紹介文

駿府城は徳川家康が大御所となって隠居した際に使われた城です。天下普請によって大修築され、城郭史上最大の天守台が築かれました。天守は家康により3度建てられましたが、城下の火災が延焼して焼失しました。現在、中堀の内側にある旧二の丸と本丸が「駿府城公園」として整備されており、石垣や堀を見ることができます。また巽櫓と東御門、坤櫓が復元されて資料館として公開されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
駿府城は「日本100名城」「徳川家康ゆかりの城めぐり」「天下普請」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 徳川家康ゆかりの城めぐり
  • 天下普請
  • 金箔瓦

駿府城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

駿府城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 辰巳櫓と石垣発掘現場を見学。 来年は、資料館も完成するようで楽しみです!(2019/10/04)
  • 天守台発掘調査現場は感動します。豊臣時代、徳川時代の石垣は必見です。(2019/10/11)
  • 駐車場は、市民文化会館に、停められます。御城印も、珍しいヒノキの、突板を使用したものと、和紙と2種類あります(2019/10/06)
  • 家康公の像拝謁おススメです。(2013/08/11)
  • スタンプと天守台の発掘調査目的で再攻城。駐車場は静岡市民文化会館前を使用。前回より天守台の発掘が進んでいるようでした。(2019/09/28)
  • JR静岡駅から徒歩で約15分くらいで着きます。きれいに整備された公園でした。発掘調査継続中で、発掘の状況が見れるような工夫がされています。坤櫓の施設の方の説明、案内は丁寧かつ親切で、駿府城に対する誇りとか家康公に対する敬愛の念の強さを感じました。(2019/09/08)
  • 車で攻城。 文化会館駐車場(30分100円、上限1000円) 発掘調査が見学でき、見所が沢山あります。 時間が足りませんでした。(2019/09/13)
  • 城内では現在発掘調査が進んでいます。 天守台も発掘調査中で、その現場を間近で見れ、かつ、出土した金箔瓦も見ることができます。(2019/09/13)
  • 天守台の発掘現場の見学ができます、「いつかここに本丸御殿とか立つのかなぁ」などと思いながら見学。JRの駅からは2km弱ありますが西郷と山岡の談合跡地などを見ながらゆっくり歩くのもいいかも(2019/09/08)
  • 地元駿府城に3年ぶりに攻城しました。発掘調査で随分変わっていました。(2019/07/06)
すべてを表示(264コメント)

駿府城について

駿府城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)22.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式連結式層塔型
天守の階数5重7階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ最初の天守は徳川家康によって1589年(天正17年)に造営されたものだが詳細は不明。1607年(慶長12年)、駿府に隠居した徳川家康によって駿府城の大改修が行われ、天守も独立式層塔型6重7階に建て替えられたが、同年末に完成直後の本丸より出火し天守は焼失した。翌1608年(慶長13年)に再建工事が行われ、5重7階の天守が完成した。この天守は1635年(寛永12年)に城下の火災が城に延焼し焼失したが、城主がいないため天守は再建されなかった。
築城主徳川家康
築城開始・完了年着工 1585年(天正13年) 〜 竣工 1589年(天正17年)
廃城年1869年(明治2年)
主な改修者徳川家康
主な城主徳川氏、中村氏、内藤氏(松平氏)
遺構石垣、堀
指定文化財
復元状況櫓、門

