紹介文

小諸城は仙石秀久の居城として知られています。江戸時代に入ったのちも、極めて要衝な領地であったため、譜代大名が歴代藩主を務めました。現在は天守台や石垣のほか、2つの重要文化財が残されており、ひとつは市街地に存在する大手門で、もうひとつは懐古園の入り口にある三の門です。この三の門は小諸市のシンボルとして『サザエさん』のオープニングにも登場しています。城址にはソメイヨシノが多数植樹されており、日本さくら名所100選に選定されています。春の桜だけでなく、紅葉の名所としても有名です。また、かつてこの地で教師を務めていた島崎藤村の詩碑が建てられています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
小諸城は「日本100名城」「長野県三名城」「重要文化財」「さくらの名城めぐり」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 長野県三名城
  • 重要文化財
  • さくらの名城めぐり
  • 金箔瓦

小諸城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

小諸城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 時間の都合で大手門と三の門を見てスタンプを押印(2019/09/30)
  • 大手門と三の門がしなの鉄道の線路をはさんで反対側にあるので注意して下さい。(2019/05/08)
  • 懐古園と呼ばれる小諸城を攻城。 散策券 300円を購入し、園内に。 園内には、神社、記念館、博物館、動物園、遊園地等があるが園内は結構広いので、騒がしい感じはない。 天守台石垣や他の石垣は苔むしていて結構良い味出している。 市街地にある大手門には、懐古園入口より地下道を通って安全に行くことができる。(2019/09/14)
  • 懐古園駐車場に車を停めたらすでに17時まであとわずかだったので散策券を購入、二の門跡→黒門跡→本丸跡→柵なしのスリルがある天守台跡→武器庫と進んだのち、元に戻って大手門へ、最後に秀忠の憩石をみて攻城完了。(2019/09/16)
  • 全体的に一昔前の観光地、公園といった感じです。中も周囲もひなびた感じ。 園内で草笛を教えている方がいらっしゃり、子供が引っ掛かりました。 石垣のみでしたが、穴城の名前にたがわぬ、窪地にある不思議な白でした。(2019/09/08)
  • 苔むした石垣と自然の地形を活かした見事な縄張り、重厚な三の門・大手門を二時間ほどかけて堪能しました。三の門のところだけでなく、しなの鉄道の小諸駅のロータリーが城の方向に傾斜していて「穴城」を感じられました。(2019/08/18)
  • 追手門と二之門が離れてますので、お見逃し無く。(2019/08/16)
  • 十数年ぶりに来ましたが、こんなに広かったっけ?と思うほどでした。城内に弓道場があり、文化面でも雰囲気が感じられる良いお城だと思います。(2019/06/22)
  • 石垣は再建されたものだったりしますが、天守台付近は上を歩くこともでき、のんびりと散策できる素敵な所です(2019/08/09)
  • 有名な三の門を入った、右側の石垣は昭和59年に当時より大きな石で作られた事がわかりました。(2019/07/30)
すべてを表示(189コメント)

小諸城について

小諸城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)658.9 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ6 m
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1590年(天正18年)頃に仙石秀久によって築かれたとされる天守は、1626年(寛永3年)に落雷で焼失。
築城主武田信玄
築城開始・完了年着工 1554年(天文23年)
廃城年
主な改修者仙石秀久
主な城主武田氏、仙石氏、牧野氏など
遺構大手門、三之門、天守台、石垣、空堀
指定文化財重要文化財(大手門、三之門)
復元状況

更新日:2019/10/22 15:00:18

小諸城の城メモ

小諸城の見所や歴史などを紹介します。


小諸城の100名城スタンプ

  • スタンプ
小諸城の100名城スタンプは懐古園入口そばの徴古館の中に置いてあります。 つづきを読む

懐古神社(本丸跡)

