紹介文

鎌刃城は湖北と湖南をつなぐ要衝として、北近江の京極氏・浅井氏と南近江の六角氏がその領有をめぐってたびたび争った城です。城主の堀氏は浅井長政に臣従しながらも織田信長に内応したことが露見したため、長政に攻められ落城しました。「姉川の合戦」後には織田家の領地となり、堀氏は城主に返り咲きましたが、すぐに廃城となりました。調査により主郭虎口に大規模な石垣と石段が見つかり、大きな城だったことが想像できます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鎌刃城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

鎌刃城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

鎌刃城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 続100名城スタンプが置いてある所に「鎌刃城トレッキングマップ」があります。(協力金を入れる箱が設置)道案内から注意事項、鎌刃城の見どころが写真や図で分かりやすく書かれていますのでじっくり読んでからの攻城をお勧めします。(2020/02/14)
  • 連続する堀切と大堀切は最大の見所。木製展望櫓もスリルと景色を楽しめます。(2020/01/26)
  • 駅から40分くらいで登山口そっから一時間くらい高速の下を通り抜けて行く(2020/01/03)
  • 軽く行けるところではありません、山です。なかなか行きにくいので、ぜひ行ってください!(2019/12/30)
  • 43番ゲートから徒歩30分程で北郭の大堀切に到着。 木製の展望台はスリルありますが、琵琶湖や伊吹山が一望できます。(2019/12/28)
  • 主郭から西郭に行くにはかなりの急坂を下ることになるが、林道側から登る道もある。林道は今、車が通れない模様。(2019/12/22)
  • 少し分かりづらい無料駐車場に車を止めて、Cafe&Gallery源右衛門で地図をもらい、彦根43ガードを通って攻城。晴天に恵まれて山頂は気持ち良かったです。それなりに急なので、登山靴で行かれることをお薦めします。(2019/12/01)
  • 番場宿から登山靴履いて青龍の滝経由で登城。南の尾根、西の曲輪、南の曲輪、北の曲輪と遺構を満喫しました。(2019/11/17)
  • ナビは鎌刃城でセットしても出なかったので最寄りの蓮華寺に向かいました。100名城スタンプは西番場公民館、向かいの喫茶『源右衛門』の前に置いてありました。入山は彦根43ガードからが登りやすかったです。(2019/11/19)
  • 喫茶「源右衛門」から少し南へ行った所に看板があり小さい看板通り左へ曲がり細い道を進むと43番ガードがあります。ここから登城しました。 南郭から七つの堀切や西曲輪に行くにはロープを伝っての移動になるので軍手を持参されたらいいかと思います。(私はいつも携行しています)(2019/11/04)
すべてを表示(102コメント)

鎌刃城について

鎌刃城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)384 m( 180 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式望楼型
天守の階数2重4階(地上3階、地下1階)
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモのちに天守に発展する大櫓(巨大な二重櫓)が建てられていた。
築城主土肥三郎元頼
築城開始・完了年着工 天文~元亀年間(1532年〜1573年)
廃城年1574年(天正2年)
主な改修者
主な城主堀氏
遺構曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀、虎口、水の手遺構
指定文化財国史跡
復元状況物見櫓

更新日:2020/02/27 06:33:15

鎌刃城の城メモ

鎌刃城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

鎌刃城の観光情報

鎌刃城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鎌刃城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(27日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    1.73
  • 06時
    Clouds / few clouds
    0.17
  • 09時
    Clear / clear sky
    2.63
  • 12時
    Clear / clear sky
    4.55
  • 15時
    Clear / clear sky
    3.87
  • 18時
    Clouds / few clouds
    0.23
  • 21時
    Clear / clear sky
    -0.63
  • 00時
    Clear / clear sky
    -0.61

明日以降の天気(正午時点)

  • 28日
    Clear / clear sky
    7.14
  • 29日
    Clouds / overcast clouds
    4.29
  • 01日
    Clouds / overcast clouds
    11.56
  • 02日
    Rain / light rain
    7.80

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鎌刃城の地図

鎌刃城へのアクセス

鎌刃城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・米原駅東口から湖国バス「東レ・カーボンマジック行」に乗り「番場」バス停下車、徒歩約20分で登城口
アクセス(クルマ)
  • 北陸道・米原ICから5分
駐車場

登山口付近に駐車スペースあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鎌刃城周辺の宿・ホテル

      ホテルサンルート彦根

      ☆彦根駅から一番近いホテル!西口降りて徒歩1分!名神彦根ICより車5分!駐車場無料!レンタサイクル無料!Wi-Fi接続無料!彦根城へも徒歩10分!挽きたて珈琲24時間提供中!(評価:3.7、参考料金:2,900円〜)

      彦根キャッスル リゾート&スパ~彦根城を望む大浴場と美食の宿

      ★じゃらんnetランキング2018★ダブル受賞!!滋賀県51~100室部門・泊まって良かった宿大賞 第1位・売れた宿大賞 第3位 大人気の近江牛は鉄板焼き、会席料理、すき焼きで楽しめます!(評価:4.4、参考料金:8,640円〜)

      ホテル&リゾーツ 長浜

      雄大な琵琶湖と長浜の自然を愉しむレイクリゾートホテルJR長浜駅から徒歩約10分の好アクセス!和モダンなお洒落街「黒壁スクエア」まではぶら~り約15分北近江・長浜の街散歩をご堪能ください♪(評価:3.7、参考料金:3,800円〜)

      コンフォートホテル彦根

      国宝「彦根城」・琵琶湖へも車で10分◆彦根駅の東口正面すぐ、新幹線米原駅からも一駅◆飲食店併設◆世界最大級のホテルチェーン!安心のホテルブランドを彦根でも◆Wi-Fi対応◆全室禁煙(評価:4.1、参考料金:3,150円〜)

      ホテルエスタシオン彦根

      チェックインフロントを1Fへ移転。彦根駅西口徒歩2分!米原1駅!名神彦根IC3分!S/SW/Wのお布団は包布式カバーで毎日清潔!漫画3800冊以上!全室40型液晶TV・Wi-Fi・シャワートイレ・駐車数限有プランにより無料(評価:3.9、参考料金:2,337円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    鎌刃城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 佐和山城
      • 佐和山城
        • 平均評価:★★★☆☆(189位)
        • 見学時間:1時間8分(108位)
        • 攻城人数:530人(150位)
        • 城までの距離:約4km
      • 彦根城
      • 彦根城
        • 平均評価:★★★★☆(9位)
        • 見学時間:1時間48分(8位)
        • 攻城人数:3112人(2位)
        • 城までの距離:約6km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    鎌刃城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    鎌刃城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鎌刃城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    気象で見直す日本史の合戦 (歴史新書)

    桶狭間の戦い、山崎の戦い、新田の鎌倉攻めなどにスポットをあて、当時書かれた日記などから気象を読み取って、合戦を再考察すると言った内容です。
    気象予報士の視点で書かれているので、こう言う見方もあるのね…と思って読むと面白いかと思います。

    はつみんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る