北ノ庄城
119 北ノ庄城

[福井県][越前] 福井県福井市中央1-21-17


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.66(531位)
  • 見学時間:32分(596位)
  • 攻城人数:436(123位)

柴田神社の由来

北ノ庄城跡には現在、柴田勝家が祀られている柴田神社が建てられていますが、これは1890年(明治23年)に旧福井藩主である松平春嶽らによって創建されました。
なお、現在の本殿は2002年(平成14年)に再建されたものです。

柴田神社の由来についての案内版がありました。

「柴田神社」の由来
 北ノ庄城は、柴田勝家が築いた城で、九層の天守閣が、天高くそびえていたといわれる。このりっぱな城も、天正11年(1583)4月、羽柴秀吉に破れた勝家は自ら火を放って、夫人お市の方とともに、壮烈な死をとげ、焼失した。
 北ノ庄城の跡地と言われている場所には現在、柴田神社がある。勝家が自害した4月24日には、毎年悲痛な杜鵑(ほととぎす)の声が聞かれるというので、藩政時代のいつころか、ここに石の祠(ほこら)を建て、勝家の霊を祀り、祭祀(さいし)を続けてきた。
 明治23年(1890)、勝家を敬慕する市民有志が、祠の側に石碑をたてた。明治42年(1909)には、現在地に社殿を造営して勝家を神としてまつり、また旧濠を埋めて神苑(しんえん)としたと伝えられている。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

北ノ庄城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る