全国の緊急事態宣言は解除されましたが、観光については当面「県内のみ」となっています。県をまたいでの観光は6月19日から段階的に緩和され、全面的な解禁は8月1日(予定)ですので、自分の住んでるところや訪問先の状況を踏まえた上で、出かけるかどうかの判断をしてください。

紹介文

二条古城は織田信長が京に滞在中の宿所として築いた城で、のちに皇太子に献上したため「二条新御所」とも呼ばれます。もともとは公家の二条家の邸宅でしたが、信長が庭の眺望を気に入ったので、二条邸を譲り受けて、京都所司代の村井貞勝に命じて改修させました。1579年(天正7年)には皇太子・誠仁親王に献上しています。いわゆる「本能寺の変」の際に信長の嫡男・信忠が籠城したのはこの二条城(二条古城)です。信忠は隣接する妙覚寺からこの城に移りましたが、妙覚寺とともに灰燼に帰すことになりました。遺構は残っておらず、両替町通御池と室町通御池付近に石碑が建っているのみです。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
二条古城は「織田信長ゆかりの城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 織田信長ゆかりの城めぐり

二条古城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

二条古城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 京都労働局を目指してください。(2020/07/05訪問)
  • 烏丸御池駅を目標に、一つ北側の通り、西側二条城の方に進めば到着出来る。(2020/03/20訪問)
  • 烏丸御池駅2番口を出てから1~2分で石碑とご対面できました(2020/01/26訪問)
  • 京都まんがミュージアムのところの「此附近二条城址」石碑はバッチリ確認できましたが、一つ裏手の通りの「二条殿御池跡」の石碑は自転車がカバーをかけたまま立てかけられていたので見ることができませんでした。(2020/01/22訪問)
  • 二条城訪問時に確認漏れがあったため改めて再訪。石碑だけだが、このあたりは辻辻に色々な石碑があるので彷徨えます(2020/01/09訪問)
  • 石碑があるのみですが本能寺跡を含め日本の歴史上、非常に重要な地であると思います。(2019/11/24訪問)
  • 本能寺跡をぐるり一周してから西洞院通を北上、二条殿址の石碑を目指した。自転車(レンタサイクル)ならスープが飲みごろになる距離かなと思った。(2019/11/09訪問)
  • 籠池小学校の塀沿いに石碑がありその近くには徳川時代銀座遺址碑もありました。(2019/09/25訪問)
  • JR京都駅から地下鉄に乗り換え烏丸御池まで。京都マンガミュージアムを目標に5分で入口脇に設置の石碑を確認。「二条殿址」の表示。(2019/09/06訪問)
  • 京都国際マンガミュージアムの入口の壁に紛れるかのように立ってたので、パット見分かりませんでした。 場所は、ブランズ京都烏丸御池と京都国際マンガミュージアムの間にあり、Googleマップ上だと、「二条殿跡」になってます。(2019/08/25訪問)
すべてを表示(74コメント)

二条古城のモデルコース

二条古城をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

二条古城について

二条古城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)41 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主織田信長
築城開始・完了年着工 1576年(天正4年) 〜 竣工 1577年(天正5年)
廃城年1582年(天正10年)
主な改修者
主な城主織田信長、誠仁親王
遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2020/07/13 03:42:59

二条古城の城メモ

二条古城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

二条古城の観光情報

二条古城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

二条古城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(13日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    20.03
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    20.31
  • 09時
    Rain / light rain
    20.72
  • 12時
    Rain / light rain
    20.79
  • 15時
    Rain / heavy intensity rain
    19.71
  • 18時
    Rain / heavy intensity rain
    19.61
  • 21時
    Rain / heavy intensity rain
    19.14
  • 00時
    Rain / heavy intensity rain
    19.68

明日以降の天気(正午時点)

  • 14日
    Rain / light rain
    21.70
  • 15日
    Clouds / overcast clouds
    24.68
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    24.77
  • 17日
    Rain / light rain
    28.64

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

二条古城の地図

二条古城へのアクセス

二条古城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 京都市営地下鉄烏丸線・烏丸御池駅から徒歩5分
  • 京都市営地下鉄東西線・烏丸御池駅から徒歩3分
アクセス(クルマ)
駐車場

なし

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    二条古城周辺の宿・ホテル

      三井ガーデンホテル京都三条

      地下鉄「烏丸御池」駅下車で徒歩約1分とアクセス抜群!和のイメージにこだわり機能面も充実したお部屋で上質な安らぎを提供いたします。(評価:3.8、参考料金:2,500円〜)

      JR西日本グループ ヴィアイン京都四条室町

      ●深夜でも出し入れOK! 駐車場は格安の1泊1000円!(※電話での事前予約制です。台数に限りがあるので満車の際はご容赦ください。) ●全室でWi-Fi利用可 加湿空気清浄機も完備!(評価:4.2、参考料金:2,600円〜)

      アーバンホテル京都四条プレミアム

      カフェレストランにおけるビュッフェ形式での料理提供を一時的に休止いたします。ビュッフェ休止中は、単品メニューやセットメニューをご用意致します。(評価:4.6、参考料金:3,657円〜)

      ホテルグランバッハ京都御池セレクト

      「烏丸御池駅」徒歩2分。京都では四条河原町に次ぐ2軒目のホテルグランバッハが誕生。ロビーラウンジではフリードリンクや出汁にこだわった京風お夜食、ナイトスナックとともにアルコールも無料でご用意。 (評価:4.6、参考料金:5,425円〜)

      静鉄ホテルプレジオ京都烏丸御池

      京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅より徒歩1分 全てのお部屋に京都の歴史を感じる鮮やかな内装や、シモンズ社と共同開発したオリジナルベッドや羽毛の掛け布団で上質な心地よい眠りを提供します(評価:4.6、参考料金:3,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    二条古城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 二条城
      • 二条城
        • 平均評価:★★★★☆(13位)
        • 見学時間:1時間30分(19位)
        • 攻城人数:2888人(7位)
        • 城までの距離:約1km
      • 聚楽第
      • 聚楽第
        • 平均評価:★★☆☆☆(--位)
        • 見学時間:23分(--位)
        • 攻城人数:416人(180位)
        • 城までの距離:約1km
    • より多くの
      城を見る

    山城の著名な城

    京都府の著名な城

    二条古城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    二条古城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長: 「歴史的人間」とは何か

    この本の内容を題材に雑談したら、さまざまな視点が集まるだろうなぁ。戦国時代がなぜ収束したか、を信長を題材に、鎌倉幕府、室町幕府を例にしながら書いてあります。国文学ではないので、心理推察描写はありません。氏の考える国の構造に関する講義を受けている感じに近いかな。

    コースケ)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る