紹介文

諏訪原城は武田信玄が徳川領であった遠江攻略の出城として築城した城です。城内に諏訪大明神を祀ったことからこの名がついたとされます。武田氏と徳川氏の間で激しい攻防が繰り広げられましたが、1575年(天正3年)には落城して、徳川氏の城となりました。徳川氏時代には「牧野城」と呼ばれましたが、武田氏が滅亡すると存在意義が薄れ、廃城となります。現在は建築物は残っていないものの、甲州流築城術の特徴である丸馬出や三日月堀が残っており、枡形虎口などの遺構も残ります。戦国時代の武田氏・徳川氏の築城様式を知る上でも貴重な城址で、国の史跡に指定されています。また付近には家康が諏訪原城を攻略するために築いた付城である火剣山砦跡もあります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
諏訪原城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

諏訪原城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

諏訪原城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • ビジターセンターに、駐車場があります。スタンプも、そこに、あります。終わっていても、左側の道に、引き出しに入って、そこにも、スタンプが、あります。(2019/10/05)
  • 馬出しがとても見やすく縄張りがわかりやすかったです。スタンプは駐車場横のビジターセンターで押しました。(2019/09/28)
  • 順路の案内板もあり、整備もされているので歩きやすかったです(2019/09/28)
  • 諏訪原城ビジターセンターに駐車場。そこから順路の看板が丁寧に設置されており時計回りに攻城。土の馬出がこれだけ多く残っているお城も珍しいと思う。中でも二の曲輪中馬出と三日月堀は圧巻。(2019/09/18)
  • Googleの推奨徒歩ルートは、とんでもないところを通されるので、帰りは危険を承知でも車道の方で帰りました。(2019/09/13)
  • 登りがきついので金谷駅着をコミュニティーバスの出発時間に間に合うよう設定 無事攻城できました 帰りは東海道金谷坂の石畳に苦戦しながらも無事金谷駅に着く ビジターセンターの係りの方から諏訪原城跡の説明を熱くしていただきパンフレットも頂きました  (2019/08/22)
  • 金谷駅にある観光案内所で教えてもらい旧東海道石畳を通って行きました。石畳の石の復元の部分は大井川から運んでいるらしく滑りやすいので注意です。ビジターセンターの係りの方から三日月掘は必ず見るよう薦められました。堀が深く立派で、それ以外も見所がたくさん。(2019/08/16)
  • 前から行かなきゃと思っていた諏訪原城のガイダンス施設へ行ってみました。あと二の曲輪東内馬出、東馬出、南馬出をよ~く観察してきました。(2019/08/10)
  • さすがの武田堀です。運がよければカモシカにも会えるそうです。グーグルでは出ませんが東海道金谷坂の石畳が近道です。(2019/08/09)
  • 金谷駅から徒歩で登城するには復元された「旧東海道石畳」ルートが便利ですが、石がごつごつしていて歩きずらく、また滑りやすい。一日数便しかありませんが、往路はバス利用がお勧めです。バスはビジターセンター前で発着します。(2019/08/10)
すべてを表示(116コメント)

諏訪原城について

諏訪原城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)218 m( 148 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主馬場信春か
築城開始・完了年着工 1573年(天正元年)
廃城年1592年(天正18年)
主な改修者松平家忠
主な城主今福顕倍、今川氏真、松平家忠
遺構土塁、曲輪、堀、馬出、井戸など
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2019/10/20 02:30:19

諏訪原城の観光情報

諏訪原城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 諏訪原城ビジターセンター
    • 10:00〜16:00
料金(入城料・見学料)
  • 諏訪原城ビジターセンター
    • 無料
休み(休城日・休館日)
  • 諏訪原城ビジターセンター
    • 月曜日 ※休日の場合はその直後の平日
    • 年末年始(12月29日〜1月3日)
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

