清須会議 単行本


デュラけんさん

羽柴秀吉が明智光秀を討った後、織田家の後継者と領地の配分を決めるため、清洲城で開かれた会議をテーマにした小説です。
古本屋さんで何気なく探していたところ、タイトルと著者名に惹かれて購入しました。

現代語訳で書かれており、最初は違和感を感じましたが、流石は三谷幸喜先生、ユーモアのある内容でありながら、歴史本としての時間の流れや過去の出来事もしっかりと捉えられております、多分?笑。
「会議の結果は、始まる前に決まっている。」と事前の根回しから、不測の備えする秀吉の姿は考えさせられます。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 清須会議
著者 三谷 幸喜
出版社 幻冬舎
発売日 2012-06-27
ISBN
  • ISBN-10 4344021975
  • ISBN-13 9784344021976
価格 1540円
ページ数 272ページ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

私も愛読しています。この写真に収められている建物がすべて現存していれば・・・と思わずにはいられません。天守だけでなく、江戸城の蓮池巽三重櫓や大阪城の本丸三重櫓群、津山城の壮大な櫓群を見るとつくづく残念な思いがします。欲を言えば、全部復元してほしいです。

hiro.Eさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る