紹介文

国府山城は黒田官兵衛羽柴秀吉に自らの居城である姫路城を譲ったあとに移り住んだ城として有名です。司馬遼太郎の「播磨灘物語」にも、このときのふたりのやり取りが描かれています。この城の初代城主は、薩摩氏長の子孫で『太平記』で有名な妻鹿孫三郎長宗で、長宗は「元弘の戦」で赤松円心に属して功を立て、その功によって妻鹿地方を領有するようになり、この地に城を築いたといわれています。その後、官兵衛孝高の父・黒田職隆が姫路城から移り居城としており、1585年(天正13年)に職隆が没したことに伴い廃城となりました。現在、妻鹿町内の住宅街には黒田職隆の廟所があり、町民から慕われています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
国府山城は「築城名人・黒田官兵衛」のバッジに登録されています。

  • 築城名人・黒田官兵衛

国府山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

国府山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 山陽電鉄 妻鹿(メガ)駅から徒歩8分で登城口の荒神社に到着。遺構の箇所に案内板が設置されていて、見学しやすくなっていました(2024/02/09訪問)
  • 登城口からしばらく登ると、時計回りに赤い矢印があり、たどっていく事でポイントごとに遺構の案内板があり迷う事なくみて回れます。(2024/02/03訪問)
  • 登城口の荒神社近辺には駐車場はありません。低山ですが山登りです。特に下りは滑るので足元は固めて行くべしです。皆様既報の通り明確な案内に沿って一周できます。(2023/05/21訪問)
  • 地元の保存会の方が、笹の刈り込みなどの手入れをして下さっていてとてもキレイに整備されています。荒神社の、階段を登り順路の矢印に従いぐるりと1周、曲輪跡や、馬駆け、井戸跡、経塚跡など各所に案内表示が有り迷うことなく攻城できます。本曲輪からは姫路城をはっきりと確認できます。(2021/12/05訪問)
  • 城域の南西側にある荒神社が登城口で、神社には案内板と「妻鹿城址」の石碑があります。(2021/02/25訪問)
  • 令和3年4月10日訪問しましたが周辺工事中にて登山出来ませんでした。 駐車場も工事です止められるませんでした。(2021/04/10訪問)
  • スニーカーで気軽に立ち寄ったが、山城装備が良いと思った。周回コースが整備されている。登山口の荒神社内には目薬の木が植えられていて黒田家ゆかりの感が強いが妻鹿(めが)城址の石碑の碑文も読んで良かった。(2020/06/04訪問)
  • 見学コース沿いに笹が綺麗に刈り取られていました。磐座跡の奇岩が面白いです。(2020/01/27訪問)
  • 令和3年3月25日まで林道工事のため、入れませんでした。 お気をつけ下さい。(2021/03/14訪問)
すべてを表示(24コメント)

国府山城について

国府山城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

98 m

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

妻鹿孫三郎長宗

築城開始・完了年

着工 1330年頃

廃城年

1585年(天正13年)

主な改修者

黒田職隆

主な城主

黒田氏

遺構

曲輪跡

指定文化財

復元状況

国府山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)98 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主妻鹿孫三郎長宗
築城開始・完了年着工 1330年頃
廃城年1585年(天正13年)
主な改修者黒田職隆
主な城主黒田氏
遺構曲輪跡
指定文化財
復元状況

更新日:2024/03/05 03:26:59

国府山城の観光情報

国府山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

  • 山麓の荒神社の境内にあり

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

国府山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
  • 山麓の荒神社の境内にあり
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

国府山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(05日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    6.41
  • 06時
    Rain / light rain
    6.25
  • 09時
    Rain / moderate rain
    6.56
  • 12時
    Rain / moderate rain
    6.62
  • 15時
    Rain / light rain
    6.91
  • 18時
    Rain / light rain
    6.68
  • 21時
    Rain / moderate rain
    6.47
  • 00時
    Rain / light rain
    6.37

明日以降の天気(正午時点)

  • 06日
    Rain / light rain
    7.38
  • 07日
    Clouds / broken clouds
    9.89
  • 08日
    Rain / light rain
    10.15
  • 09日
    Rain / light rain
    6.72

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

国府山城の地図

国府山城へのアクセス

国府山城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • 山陽電鉄本線・妻鹿駅から10分

アクセス(クルマ)

 

駐車場

 

国府山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 山陽電鉄本線・妻鹿駅から10分
アクセス(クルマ)
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    国府山城周辺のスポット

    城メモと重複するスポットは表示していません。

    国府山城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ホテルアストンプラザ姫路

      【普通車駐車場無料】【全客室個別空調】大浴場完備で長期滞在も快適★さらに平日限定で夕食時に温かい白ご飯とお味噌汁を無料でご用意♪おかず等をお持込みになってご利用下さい☆(評価:3.8、参考料金:3,750円〜)

      ホテル日航姫路

      ■JR姫路駅を南に出て目の前♪徒歩1分の好立地 ■高評価の朝食で「姫路の朝ごはん」をお楽しみ下さい。■デイユースプランは到着から10時間のご利用(評価:4.1、参考料金:3,780円〜)

      ホテルモントレ姫路

      姫路駅直結。「姫路城」まで徒歩約15分の都市型ホテル。宿泊者専用のサウナ付温浴施設も併設。疲れを癒し快適なひとときをお過ごし下さい。好評の朝食は種類豊富で「姫路おでん」などご当地メニューも♪(評価:4.5、参考料金:5,400円〜)

      コンフォートホテル姫路

      朝食ビュッフェ無料!淡路島産玉ねぎが入ったオニオンスープやスムージーなど多彩なメニュー◆小学6年生まで添い寝無料◆フリードリンク有、仕事に最適なライブラリーカフェ!チェックイン前アウト後利用可(評価:4.2、参考料金:3,200円〜)

      ダイワロイネットホテル姫路

      ビジネスや観光にも最適な場所に位置し、みなさまの旅をサポートします。(評価:4.5、参考料金:4,400円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    国府山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 姫路城
      • 姫路城
        • 平均評価:★★★★☆(1位)
        • 見学時間:2時間5分(1位)
        • 攻城人数:6188人(1位)
        • 城までの距離:約4km
      • 龍野城
      • 龍野城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:49分(--位)
        • 攻城人数:692人(213位)
        • 城までの距離:約15km
    • より多くの
      城を見る

    播磨の著名な城

    兵庫県の著名な城

    国府山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    国府山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    越後史跡紀行 歴史と人物

    地元の方に教えて頂いた本です。昨年末(2018年)に出版されています。もともと新潟日報に連載されていたものを地域別にまとめています。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る