紹介文

佐和山城は石田三成の居城として知られており、「治部少に過ぎたるもの二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われたほどの名城です。「関ケ原の戦い」後には徳川四天王のひとりである井伊直政が入城しましたが、あらたに彦根城を築いたため廃城となりました。佐和山城の建造物は彦根城へ移築されたもののほかは徹底的に破壊されたため、城址にはほとんど何も残っていませんが石垣や土塁など一部だけ現存しています。山頂からは琵琶湖が一望でき、彦根城も見ることができます。山頂の本丸までは、三成の菩提寺で境内に三成の銅像がある龍潭寺からのぼることができます。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
佐和山城は「五奉行」のバッジに登録されています。

  • 五奉行

佐和山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

佐和山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城域の東側の大手門跡の土塁、そこから北へ延びる外堀、内堀跡に行き城趾を大手側から見てから石田三成屋敷跡を通って西側の無料駐車場へ。龍潭寺から登城、西の丸入口のかもう坂切通し→塩櫓近くの土塁→竪堀→本丸隅石垣を楽しむ。現存建造物好きの方は移築門の彦根城キャッスルロード沿いの宗安寺山門を忘れずに。(2020/11/11訪問)
  • 龍潭寺前の無料駐車場を利用。山門をくぐり山頂へ進むが、しっかりと " 破城 " されているので、遺構は少なめな感じ、でも山頂からの景色はなかなかのものです。(2021/05/04訪問)
  • 登城路の入り口は龍潭寺の表門の右側にあります。龍潭寺の墓所から奥は整備はされていますが、かなりきつい傾斜の山道なので足回りはきちんとした格好でいくことが望ましいです。 登城路に沿って所々に竪堀を見ることができます。当城のパンフレットは彦根駅の観光案内所でいただけます。(2021/04/12訪問)
  • 本丸周辺には北側の斜面、北東の隅石、千貫井脇の南側斜面 に石垣の遺構が見られます。周辺には瓦の欠片が点在しており、何とも切ない気持ちになります。(2021/03/19訪問)
  • 本丸までの道は距離こそ短いものの急勾配なので,特に雨の翌日などは足元要注意です。 私有地でもあるため,龍潭寺から西の丸,本丸,千貫井までしか行けません。法華丸,太鼓丸,二の丸,三の丸は諦めましょう。(2021/03/06訪問)
  • 最近、野猿が住みついてるらしい 訪問の際はご注意を(2021/01/10訪問)
  • 山の中程に設置された『佐和山城』の看板を目指していった所、看板真下は小さなグランドでゲートボール?をやってる方達が。入山口はそれより反対側に進んだところにありました。(2020/11/05訪問)
  • 野猿の群れに攻撃をうけました。いったん離れて時間を置くと移動していたので石垣まで行くことができました。(2020/10/03訪問)
  • 彦根駅西口観光案内所または龍潭寺登城口観光案内所でパンフレット入手可能。 龍潭寺登城口観光案内所で佐和山城のお城カードを頂ける。(2020/09/19訪問)
  • ほぼ完全な山道です。靴にはお気をつけを(2020/08/29訪問)
すべてを表示(59コメント)

佐和山城のモデルコース

佐和山城について

佐和山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)232.5 m( 148 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数5重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ8 m
天守の広さ(延床面積)
天守メモ5重の天守があったとされる。
築城主佐保時綱
築城開始・完了年着工 建久年間(1190年〜1199年)
廃城年1606年(慶長11年)
主な改修者石田三成
主な城主佐保氏、小川氏、磯野氏、丹羽氏、石田氏、井伊氏
遺構石垣、土塁、堀、曲輪、堀切
指定文化財
復元状況

更新日:2021/07/28 14:17:20

佐和山城の観光情報

佐和山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

龍潭寺前にあり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

佐和山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(28日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    23.61
  • 06時
    Rain / light rain
    23.75
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    26.13
  • 12時
    Rain / light rain
    28.32
  • 15時
    Rain / light rain
    28.61
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    27.43
  • 21時
    Rain / light rain
    24.91
  • 00時
    Rain / light rain
    24.07

明日以降の天気(正午時点)

  • 29日
    Rain / light rain
    28.64
  • 30日
    Clear / clear sky
    30.34
  • 31日
    Clouds / few clouds
    30.64
  • 01日
    Clouds / few clouds
    30.56

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

佐和山城の地図

佐和山城へのアクセス

佐和山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR琵琶湖線・彦根駅から徒歩15分で登山口、山頂まで20分
  • ほかにも登山口、ハイキングコースあり
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・彦根ICから10分
駐車場

龍潭寺駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    佐和山城周辺の宿・ホテル

      コンフォートホテル彦根

      国宝「彦根城」・琵琶湖へも車で10分◆彦根駅の東口正面すぐ、新幹線米原駅からも一駅◆飲食店併設◆世界最大級のホテルチェーン!安心のホテルブランドを彦根でも◆Wi-Fi対応◆全室禁煙(評価:4.1、参考料金:3,150円〜)

      ホテルサンルート彦根

      ☆彦根駅から一番近いホテル!西口降りて徒歩1分!名神彦根ICより車5分!駐車場無料!レンタサイクル無料!Wi-Fi接続無料!彦根城へも徒歩10分!挽きたて珈琲24時間提供中!(評価:4.0、参考料金:2,900円〜)

      彦根キャッスル リゾート&スパ~彦根城を望む大浴場と美食の宿

      ★じゃらんnetランキング2020★2年連続ダブル受賞!!滋賀県51~100室部門・泊まって良かった宿大賞 第3位・売れた宿大賞 第3位!大人気の近江牛を鉄板焼き、会席料理でご用意致します♪(評価:4.5、参考料金:6,600円〜)

      ホテルエスタシオン彦根

      彦根駅西口徒歩2分!米原1駅!名神高速彦根IC3分!お布団包布式カバー毎日清潔!漫画3800冊以上!海外ビール多数販売中☆全室40型TV・Wi-Fi・シャワートイレ・客室数における駐車可能台数80%以上プランにより無料(評価:4.1、参考料金:2,475円〜)

      ABホテル彦根

      和洋バイキング健康朝食・全国名湯めぐりの男女別大浴場・駐車場が無料!彦根駅より徒歩にて約4分とアクセス良好♪(評価:4.1、参考料金:2,400円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    佐和山城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 彦根城
      • 彦根城
        • 平均評価:★★★★☆(6位)
        • 見学時間:1時間44分(7位)
        • 攻城人数:4136人(2位)
        • 城までの距離:約1km
      • 鎌刃城
      • 鎌刃城
        • 平均評価:★★★☆☆(87位)
        • 見学時間:1時間30分(20位)
        • 攻城人数:611人(169位)
        • 城までの距離:約4km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    佐和山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    佐和山城を本城にしている団員

    以下のみなさんが佐和山城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    幻の観音寺城 (文春文庫)

    フィクションではありますが、六角氏(定頼・義賢)がメインテーマであり、その家臣団や他の戦国武将との関わりが描かれており、歴史好きとしてはとても参考になりました。

    遠里小野さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る