北ノ庄城
北ノ庄城

[福井県][越前] 福井県福井市中央1-21-17


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.83(133位)
  • 見学時間:27分(134位)
  • 攻城人数:667(130位)

北ノ庄城の関連書籍

団員のレビュー

団員のレビューが投稿されている関連書籍をご紹介します。


きるふぇぼんさん
日本の城の謎〈攻防編〉 (祥伝社黄金文庫)

日本城郭協会設立者である井上宗和さんの著作。30年前の本ですが今でも十分に通じる読み応えです。

城にまつわる謎や疑問点から、攻防編では城造りのテクニックやその城にまつわる知識に加え、合戦の描写も説明してくれます。

築城編もそうですがこの本に出てくる知識はなかなか深く掘り下げたのが多く、考察も興味深いです。


きるふぇぼんさん
日本の城の謎〈築城編〉 (祥伝社黄金文庫)

日本城郭協会設立者である井上宗和さんの著作。30年前の本ですが今でも十分に通じる読み応えです。

城にまつわる謎や疑問点から、築城編では城造りのテクニックやその城にまつわる知識を教えてくれます。


遠里小野さん
清須会議

清須会議自体はそこそこ有名な出来事と言えると思うのですが、それをほぼ登場人物のセリフや思考の対話形式だけでストーリー部分をもちゃんと展開していく大胆な設定に脱帽しました。
セリフ等良い意味で時代考証をぶっ飛ばしてあるので、歴史に詳しくない人にも読みやすくてお勧めです。
賛否あるとは思いますが、私は先に映画を見た為に俳優さんの名演が随所に思い出されてさらに面白さ倍増でした。
登場人物で私が一番良かったと思うのは、羽柴秀吉・柴田勝家・丹羽長秀らのアクの強い主要人物を抑えて、進行役?の前田玄以でした。


デュラけんさん
清須会議

羽柴秀吉が明智光秀を討った後、織田家の後継者と領地の配分を決めるため、清洲城で開かれた会議をテーマにした小説です。
古本屋さんで何気なく探していたところ、タイトルと著者名に惹かれて購入しました。

現代語訳で書かれており、最初は違和感を感じましたが、流石は三谷幸喜先生、ユーモアのある内容でありながら、歴史本としての時間の流れや過去の出来事もしっかりと捉えられております、多分?笑。
「会議の結果は、始まる前に決まっている。」と事前の根回しから、不測の備えする秀吉の姿は考えさせられます。

レビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

書籍を検索してレビューしましょう。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

知識ゼロからのCGで読む戦国合戦

合戦の一コマを鳥瞰のCGで表し、解説が付いているとても分かりやすい本です。数多くの合戦の様子がCGで表されており、それぞれどこにどのように布陣して、どのようなルートで攻めたのかが一目瞭然です。(ちょっと細かいですが…)なぜ、そこで合戦が起こったのかも推測できます。合間に、まめ知識的なコラムも入っています。とにかく図が多く、見ているだけでもおもしろいです。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る