館の駐車場に車を置かさせてもらい、攻城。(2020/03/20訪問)
  • 山肌は台風による倒木の整備中で、城域まで登山道を痛めないように登った。二の丸、主郭と遺構がはっきり分かり感動した。(2020/03/20訪問)
  • 慈眼寺すぐ南の登城者用駐車場(篠山藩周山代官所跡、道は狭いが駐車場は広い)より攻城。本丸までの登城路は慎重に歩けば問題なし。令和2年3月15日現在、曲輪数か所、石垣崩落の危険がある小姓丸の先等が立入禁止になってます。しかし本丸周辺の曲輪、石垣等でも充分城址感は満喫でき、素晴らしいです。(2020/03/15訪問)
  • 篠山藩周山代官所跡(35.1564642, 135.6309595)に駐車して、登城口(35.1586913, 135.6297069)から攻城。登城路は2年前訪問時と比べると伐採、整備され登りやすくなっている。今回は京都市埋蔵文化財研究所HPの各種資料情報リーフレット京都No.374周山城にある縄張図を参考にしました(今年の2月にアップされたばかりのようですが、石垣の配置が非常にわかりやすい)。……(2020/03/13訪問)
  • 攻城途中,遠目にイノシシを目撃したため,ややびびりながらの攻城。散らばる石垣、苔むした登り石垣、Ⅴ・Ⅵ曲輪の高石垣、主郭の天守台、あちこちを散策していたらあっという間の2時間。光秀公の石垣,素晴らしかったですが、いつか崩れてしまいそうな状態でした。下城後は、慈眼寺で黒い光秀公にお会いしました。(2020/02/23訪問)
  • 登城道は草木が伐採されていますが雨上がり後はぬかるんでいてとても滑りやすくなっており、よそ見していると滑落の危険があるのでお子様連れはお勧めできません。でも地元の方が籾殻を撒くなどして対策されて登城者への気遣いを感じます。(2020/02/23訪問)
  • 雨のため登山口のみ確認。道の駅ウッディ京北で頂ける周山城址の冊子(R元年11月発行、カラー8P)は「周山城址を守る会」の城址愛が伝わってくるのでぜひお手に。周山→亀岡へのR477は離合困難に加えて落石がありそうで恐かった。凍結注意の看板も多く、冬用タイヤ装着でも油断ならない。(2020/02/16訪問)
  • 主郭までの道やその近辺の曲輪までは狭いですが整備されなんともなかったのですが、そこから各尾根の曲輪へは整備された道が無く、石垣や切岸を直登(降り)せねばならす、尾根に下りてもあまり技巧的なもののない土の城ですのでお勧めできません。東城の主郭周辺だけでも十分楽しめます。(2020/02/03訪問)
  • 御城印は、慈眼寺でいただきました。(2020/01/19訪問)
  • 堀切2本を越えて西の城まで行く。西の城は、わかりやすい遺構は少ない。 麓の慈眼寺では、土日月の午前10時から午後4時まで黒い明智光秀像が拝観できます。拝観料300円でした。周山城に行ってきたことを告げると、今日届いたという城のパンフレットをいただけた。(2019/12/21訪問)
すべてを表示(39コメント)

周山城について

周山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)478 m( 220 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主明智光秀
築城開始・完了年着工 1580年(天正8年)
廃城年1582年(天正10年)
主な改修者
主な城主明智光忠
遺構石垣
指定文化財
復元状況

更新日:2020/10/30 03:49:48

周山城の城メモ

周山城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

周山城の観光情報

周山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

周山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(30日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    8.91
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    8.29
  • 09時
    Rain / light rain
    10.44
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    12.32
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    11.17
  • 18時
    Clouds / few clouds
    8.13
  • 21時
    Clouds / few clouds
    7.60
  • 00時
    Clouds / few clouds
    7.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 31日
    Clear / clear sky
    15.28
  • 01日
    Clouds / overcast clouds
    16.01
  • 02日
    Clouds / overcast clouds
    14.57
  • 03日
    Rain / light rain
    14.11

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

周山城の地図

周山城へのアクセス

周山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・京都駅からJRバスに乗り約80分、「周山」バス停で下車
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・京都南ICから65分
  • 京都縦貫自動車道・八木東ICから35分
駐車場

京北町役場隣のウッディ京北の駐車場を利用

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    周山城周辺の宿・ホテル

      ひよしフォレストリゾート 山の家

      大自然の中にある山の家は、目の前にホタルが住む小川があり、BBQを楽しめるコテージや、天然温泉、地元食材をふんだんに使った料理など、京都の四季と大自然を感じ満喫できます。(評価:4.1、参考料金:4,378円〜)

      五右衛門

      昔ながらの暮らしを施設の田畑より季節の野菜米モチなどを楽しんでいただく事もできます梅雨の最中ですが風呂上がりに幻想的なホタル鑑賞やお昼間の神社や物作り作家宅訪問など近所の散歩はいかがでしょうか(評価:不明、参考料金:6,480円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周山城の過去のイベント・ニュース

    周山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 聚楽第
      • 聚楽第
        • 平均評価:★★☆☆☆(--位)
        • 見学時間:30分(--位)
        • 攻城人数:459人(180位)
        • 城までの距離:約18km
      • 二条城
      • 二条城
        • 平均評価:★★★★☆(13位)
        • 見学時間:1時間28分(25位)
        • 攻城人数:3137人(7位)
        • 城までの距離:約19km
    • より多くの
      城を見る

    丹波の著名な城

    京都府の著名な城

    周山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    周山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが周山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    【新装版】 戦国武将100 家紋・旗・馬印FILE

    戦国武将100人の家紋・旗・馬印がオールカラーで掲載されています。
    家紋は定紋の他に裏紋も掲載され、由来なども書かれているので勉強になりました。
    陣旗・馬印はサイズ感が分かるように人物とともに描かれています。武将により個性あるデザインが面白く、これらの旗がひるがえっていた合戦場を想像するのは楽しいです。合戦絵図を見る際の資料としても参考になります。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る