紹介文

伏見城(木幡山伏見城)は豊臣秀吉によって築かれた城です。1596年(文禄5年)に起きた大地震「慶長伏見地震」によって指月伏見城が倒壊したため近隣の木幡山に再築された城で、わずか3ヶ月で完成しています。秀吉の死後は徳川家康の居城となりました。「関ケ原の戦い」の際には家康の家臣である鳥居元忠が城代として守っていましたが、西軍に攻められて落城しました。「関ケ原の戦い」後には徳川家康が藤堂高虎に普請奉行を命じ、天下普請として再建させ、家康はこの城で征夷大将軍の宣下を受けています。現在、城址付近は伏見桃山城運動公園として整備され、模擬天守が建てられていますが、耐震基準を満たしていないことから中に入ることができません。また、この模擬天守は洛中洛外図に描かれた伏見城を参考にして建てられたこともあり、映画やドラマのロケ地として何度も利用されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
伏見城は「徳川家康ゆかりの城めぐり」「豊臣秀吉ゆかりの城めぐり」「築城名人・藤堂高虎」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 徳川家康ゆかりの城めぐり
  • 豊臣秀吉ゆかりの城めぐり
  • 築城名人・藤堂高虎
  • 金箔瓦

伏見城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

伏見城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 大きな駐車場に車を停め、入城不可の天守周りを散策。(2019/08/12)
  • 雑草いっぱいの風景を眺めながらどうしたらこの模擬天守が活かせることができるのかと考えさせられました (2019/07/22)
  • 立ち入り禁止で城には近付けませんでした(2019/07/21)
  • 今は天守にはいれません。再建ですが小さい頃から来ていますのでカッコいい!
  • 天守及び周辺のメンテナンスがされていないようで荒れ放題な点が残念(2018/12/08)
  • 天守付近は立ち入り禁止になっていました(2019/06/16)
  • 模擬天守で手入れもされず、まさに落城状態。技巧こらした良い建築物なのに(2019/05/14)
  • 京都市内より、京阪本線丹波橋駅から徒歩でへ攻城。途中桓武天皇陵を経由しました。 建造物の多くが聚楽第から伏見城(指月伏見城)へ移動したとの攻城団解説にあったので妄想してみました。(2019/05/01)
  • 指月伏見城あとのマンションから約25分ほどで、徒歩で攻城。もともと模擬天守閣内には、耐震の問題もあって、入場はできないのですが、当日は、その1週間前の大型台風の影響もあって、模擬大手門のところから、入場できませんでした。扉が無残に外れたままになっていて、まるで落城したような寂しい状態でした。このあと……(2018/09/17)
  • 桜の時期に来たのは数年ぶりだったのですが、ちょー感動。ここは他の有名な桜の名所とは違います。ソメイヨシノだけでなく桜の品種が多い。ということは色が多い。見頃時期も長い。家族で弁当広げて楽しみたい、そんな所です。おススメです。(2019/04/07)
すべてを表示(119コメント)

伏見城について

伏見城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)105 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式望楼型
天守の階数5重6階
天守の種類模擬天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ豊臣秀吉によって1597年(慶長2年)に築かれた天守は独立式望楼型5重5階と推定されるが、この天守は1600年(慶長5年)に起こった関ケ原の戦いの前哨戦で西軍の攻撃により炎上し焼失した。その後、関ケ原の戦いに勝利した徳川家康により1604年(慶長9年)に再築された天守は大和郡山城の7重7階の天守を5重5階の天守として移築改造したものとされる。伏見城は豊臣氏滅亡後は存在価値が薄れ、1619年(元和5年)に廃城を決定、城内の建築物は江戸城や福山城、淀城をはじめ各地に移築された。天守も二条城に移築されたとされる。現在の模擬天守は1964年(昭和39年)に遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」として約6億円をかけて鉄筋コンクリートで造られたものだが、江戸時代の天守とは位置も外観も異なる。同遊園地が閉園後に無償で京都市に贈与されたが、耐震基準を満たしていないことから内部は非公開。
築城主豊臣秀吉
築城開始・完了年着工 1596年(慶長元年) 〜 竣工 1597年(慶長2年)
廃城年1623年(元和9年)
主な改修者徳川家康
主な城主豊臣氏、徳川氏
遺構移築門、石垣、堀
指定文化財伏見桃山陵が宮内庁治定
復元状況模擬天守