更新日:2019/10/20 20:28:43

駿府城の城メモ

駿府城の見所や歴史などを紹介します。


駿府城の御城印

  • おみやげ
駿府城の御城印は駿府城公園(東御門・巽櫓、坤櫓、紅葉山庭園)の各施設入場券販売窓口で購入できます。 つづきを読む

坤櫓

  • 見所
安政地震で崩壊した駿府城の坤櫓は、2014年に復元工事が完了しました。 つづきを読む

東御門

  • 見所
東御門は二の丸の東南に位置する枡形門で、駿府城の主要な出入口でした。 つづきを読む

「駿府城天守台発掘調査」寄附金

  • 一口城主制度
現在、静岡市では駿府城天守台跡の発掘調査の寄付金を募集しています。 つづきを読む

石垣の刻印

  • 見所
駿府城の石垣で使われている石材には300を超える刻印が見つかっています。 つづきを読む

駿府城の100名城スタンプ

  • スタンプ
駿府城の100名城スタンプは東御門の入口に置いてあります。 つづきを読む

紅葉山庭園

  • 周辺案内
紅葉山庭園は駿府城公園内に2001年秋に完成した日本庭園と茶室です。 つづきを読む

駿府城跡天守台・発掘調査のパンフレット

  • 資料・パンフ
「静岡市歴史文化課」によって作成された公式パンフレットです。 つづきを読む

久能山東照宮

  • 周辺案内
駿府城のある静岡市には徳川家康の遺骸が眠る久能山東照宮があります。 つづきを読む

天守台跡(駿府城の天守)

  • 石碑・案内板
駿府城の天守は江戸時代に焼失し、天守台は明治時代に解体され埋められました。 つづきを読む

巽櫓

  • 見所
巽櫓は、駿府城二の丸の東南に設けられた2重3階の隅櫓です。 つづきを読む

発掘情報館 きゃっしる

  • ガイド
「きゃっしる」は駿府城跡天守台・発掘調査現場に併設された展示資料館です。 つづきを読む

本丸堀

  • 見所
本丸堀は明治時代に埋め立てられましたが、発掘調査で再び姿をあらわしています。 つづきを読む

るるぶ静岡市(家康公版)

  • 資料・パンフ
静岡市によって作成された「るるぶ静岡市(家康公版)」です。 つづきを読む

駿府城のパンフレット

  • 資料・パンフ
駿府城公園二の丸施設管理事務所によって作成された駿府城の公式パンフレットです。 つづきを読む

駿府城の案内板

  • 石碑・案内板
東御門橋の手前に駿府城の案内板(日本語と英語)があります。 つづきを読む

静岡駅前にある徳川家康と竹千代の銅像

  • 周辺案内
JR静岡駅前には徳川家康と家康の幼少時代である竹千代の銅像が建てられています。 つづきを読む

大手御門

  • 見所
駿府城の正面出入り口である大手御門の虎口は現在もはっきりと残っています。 つづきを読む

二ノ丸御門跡

  • 石碑・案内板
二ノ丸御門は二ノ丸大手門とも呼ばれる門で、二の丸に入るための正面出入口でした。 つづきを読む

駿府城御玄関前御門跡

  • 石碑・案内板
駿府城御玄関前御門は二の丸から本丸御殿に向かうためのもっとも重要な門でした。 つづきを読む

徳川家康公銅像

  • 見所
駿府城公園内の本丸跡には徳川家康の銅像が建てられています。 つづきを読む

北御門跡、馬場先御門跡

  • 石碑・案内板
北御門と馬場先御門は二の丸へ入る北側の出入口として設けられた門です。 つづきを読む

二ノ丸水路

  • 石碑・案内板
二ノ丸水路は本丸堀の水位を保つために、本丸堀と二の丸堀をつないだ水路です。 つづきを読む

家康手植のミカン

  • 見所
駿府城公園には江戸時代に徳川家康が植樹したと伝わるみかんの木があります。 つづきを読む

清水御門跡

  • 石碑・案内板
清水御門は二の丸に入るために設けられた出入口のひとつです。 つづきを読む

徳川家康と駿府城のご当地フォルムカード

  • おみやげ
静岡県内の郵便局で限定販売されている駿府城のご当地フォルムカードがあります。 つづきを読む

静岡浅間神社

  • 周辺案内
静岡浅間神社は徳川家康が人質時代、元服式を行った神社です。 つづきを読む

静岡県庁別館の展望ロビー

  • 周辺案内
静岡県庁別館21階の展望ロビーからは東御門や巽櫓、坤櫓がよく見えます。 つづきを読む

駿府城の観光情報

駿府城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:16:30
料金(入城料・見学料)

駿府城公園は入園無料

東御門・辰巳櫓 - 大人:200円 - 高校生:200円 - 小中学生:50円 - 団体割引あり(30人以上) - その他:駿府公園 紅葉山庭園との共通券もあり

坤櫓 - 大人:100円 - 小人:50円 - 今昔スコープ体験料:500円

休み(休城日・休館日)
  • 月曜日(祝日、休日はその翌日)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
トイレ
  • 公園内にあり
コインロッカー
写真撮影