諏訪原城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(20日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    17.23
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    16.17
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    19.81
  • 12時
    Rain / light rain
    21.39
  • 15時
    Rain / light rain
    20.36
  • 18時
    Rain / light rain
    17.93
  • 21時
    Rain / light rain
    16.73
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    15.38

明日以降の天気(正午時点)

  • 21日
    Clouds / overcast clouds
    21.27
  • 22日
    Rain / light rain
    17.70
  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    21.82
  • 24日
    Rain / light rain
    14.62

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

諏訪原城の地図

地図アプリで見る

静岡県島田市金谷

諏訪原城へのアクセス

諏訪原城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・金谷駅から西へ徒歩20分
  • 金谷駅から島田市営コミュニティバス(菊川神谷線循環)に乗り「諏訪原城跡」バス停下車
アクセス(クルマ)
  • 東名高速道路・相良牧之原ICから10分
  • 新東名高速道路・島田金谷ICから10分
駐車場

見学者用駐車場あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    諏訪原城周辺の宿・ホテル

      ホテル1-2-3島田

      2019年10月1日より駐車場1室1台無料(2台目以降有料)となります。また、大型車は有料となります。大型車駐車の方はホテルまでお問い合わせ下さい。(評価:3.9、参考料金:4,600円〜)

      ホテルラクーネ島田

      ●各種電子マネー・アプリ決済対応●全客室フリーWi-Fi完備●駐車場無料(台数上限有り)●EV・PHEV用駐車場有(無料)●有料コインランドリー完備●フロント24時間対応(評価:4.3、参考料金:4,400円〜)

      ホテルたちばな

      団体様も歓迎♪つま恋温泉→車約5分!エコパスタジアム→車20分or電車10分!菊川運動公園→車で3分!無料サービスの朝食は和洋バイキング形式(和食弁当の場合もあり)駐車場無料(25台)(評価:4.4、参考料金:4,150円〜)

      倉真温泉 翆月(すいげつ)

      広々とした風通しのよいお部屋でゆっくりと寛げる平屋建ての温泉旅館。自慢の倉真温泉は24時間利用可能♪お茶しゃぶしゃぶが大好評です。ゆっくり気兼ねなく部屋で食事ができます。(評価:4.6、参考料金:7,200円〜)

      くれたけイン菊川インター

      菊川IC隣接!つま恋まで10分!エコパまで19分!掛川花鳥園まで17分!【以下は全て無料】◆人気朝食バイキング◆ウェルカムドリンク◆70台の大駐車場◆各種アメニティ◆全館Wi-Fi!(評価:3.9、参考料金:3,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    諏訪原城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 掛川城
      • 掛川城
        • 平均評価:★★★★☆(67位)
        • 見学時間:1時間11分(87位)
        • 攻城人数:1713人(18位)
        • 城までの距離:約10km
      • 高天神城
      • 高天神城
        • 平均評価:★★★☆☆(99位)
        • 見学時間:1時間9分(100位)
        • 攻城人数:583人(123位)
        • 城までの距離:約15km
    • より多くの
      城を見る

    遠江の著名な城

    静岡県の著名な城

    諏訪原城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    諏訪原城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    八本目の槍

    豊臣秀吉と柴田勝家の雌雄を決した賤ヶ岳の戦い。この戦いで活躍した、賤ヶ岳七本槍のメンバーのその後の人生と、八本目の槍、石田三成との人間模様を描いた物語です。
    福島正則、脇坂安治、片桐且元、平野長泰、加藤清正、糟屋武則、加藤嘉明、7人のひとりひりの小姓時代の呼び名で物語が構成されてます。

    それぞれが違う生い立ちの中、豊臣秀吉の小姓として見出され、天下分けめの関ヶ原の戦いで、東軍についたもの、負けるとわかっていても西軍についたもの、その後の世の中の流れを見据えた石田三成が、それぞれ7人に思いを寄せ、奔走した様が描かれており、石田三成の戦旗に記された意味が読み取れます。

    本の帯にある通り、この小説を読み終えた時、その男石田三成を、大好きになりました。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る