紹介文

小倉城は細川忠興の居城として知られ、唐造り(南蛮造り)の天守が建てられたことでも有名です。幕末期には長州藩を攻める第一線基地となりました。現在は勝山公園として整備されており、一部の石垣や堀が残り、唐造りの天守も再建されています。隣接する小倉城庭園には奈良や京都から職人を呼んで建てられた書院造りの大名屋敷が再現されています。また、北九州市役所の展望フロアからは小倉城を一望することができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
小倉城は「続日本100名城」「唐造」「さくらの名城めぐり」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 唐造
  • さくらの名城めぐり
  • 金箔瓦

小倉城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

小倉城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • お城の中は子供も楽しめるアトラクションがあり良かったです。(2019/08/18)
  • リニューアルして展示内容が様変わりして、とても素晴らしくなってます。一見の価値あり。ナレーションは草刈正雄さん。真田丸を思い出します。(2019/10/09)
  • 唐造りの小倉城天守は、野面積みの立派な石垣にそびえ立ち圧巻でした。庭園からの天守も素晴らしい眺めでした。歴代に小倉城を治めた、毛利勝信、細川忠興、小笠原忠真の因縁関係に関する展示は凄く面白かったです。また長州征伐の舞台となった幕末の詳しい情勢に関する展示も良かったです。(2019/12/27)
  • 内部のリニューアル後に初めて登城しました。1階のシアターで城の歴史を確認し、2階の展示をじっくり見ると良いでしょう。1階は子供向け体験展示、3階は武蔵・小次郎展示になっています。4、5階はイベントスペースで普段はどうなっているか判りませんが、新年らしく書き初め大会をやってました。ということで、天守か……(2020/01/02)
  • 再建天守で、これほど楽しめる展示もないような。(2019/12/29)
  • 福岡出張にあわせて攻城。 小倉駅から徒歩で約20分。駅からお城まで続くアーケード街は活気があり、どこか昭和を思い出させる素敵な雰囲気です。 天守内は資料館、小倉城の歴史が丁寧に説明されており見ごたえありました。(2019/12/08)
  • 内部は観光施設として整備されています(2018/03/28)
  • 松本清張記念館横の駐車場はいつも満車のようです。そこで勝山公園地下駐車場に車を置き攻城しました。続100名城スタンプは天守内ではなく、ガイド施設の「城テラス」に置かれています。それにしても外国人観光客の多いこと。(2019/11/09)
  • 城内に庭園と松本清張記念館を備えているが、それぞれの場所が分かりにくい。 城の規模は大きく、巨大な商業施設に囲まれており、市民に公園として活用されており、自然に街の一部とし存在し活用されているのが非常に好印象。(2019/11/02)
  • 小倉駅の乗り換え時間1時間を利用して攻城。徒歩20分かかるので早々に退散。唐造りの天守が美しい。(2019/10/21)
すべてを表示(186コメント)

小倉城について

小倉城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)13.6 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式連結式層塔型
天守の階数4重5階
天守の種類復興天守
天守の高さ28.7 m
天守台石垣の高さ18.8 m
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1610年(慶長15年)に完成したとされる、細川忠興が建てた4重5階の複合式層塔型天守は、南蛮造り(唐造)と呼ばれる珍しい外観だった。1837年(天保8年)の失火で焼失し、以降再建されなかった(御三階櫓を天守の代用にした)。現在の復興天守は1959年(昭和34年)に再建された。2007年(平成19年)に瓦屋根約9万枚を全面葺き替え。2018年(平成30年)夏から2019年(平成31年)春にかけて展示リニューアルとエレベーター設置工事をおこなった。総事業費は約10億円。
築城主
築城開始・完了年
廃城年1866年(慶応2年)
主な改修者小笠原氏
主な城主大内氏、菊池氏、高橋鑑種、毛利勝信、細川氏(40万石)、小笠原氏(15万石)
遺構石垣、堀
指定文化財
復元状況天守、模擬櫓、庭園

更新日:2020/01/29 02:07:04

小倉城の観光情報

小倉城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00(4月〜10月:18:00)
  • 最終入城時間:閉城時間の30分前
料金(入城料・見学料)
  • 大人:350円
  • 高校生・中学生:200円
  • 小学生:100円
  • 団体割引あり(30名以上)
  • 隣接する小倉城庭園、松本清張記念館との共通入場券あり
休み(休城日・休館日)

年中無休

トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

小倉城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(27日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    7.31
  • 06時
    Rain / moderate rain
    7.07
  • 09時
    Rain / moderate rain
    7.88
  • 12時
    Rain / light rain
    9.71
  • 15時
    Rain / light rain
    10.28
  • 18時
    Rain / heavy intensity rain
    10.03
  • 21時
    Rain / moderate rain
    12.14
  • 00時
    Rain / light rain
    11.87

明日以降の天気(正午時点)

  • 28日
    Rain / light rain
    10.88
  • 29日
    Rain / light rain
    9.63
  • 30日
    Rain / light rain
    8.92
  • 31日
    Clear / clear sky
    9.50

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小倉城の地図

小倉城へのアクセス

小倉城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR九州鹿児島本線/日豊本線・西小倉駅から徒歩10分
  • 山陽新幹線・小倉駅から徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 北九州都市高速・大手町ランプから5分
駐車場

勝山公園有料駐車場(1時間200円、8:45〜21:00)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    小倉城周辺の宿・ホテル

    小倉城の過去のイベント・ニュース

    小倉城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 障子ヶ岳城
      • 障子ヶ岳城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間30分(--位)
        • 攻城人数:23人(1688位)
        • 城までの距離:約21km
      • 中津城
      • 中津城
        • 平均評価:★★★★☆(68位)
        • 見学時間:1時間3分(138位)
        • 攻城人数:647人(123位)
        • 城までの距離:約42km
    • より多くの
      城を見る

    豊前の著名な城

    福岡県の著名な城

    小倉城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    小倉城を本城にしている団員

    以下のみなさんが小倉城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    福岡県の城郭―戦国城郭を行く

    マイ教科書。
    私が住む町の図書館で知り、何度も何度も借りている本です。福岡県の城を扱う書籍では一番だと思います。
    縄張図も充実してますので、福岡の山城を攻める前には是非ご一読頂きたい一冊です。

    シュウイチ100%さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る