公園内だけでなく、東御門・巽櫓、坤櫓の中も可能

バリアフリー

車いす用のスロープは各所に設置

駿府城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(21日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    16.01
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    14.02
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    17.70
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    19.73
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    18.52
  • 18時
    Rain / light rain
    14.26
  • 21時
    Rain / light rain
    14.27
  • 00時
    Rain / light rain
    13.33

明日以降の天気(正午時点)

  • 22日
    Rain / moderate rain
    15.08
  • 23日
    Clear / clear sky
    21.71
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    19.54
  • 25日
    Rain / moderate rain
    13.05

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

駿府城の地図

地図アプリで見る

静岡県静岡市葵区駿府公園1-1

駿府城へのアクセス

駿府城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線/東海道新幹線・静岡駅から徒歩約10分
  • 駿府ロマンバス・コミュニティーバス「こしず」(運行時間/土・日・祝日:15分間隔、10:00〜16:15、平日:20分間隔、10:00〜16:20、運賃/大人:100円 小人:50円)
アクセス(クルマ)
  • 東名高速道路・静岡ICから約20分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

駿府城周辺の宿・ホテル

    ホテルアソシア静岡

    ビジネスからプライベートまで、お客様の大切なひとときを心をこめておもてなしいたします♪客室・レストラン・ロビーはWi-Fi接続無料★多彩なレストランやコンビニエンスストアなど設備も充実!(評価:4.4、参考料金:6,300円〜)

    静岡ホテル 時之栖

    お客様の声に耳を傾け、常にサービス改善を目指しています。【駐車場・朝食バイキング】は無料でご利用OK。宿泊の方は隣接の温泉『天神の湯』を割引料金で入浴できます♪2016年12月Wi-fi接続完備!(評価:3.7、参考料金:3,850円〜)

    ビジネスホテル駿府

    JR静岡駅までも徒歩7分!静岡の街遊びに便利な立地。全室無料Wi-Fiで快適ステイ♪今バズってるコラボ朝食も是非We speak English! Let us know if you need help to make your stay more comfortable.(評価:4.0、参考料金:2,100円〜)

    ホテルシティオ静岡

    静岡駅徒歩5分、新静岡駅徒歩1分の利便性抜群のホテル。コンビニ徒歩2分で利便性も抜群!全室シモンズベッド+プラズマクラスター空気清浄機完備。15種以上のアイテム揃うアメニティコーナー無料(評価:4.2、参考料金:2,050円〜)

    静岡タウンホテル 

    静岡駅・官公庁・デパートなどが建ち並ぶ繁華街や飲食街のほぼ中心に建つホテル■パン・ドリンク・スープ無料モーニング■充実したアメニティコーナーで荷物少なめ■■アパパートナーホテルズ加盟店■ (評価:3.7、参考料金:2,925円〜)
  • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

駿府城の過去のイベント・ニュース

駿府城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 諏訪原城
    • 諏訪原城
      • 平均評価:★★★★☆(44位)
      • 見学時間:1時間1分(151位)
      • 攻城人数:478人(147位)
      • 城までの距離:約29km
    • 掛川城
    • 掛川城
      • 平均評価:★★★★☆(67位)
      • 見学時間:1時間11分(87位)
      • 攻城人数:1714人(18位)
      • 城までの距離:約40km
  • より多くの
    城を見る

駿河の著名な城

静岡県の著名な城

駿府城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

駿府城を本城にしている団員

以下のみなさんが駿府城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

斗星、北天にあり (文芸書)

たぶんこれしかないのではないでしょうか?安東愛季(ちかすえ)を主人公に据えた歴史小説は。内容はまさに愛季一代記です。合戦描写はあっさりしていますが、どのような政治を行おうとしたかがメインになっています。
余談ですが、作中で整備される港湾内で、このたび北前船の錨(か?)が発見されたとのニュースがありました。因果を感じたので追記します。
さらに余談、同時期を扱っているので「天を衝く」の一部秋田側から見た描写があったりするので思わずニヤリとしてしまいます。
愛季死後、安東家はさらに激動の時代に突入する訳ですが、そんな続編是非ともお願いしたいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る