全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

北ノ庄城は織田信長の有力家臣である柴田勝家によって築かれた城で、羽柴秀吉に「賤ヶ岳の戦い」で敗れた勝家が妻であるお市の方とともに自害した城でもあります。このときに天守も含め焼失したため、わずか8年しか存在しなかったのですが、その2年前に宣教師のルイス・フロイスが訪問しており、「城および他の屋敷の屋根がすべてことごとく立派な石で葺かれており、その色により一層城の美観を増した」と記録しています。北ノ庄城は丸岡城の天守と同様に笏谷石製の石瓦で葺かれた、安土城に匹敵する巨城だったと考えられています。現在は柴田公園として整備されており、北の庄城址資料館が建てられています。また、勝家とお市の方を合祀する柴田神社が隣接しており、勝家やお市の方、浅井三姉妹の銅像が建てられています。

北ノ庄城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

北ノ庄城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 福井えきから徒歩で10分位えきまえエリア、城の橋通りの柴田神社が城址です。(2020/11/02訪問)
  • 城跡のある柴田神社は、とても味のある商店街の中に鳥居が突然現れる感じです。 城跡は綺麗に整備されています。神社にも参拝しておみくじを引いて功城としました。(2020/09/05訪問)
  • 城址は柴田神社の境内にありますが、北ノ庄城だけでなく、廃城後に築かれた福井城の遺構もあります。 神社では、「天下一のモテ美人、お市さんの社でモテ祈願」というのもやってました。(2019/06/20訪問)
  • 資料館の方が丁寧に説明してくれます。福井城の遺構もあります。(2020/07/23訪問)
  • 福井城と同じく,城跡を活かそうという福井の本気度が伝わる。小規模ながらも,発掘調査の結果が分かりやすく残されています。福井城を見たならここまで見ないと損。(2020/07/23訪問)
  • 見学時間は柴田神社(柴田公園)散策、城址資料館見学をゆっくりして だいたい1時間でした。(2020/06/01訪問)
  • 北ノ庄城の資料館の展示内容が非常に分かりやすいです。(2020/02/09訪問)
  • 福井城見学後に攻城。 無料の資料館があります。(2019/12/27訪問)
  • 北ノ庄通り(一方通行)のコインパーキングに停めて攻城。日本画家、平山郁夫氏揮毫による記念碑がある。柴田神社で御朱印を頂いた。(2019/12/01訪問)
  • 柴田神社側から訪問。北ノ庄城資料館で説明をいただくのはお勧め。(2019/11/02訪問)
すべてを表示(51コメント)

北ノ庄城について

北ノ庄城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)9.6 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式独立式望楼型
天守の階数7重9階(9重の説もあり)
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ北ノ庄城は廃城となっていたが、1575年(天正3年)の織田信長による越前平定後に柴田勝家によってあらためて築城され、安土城に匹敵する巨大な天守が築かれた。ルイス・フロイスが1581年(天正9年)に訪問した際も工事中であったようで、天守の工事は数年かかったものと思われる。この石瓦を用いた天守も1583年(天正11年)のいわゆる「賤ヶ岳の戦い」の際に焼失した。
築城主朝倉頼景
築城開始・完了年着工 1471年(文明3年)
廃城年1583年(天正11年)
主な改修者柴田勝家
主な城主柴田勝家
遺構石垣(根石)
指定文化財
復元状況

更新日:2021/01/23 14:11:56

北ノ庄城の城メモ

北ノ庄城の見所や歴史などを紹介します。

北ノ庄城の観光情報

北ノ庄城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

北ノ庄城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    7.12
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    7.40
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    8.04
  • 12時
    Rain / light rain
    8.47
  • 15時
    Rain / light rain
    8.23
  • 18時
    Rain / light rain
    7.75
  • 21時
    Rain / light rain
    7.25
  • 00時
    Rain / moderate rain
    6.95

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Rain / light rain
    8.44
  • 25日
    Clear / clear sky
    10.01
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    11.72
  • 27日
    Rain / light rain
    9.08

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

北ノ庄城の地図

北ノ庄城へのアクセス

北ノ庄城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR北陸本線・福井駅から徒歩約2分
アクセス(クルマ)
  • 北陸自動車道・福井ICから約10分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    北ノ庄城周辺の宿・ホテル

      天然温泉 羽二重の湯 ドーミーイン福井

      ◎男女別天然温泉大浴場『羽二重の湯』完備◎朝食はご当地逸品「越前おろしそば」、「いくら丼」と品数豊富な小鉢料理◎アイスや乳酸菌飲料の湯上りサービス有り◎毎晩夜鳴きそば無料提供◎無料Wi-Fi完備(評価:4.6、参考料金:4,250円〜)

      ホテル京福 福井駅前

      駅近で立地抜群・高速バス発着場も目前!低反発枕や無料Wi-Fiを設置無料会議室やお荷物預り・加湿器・自転車貸出し等様々なニーズに対応(評価:3.9、参考料金:2,850円〜)

      ホテルルートイン福井駅前

      バイキング朝食無料☆男女別浴場完備☆ケーブルTV視聴可☆Wi-Fi接続☆加湿空気清浄機設置☆福井駅から徒歩2分、福井インターから車で約10分、福井北インターから車で約17分☆ビジネスに観光に至便です☆(評価:3.8、参考料金:4,250円〜)

      城町アネックス

      ★JR福井駅から徒歩5分★福井城お堀の目の前/閑静な立地/都市景観賞のホテル★お堀と石垣が一望のレストラン・二ノ丸グリル★駐車場約10台(先着順・普通車無料)(評価:不明、参考料金:4,000円〜)

      顔の見えるおもてなし 北陸福井のあったかい宿 河甚旅館

      福井ICから車で15分。あじさい等四季の花々にあふれた福井の名所「足羽山公園」登り口の静かな環境。魚料理を中心とした美味しいご飯、家庭的な温かいおもてなし、無料駐車場完備と魅力満載。365日同一料金(評価:4.8、参考料金:4,200円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    北ノ庄城の過去のイベント・ニュース

    周辺にあるお城など

      • 福井城
      • 福井城
        • 平均評価:★★★☆☆(107位)
        • 見学時間:49分(109位)
        • 攻城人数:1224人(78位)
        • 城までの距離:約1km
      • 一乗谷城
      • 一乗谷城
        • 平均評価:★★★★☆(22位)
        • 見学時間:1時間45分(8位)
        • 攻城人数:1763人(36位)
        • 城までの距離:約9km
    • より多くの
      城を見る

    越前の著名な城

    福井県の著名な城

    北ノ庄城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    北ノ庄城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    歴史を考えるヒント (新潮文庫)

    いわゆる「網野史学」の入門みたいな感じの一冊です。百姓=農民ではない、「日本」という言葉をいつから使うようになったのか、など「言葉」から中世の歴史を読み解いています。言葉が世の中に浸透していった背景などを紐解きつつ、定住農耕民族以外の「無縁」社会についての史学観にふれることが出来ます。(余談ですが、隆慶一郎さんの小説は、網野史学を大いに取り入れていますね)

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る