不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまったり、あるいは現地に運んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

玄蕃尾城は、柴田勝家が「賤ヶ岳の戦い」の際に本陣とした陣城です。現在城址には枡形虎口をはじめ、曲輪や土塁、馬出、空堀、櫓台など多くの遺構が非常に良好な状態で残っており、織豊期の縄張りを完全に残す貴重な城郭です。なお「賤ヶ岳の戦い」より以前、「清須会議」の結果、長浜城が柴田勝豊の城となった際に、勝家の居城である北ノ庄城とのつなぎの城としてすでに築かれていた可能性も指摘されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
玄蕃尾城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

玄蕃尾城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

玄蕃尾城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 2020/4/4現在、柳ヶ瀬トンネル脇の林道突き当たりPの続100名城スタンプは再設置されています。山道は羽虫が出てきています。城からの帰路、トンネル木之本方面に左折する時は、信号に要注意です!(2020/04/04)
  • 林道行き止まり駐車スペースから徒歩約20分。 土塁、堀切が綺麗に残っています。(2020/03/23)
  • 余呉湖から林道への移動の際、国道365号線から柳ヶ瀬トンネル入口のある県道140号線への分岐を見落とし、引き返しました。滋賀県側からだと分岐は右手に出てきます。林道へ行くには、トンネルを抜けるとすぐに右に曲がらないといけないので気をつけて下さいね。(2020/03/15)
  • 厳密には、木ノ本インターから365号線を北上し、途中で県道140号線に入らないと柳ケ瀬トンネルには行けません。 (365号線に柳ケ瀬トンネルがあると思ってました…) 柳ケ瀬トンネルさえ通れば、後は標識の通りです。(2020/03/09)
  • 玄蕃尾城へのアクセスは敦賀側の林道が通行止めになっているので、滋賀県側から登城をおすすめします。その滋賀県側からの登城ルートがあまり情報がなく、私自身も少し迷ってしまいました。 玄蕃尾城については、土塁や空堀がかなり残っており、当時の城郭がよくうかがえるのでとても素晴らしい城だと感じました。 お気に……(2020/01/25)
  • 余呉駅からレンタサイクル約30分柳ケ瀬集落。川を渡ってすぐの分岐を右に行き登城開始。倒木を跨ぎながら30分で城域へ。南虎口から主郭馬出と圧倒の連続でした。(2020/01/25)
  • 土塁、馬出など非常によく残っています。馬出のあたりで?気配を感じるのは私だけでしょうか アクセス道の柳瀬隧道がまた珍しく怖い・・・(2019/08/11)
  • 木之本ICから国道365号線を北上して、片側通行の柳ケ瀬トンネルを抜けたらすぐに右折する。 玄蕃尾城は左の方角にあるので少し戸惑うが、右に曲がって高架下をくぐって林道を進むと終点に駐車場がある。(2019/12/01)
  • 駐車場の簡易トイレ前の続100名城スタンプは現在撤去されています(再設置されるかどうかは不明)。押印は余呉湖観光館、もしくは余呉駅まで行く必要があります。(2019/11/29)
  • 何度見ても感動的な土の城です。空堀と土塁と土橋が縄張り全域にうねっています。もうどこを撮ったのかわからないくらい写真も撮りましたがどれだけ撮っても現地に立ったときの感動は伝えられません。案内表示の立柱以外に何も余計なものを置かない整備のされかたにも脱帽ものです。(2019/11/24)
すべてを表示(111コメント)

玄蕃尾城について

玄蕃尾城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)468.2 m( 300 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守メモ天守があったかは不明。
築城主柴田勝家か
築城開始・完了年着工 1583年(天正11年)以前か
廃城年
主な改修者
主な城主柴田勝家
遺構横堀、堀切、竪堀、土塁、櫓台、馬出、郭
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/04/09 01:52:49

玄蕃尾城の城メモ

玄蕃尾城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

玄蕃尾城の観光情報

玄蕃尾城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

玄蕃尾城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    5.88
  • 06時
    Rain / light rain
    4.59
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    8.22
  • 12時
    Clouds / few clouds
    10.69
  • 15時
    Clear / clear sky
    10.65
  • 18時
    Clouds / few clouds
    7.37
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    4.92
  • 00時
    Rain / light rain
    5.58

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Clouds / scattered clouds
    8.49
  • 11日
    Clouds / scattered clouds
    10.46
  • 12日
    Clouds / overcast clouds
    12.73
  • 13日
    Rain / light rain
    7.64

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

玄蕃尾城の地図

玄蕃尾城へのアクセス

玄蕃尾城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・木ノ本駅からコミュニティバス柳ヶ瀬線に乗り「玄蕃尾城」バス停下車
  • 登山口から約1時間30分
アクセス(クルマ)
  • 柳ヶ瀬トンネル手前(敦賀市側)にある林道を10分ほど走ると駐車場があり、そこから徒歩約20分
駐車場
  • 林道終点に専用駐車場あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    玄蕃尾城周辺の宿・ホテル

      長治庵

      大きなホテルや旅館にあるような設備は何もございません。主人と女将が代々受け継がれてきた宿をのんびり守らせて頂いております。 田舎のおばあちゃんの家に帰って来たようにほっこりお過ごしください(評価:4.9、参考料金:6,600円〜)

      北近江観音路 己高庵

      深い自然に囲まれ、非日常的な静けさに心から解放される。お部屋は各々ゆったりとした離れ客室、山野草風呂、露天風呂でゆっくり。お料理は地酒や手作り醤油等、郷土色のあふれた地元の物を使用しています。(評価:3.6、参考料金:4,620円〜)

      敦賀トンネル温泉 北国グランドホテル

      100%天然温泉でお肌がツルツル!トンネル工事中に湧き出たため、「トンネル温泉」と名付けられました。湯舟が大きく広々~♪足を伸ばしてゆっくりご入浴。夜は展望からの敦賀の夜景を満喫ください★(評価:3.2、参考料金:3,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    玄蕃尾城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 小谷城
      • 小谷城
        • 平均評価:★★★★☆(44位)
        • 見学時間:1時間49分(4位)
        • 攻城人数:1269人(53位)
        • 城までの距離:約17km
      • 国吉城
      • 国吉城
        • 平均評価:★★★☆☆(97位)
        • 見学時間:1時間12分(63位)
        • 攻城人数:406人(172位)
        • 城までの距離:約19km
    • より多くの
      城を見る

    近江の著名な城

    滋賀県の著名な城

    玄蕃尾城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    玄蕃尾城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る