紹介文

龍岡城は函館とともに日本に2つしかない五芒星形の西洋式城郭のうちのひとつです。函館の五稜郭に3年遅れ、1867年(慶応3年)に龍岡藩主・松平乗謨(まつだいらのりかた)によって築かれました。完全な完成前に明治維新を迎え、廃城となりました。廃城後、城内のほとんどが農地転用されましたが、稜堡式の石垣や水堀に加え、御殿の一部である御台所櫓が現存しています。また大広間や薬医門などの建造物が市内に移築され現存しています。大手門前には「歴史の里・五稜郭であいの館」があり、龍岡城に関する資料が展示されているほか、ボランティアガイドが常駐しています。予約すれば御台所櫓の内部見学も可能だそうです。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
龍岡城は「続日本100名城」「星形要塞」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 星形要塞

龍岡城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

龍岡城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 台風19号の影響で、展望台への道は徒歩・車とも危険なので行かないよう案内所の方に言われました…無念!(2019/10/19)
  • 星形稜堡を見るため訪問。敷地内には小学校があり校庭で子供たちが元気に遊んでる中見てきました。(2019/09/30)
  • JR小海線にて訪問。鉄道好きにも面白い。(2019/09/22)
  • 龍岡城展望台(田口城跡)に行くには、城跡近くの蕃松院の境内にある登口からがお勧めです。(2019/09/19)
  • であいの館の駐車場に車を停め、大手門から攻城。休日だったこともあり、小学校裏手の土塁や練兵場跡地も散策。お台所は予約していないので外観確認のみ。田口城にある展望台は今回は諦め、移築の薬医門、佐久市内の薬師寺(ぴんころ地蔵が山門前にある寺院)にある東通用門を車で移動し確認。(2019/09/16)
  • 当時の西洋軍学に基づき築城されたわりには思ったより小型で堀も狭く、近くの山から見下ろせ攻めやすい城に思える。ただ、築城された背景を考えると精一杯の城郭だったのだろう。夏休み中で小学校敷地内もゆっくり見学できたが、御台所櫓を予約して見学、展望台のある田口城跡と合わせて攻城した方が堪能できると思います。……(2019/08/09)
  • 案内所と駐車場がありゆっくり見学できる。星形の堀が一部残っていた。(2017/03/04)
  • 小さいお城でしたが日本に二つの五稜郭ということで楽しめました。五稜郭であいの館ではお茶とお漬物をいただきました。(2019/07/20)
  • 御台所櫓内部を見学しました。龍岡城模型の他、発掘した物を含め色々な展示がある。靴を脱いで挙ることができ、色々な説明はむしろ2階に掲げてありました。事前の予約とボランティアガイドさんの説明をいただくのがお約束事とか。(2019/06/08)
  • 攻城団に入って星型要塞のバッチで始めて知り、続100名城にも入り、いつか行かねばと思っていたお城。田口城からの眺めが良かったです。五稜郭の外には枡形もあり、日本のお城としての要素もあることが分かりました。(2019/05/29)
すべてを表示(106コメント)

龍岡城について

龍岡城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成稜堡式
縄張形態平城
標高(比高)723.1 m( -- )
城郭規模内郭:1.865 ha  外郭:4.805 ha
天守メモ大給松平家は「陣屋格」で天守をつくる資格がなかったため建てられず。
築城主松平乗謨(大給乗謨)
築城開始・完了年着工 1864年(元治元年) 〜 竣工 1867年(慶応3年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者
主な城主大給松平氏
遺構櫓、石垣、土塁、堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/22 14:56:28

龍岡城の観光情報

龍岡城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

龍岡城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Rain / heavy intensity rain
    9.47
  • 06時
    Rain / heavy intensity rain
    8.40
  • 09時
    Rain / heavy intensity rain
    8.38
  • 12時
    Rain / moderate rain
    8.40
  • 15時
    Rain / light rain
    8.90
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    8.58
  • 21時
    Rain / light rain
    8.56
  • 00時
    Rain / light rain
    8.45

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Clear / clear sky
    17.90
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    11.27
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    8.87
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    16.26

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

龍岡城の地図

地図アプリで見る

長野県佐久市田口2981

龍岡城へのアクセス

龍岡城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR小海線・臼田駅から徒歩20分
  • 小海線には龍岡城駅がありますが、城跡へは臼田駅のほうが近いです
アクセス(クルマ)
  • 中部横断自動車道・佐久南ICから25分
駐車場
  • 佐久市歴史の里五稜郭であいの館(10台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

龍岡城周辺の宿・ホテル

    佐久グランドホテル(BBHホテルグループ)

    浅間山を望む千曲川沿いに位置し、ビジネスはもちろん軽井沢・蓼科を巡る活動拠点にピッタリです♪■人気の朝食は和洋バイキング!■屋内・屋外駐車場無料!~全国130店舗展開中BBHホテルグループ!~(評価:3.8、参考料金:4,490円〜)

    柏屋旅館<ゲストハウス>

    ☆和風旅館をリノベーション。2018年にゲストハウスとしてオープン☆最終チェックインは24時までOK、チェックアウトはゆっくり12時迄本格的な厨房もご自由にお使いいただけます♪自由で快適な滞在を…(評価:4.7、参考料金:2,250円〜)

    ホテルルートインコート佐久

    大浴場完備!バイキング朝食無料!雄大な浅間山のふもとに広がる佐久平。千曲川の清流では鯉が泳ぎ、野に咲く花々が四季を彩ります。佐久・小諸などでのビジネスに加え、白樺湖・軽井沢への観光にも最適。(評価:3.8、参考料金:4,850円〜)

    佐久一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリー

    5つの天然温泉(湯量毎分360L!)含む全11種類の浴槽で湯めぐりを!/軽井沢まで車で約40分!東信州の観光の拠点に最適です。/【全館Wi-Fi無料☆】【未就学のお子様添い寝無料☆】(評価:3.9、参考料金:2,970円〜)

    佐久平プラザ21 健康ランド【7種のお風呂と3種のサウナ】

    令和元年7月1日リニューアルオープン!全洋室シモンズベッド導入!軽井沢まで車で25分!上越新幹線佐久平駅前!《25時まで入れる健康ランド》で疲れをリフレッシュ♪コンビニ徒歩1分☆駐車場完備!(評価:3.6、参考料金:3,700円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

龍岡城の過去のイベント・ニュース

まだトピックがありません(情報募集中

周辺にあるお城など

    • 小諸城
    • 小諸城
      • 平均評価:★★★★☆(71位)
      • 見学時間:1時間14分(70位)
      • 攻城人数:1281人(40位)
      • 城までの距離:約16km
    • 上田城
    • 上田城
      • 平均評価:★★★★☆(38位)
      • 見学時間:1時間25分(43位)
      • 攻城人数:1893人(11位)
      • 城までの距離:約32km
  • より多くの
    城を見る

信濃の著名な城

長野県の著名な城

龍岡城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

龍岡城を本城にしている団員

まだ本城登録している団員がいません

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る