龍岡城
龍岡城

[長野県][信濃] 長野県佐久市田口2981


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.14(222位)
  • 見学時間:47分(262位)
  • 攻城人数:348(154位)

大手門跡にある龍岡城五稜郭の案内板

龍岡城の大手門跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

龍岡城五稜郭
所在地 佐久市田口3000番地 指定 国指定史跡
 信州に一万二千石、三河に四千石の封地(ほうち)を持つ三河奥殿藩の松平氏は、宝永以来百六十年間 三河に本拠を持ち、佐久には陣屋を置いて、領内二十二か村の統治をつづけてきたが、11代乗謨になって、幕末激動の状勢に応じて信州に居館を移すことを計画し、元治元年(1864)三月着工、慶応三年(1867)竣工、地字名をとって龍岡城と称した。用地一万余坪は田野口村より、石材木材などは領内より献納、総費用四万円余であった。藩主乗謨は学才識見ともにすぐれ、幕府の陸軍奉行、老中格、陸軍総裁などの要職につき明治に入っては、佐野常民と共に、赤十字社の前身である博愛社を創設し、副社長、又、賞勲局総裁など歴任した。築城にあたっては、稜堡式築城法を用い、いわゆる五稜郭が成立した。そしてこれより四年前完成した函館五稜郭址とともに、わが国城址の中においてただ二つの貴重な洋式城郭である。廃藩後明治五年、城はとりこわしとなったが、さいわい濠と石塁、建物の一部大台所を残している。
 注 松平乗謨、田口藩最後の藩主で明治初年 大給恒(おぎゅう ゆずる)と改姓名

反対側にも古い案内板があります。

本城は文久三年旧龍岡藩主松平乗謨(後名伯爵大給恒)其の居城として九月工を起し慶応二年十二月竣工、我国に於ける欧式築城中五稜型の典型である 明治四年廃藩とともに廃城となり建造物は撤去せられ其の一部が小学校舎として使用されている 塁壕に破壊せられたる所あるを以って修理を加え其の旧規を存す、
注意
一、塁壕を破損せざること
一、工作物、樹木等を損傷せざること
一、其の現状を変更せざること 昭和九年五月一日
文部省
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

龍岡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る