  • 見所
懐古神社は小諸城跡を懐古園として整備した際に本丸跡に創建された神社です。 つづきを読む

三の門

  • 見所
国の重要文化財に指定されている小諸城三の門は江戸時代から残る遺構のひとつです。 つづきを読む

「焼石」の石垣

  • 石碑・案内板
小諸城には全国でも数少ない「焼石」の石垣があります。   つづきを読む

小諸城(第二次上田合戦)のパンフレット

  • 資料・パンフ
小諸市観光協会によって作成された小諸城(第二次上田合戦)のパンフレットです。 つづきを読む

天守台

  • 見所
小諸城の天守は落雷によって焼失しましたが、天守台は当時のまま残っています。 つづきを読む

小諸そば(草笛)

  • グルメ
小諸には多くのそば店がありますが、懐古園近くの「草笛」という店が有名です。 つづきを読む

二の丸跡

  • 見所
小諸城の二の丸は「関ケ原の合戦」に向かう徳川秀忠が逗留した場所です。 つづきを読む

黒門跡、黒門橋

  • 見所
小諸城の本丸と南丸の間には深い堀と黒門橋、そして黒門がありました。 つづきを読む

復元石垣

  • 見所
懐古園の入口から入ってすぐのところに復元石垣があります。 つづきを読む

大手門

  • 重要文化財
小諸城の大手門は仙石秀久が小諸城を築いた時代の建築で、立派な櫓門です。 つづきを読む

旧小諸本陣

  • 重要文化財
小諸城大手門そばにある旧小諸本陣は国の重要文化財に指定されています。 つづきを読む

本陣主屋

  • 移築
本陣主屋は江戸時代の建物を移築再現したもので現在は資料館となっています。 つづきを読む

鶯石

  • 見所
二の丸跡から黒門橋に向かう途中にある巨石は「鶯石」と呼ばれています。 つづきを読む

鏡石

  • 見所
鏡石は小諸城の縄張りをしたという伝説がある山本勘助が愛用したといわれる石です。 つづきを読む

武器庫

  • 再建建造物
懐古園の中には小諸藩第6代藩主・牧野康長が建てた武器庫が再建されています。 つづきを読む

牧野公遺徳碑

  • 石碑・案内板
懐古園の入口近くに牧野康哉を讃えた石碑が立てられています。 つづきを読む

徴古館

  • 周辺案内
徴古館には小諸城および歴代城主にゆかりのある史料、遺品が展示されています。 つづきを読む

小諸城の観光情報

小諸城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:8:30
  • 閉城時間:17:00
料金(入城料・見学料)
  • 大人:300円
  • 小中学生:100円
  • 藤村記念館、小山敬三美術館、郷土博物館などとのセット券あり
休み(休城日・休館日)
  • 12月〜3月中旬まで毎週水曜日
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 遊園地休園日(12月1日~3月中旬)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小諸城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Rain / heavy intensity rain
    11.59
  • 06時
    Rain / heavy intensity rain
    10.81
  • 09時
    Rain / heavy intensity rain
    11.37
  • 12時
    Rain / moderate rain
    12.87
  • 15時
    Rain / light rain
    13.07
  • 18時
    Rain / light rain
    11.59
  • 21時
    Rain / light rain
    10.74
  • 00時
    Rain / light rain
    9.69

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clear / clear sky
    18.90
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    19.52
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    16.58
  • 26日
    Clouds / broken clouds
    19.92

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小諸城の地図

地図アプリで見る

長野県小諸市丁311

小諸城へのアクセス

小諸城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR小海線/しなの鉄道・小諸駅より徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 上信越自動車道・小諸IC
駐車場

有料(12時間以内500円)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

小諸城周辺の宿・ホテル

小諸城の過去のイベント・ニュース

小諸城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

  • 「小諸城址 懐古園さくらまつり」開催

周辺にあるお城など

    • 龍岡城
    • 龍岡城
      • 平均評価:★★★☆☆(199位)
      • 見学時間:46分(223位)
      • 攻城人数:494人(142位)
      • 城までの距離:約16km
    • 上田城
    • 上田城
      • 平均評価:★★★★☆(38位)
      • 見学時間:1時間25分(43位)
      • 攻城人数:1893人(11位)
      • 城までの距離:約17km
  • より多くの
    城を見る

信濃の著名な城

長野県の著名な城

小諸城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

小諸城を本城にしている団員

以下のみなさんが小諸城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る