亀山城
亀山城

[京都府][丹波] 京都府亀岡市荒塚町内丸1


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.11(116位)
  • 見学時間:48分(118位)
  • 攻城人数:427(178位)

光秀手植えの大銀杏

亀岡城の天守前には明智光秀が手植えしたと伝えられる銀杏(イチョウ)の木がありました。
初代の銀杏は江戸時代中期に台風で倒れたため、現存はしていません。

亀岡の名木
大本天恩郷の大イチョウ
樹種
イチョウ...イチョウ科
所在
亀岡市荒塚町内丸一
落葉高木。この木は光秀の手植えと伝えられ、市民の象徴的存在となり「亀岡音頭」にまで歌われ、又小説にも登場した名木である。しかし、初代のイチョウは江戸時代中期に台風で倒れ、若木を植え替えたとの記録が旧亀山藩士の家に残るという。亀山城は明治初期に廃城となり、その後大正八年、大本が入手し聖地として大切に守られてきた。昭和十年、官憲の弾圧・大本事件による神苑破壊を具(つぶさ)に目撃した生証人でもある。
調査日
一九九六年一月二十九日
胸高幹周
三・一二メートル
樹高
二十メートル
「亀岡の名木」四十六ページ所載亀岡市・(財)亀岡市都市緑化協会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

亀山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

杉山城の時代 (角川選書)

埼玉県比企郡にある杉山城は、城郭研究者の間で後北条氏による築城と考えられてきたが、近年行われた発掘調査で出土した遺物は、北条氏が関東に進出する前の時代の物だった。考古学から突き付けられた物証で確定したかに思える杉山城の築城年代問題を、縄張り研究の立場から検証する。占地や縄張りの技巧の一つ一つから築城者の意図を拾い上げていくのが西股流。好奇心を刺激される一冊。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る