更新日:2019/08/23 15:30:33

伏見城の観光情報

伏見城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

伏見城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    24.46
  • 06時
    Rain / moderate rain
    23.99
  • 09時
    Rain / moderate rain
    26.00
  • 12時
    Rain / light rain
    25.03
  • 15時
    Rain / light rain
    26.40
  • 18時
    Rain / moderate rain
    24.36
  • 21時
    Rain / light rain
    23.28
  • 00時
    Rain / moderate rain
    22.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    28.28
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    27.84
  • 26日
    Clouds / scattered clouds
    27.00
  • 27日
    Clouds / overcast clouds
    27.47

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

伏見城の地図

地図アプリで見る

京都府京都市伏見区桃山町古城山

伏見城へのアクセス

伏見城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR奈良線・桃山駅から徒歩約15分
アクセス(クルマ)
  • 阪神高速8号京都線・伏見出入口を出て京都府道35号線を東に進む
駐車場

有料

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    伏見城周辺の宿・ホテル

      天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前

      JR京都駅中央口より徒歩約3分!男女別天然温泉大浴場『花蛍の湯』は露天風呂・サウナを完備◎朝食は国産牛しゃぶしゃぶ等、京都ならではの食材をバイキングスタイルで楽しめます♪夜鳴きそばも無料!(評価:4.3、参考料金:4,250円〜)

      桃山温泉 月見館

      京都中心部から電車で10分・車で30分に位置する伏見。閑静な宇治川に面して建つその景色は昔のまま。京都では珍しい温泉と旬の素材を使った京会席が満喫できる宿。女将特製シフォンケーキも好評!(評価:4.2、参考料金:15,780円〜)

      GAFU HOSTEL(雅風ホステル)

      京都、大阪、奈良を結ぶ最高のスポットに位置する「伏見」は酒の名所で今人気の観光地★その伏見にカフェ&バーを併設したホステルが誕生!モダンなこの空間を体感し思い出に残る良い旅をお過ごしください♪(評価:4.0、参考料金:3,024円〜)

      京都ゲストハウスたい

      伏見エリア。JR京都から東福寺で京阪乗り換え藤森下車徒歩5分。高速京都深草バス停からも徒歩9分。祇園四条・出町柳・宇治方面・大阪方面にもアクセス良好。京都教育大学・龍谷大学も徒歩すぐ近く。(評価:5.0、参考料金:3,500円〜)

      アーバンイン伏見

      京都市伏見区のビジネスホテル。京阪・近鉄沿線なので、京都駅にも大阪方面にもアクセス良好。商店街に隣接し、買い物やお食事に便利。全室無線LAN接続OK。(評価:3.9、参考料金:3,600円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    伏見城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 淀城
      • 淀城
        • 平均評価:★★★☆☆(312位)
        • 見学時間:32分(318位)
        • 攻城人数:381人(160位)
        • 城までの距離:約6km
      • 勝龍寺城
      • 勝龍寺城
        • 平均評価:★★★☆☆(241位)
        • 見学時間:43分(268位)
        • 攻城人数:380人(161位)
        • 城までの距離:約7km
    • より多くの
      城を見る

    山城の著名な城

    京都府の著名な城

    伏見城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    伏見城を本城にしている団員

    以下のみなさんが伏見城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大阪城話

    ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
    ①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
    ②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
    ③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
    ⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
    等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

    村の芳ちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る