紹介文

水城は663年(天智2年)の「白村江の戦い」に大敗した大和朝廷が、大宰府防衛のためにその翌年に築いた防御施設です。『日本書紀』に記載された、記録に残る日本最初の城でもあります。正確には福岡平野からの外敵を防ぐために築かれた土塁(大堤)で、その規模は全長1.2km、幅77m、高さ9mにわたります。ただしこのときは唐・新羅軍の侵攻はなく使用されませんでしたが、奈良時代中期の765年(天平神護元年)に対新羅外交の緊張から改修がおこなわれています。現在、跡地は国道3号線、九州自動車道、西鉄天神大牟田線、JR鹿児島線などにより分断されていますが、東門跡近くに石碑と案内板が建てられています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
水城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

水城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

水城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 駐車場は道路の左右に数ヶ所ありました。水城館上の展望所から長大な水城を眺めることができます。(2021/10/20訪問)
  • 土塁はかなり長く、東門跡から西門跡まで見るならばレンタサイクルがお勧めです(2021/06/19訪問)
  • 水城館と道路を挟んだ「水城跡第2広場」に駐車。資料館である水城館の上にある展望台(城の堤の一部)に登り1.2キロ続くと言う土塁の長さを確認。資料も沢山あり説明もしてくれました。(2020/11/22訪問)
  • 水城館で水城に関するVTRや資料を見せてもらえます。筑前大野城から水城全体を見るビューポイントなども教えてもらえるので、まとめて見学を予定される方は、スタッフにこちらについても説明してもらうとよいと思います。(2020/11/04訪問)
  • 水城館でスタンプを押印。館内には水城の紹介VTRもあり大変参考になります。(2020/06/27訪問)
  • 大野城市役所で水城+大野城の100・続100名城のスタンプを押せます。(2020/03/25訪問)
  • 城址駐車場(33.5212802, 130.4993746)を利用して攻城。どでかい土塁がお出迎え。月曜日は水城館含めスタンプ設置施設が全て休みのため、水城駅でしか押せません。ご注意あれ。(2019/12/23訪問)
  • 大野城と一緒に大宰府駅のレンタルサイクルにて攻城 大野城の百間石垣から遠かった〜(2019/07/15訪問)
  • 水城館のビデオ込みで 45分くらい(2019/06/13訪問)
  • 桜の時期はとても綺麗です。(2020/04/04訪問)
すべてを表示(39コメント)

水城について

水城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態土塁水城
標高(比高)--( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主大和朝廷
築城開始・完了年着工 664年(白雉15年)
廃城年
主な改修者
主な城主大和朝廷
遺構土塁
指定文化財特別史跡
復元状況

更新日:2022/08/18 16:51:29

水城の城メモ

水城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

水城の観光情報

水城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

水城跡第二広場駐車場にあり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

水城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(18日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    24.98
  • 06時
    Rain / light rain
    24.60
  • 09時
    Rain / light rain
    26.23
  • 12時
    Rain / moderate rain
    28.16
  • 15時
    Rain / moderate rain
    28.32
  • 18時
    Rain / light rain
    27.00
  • 21時
    Rain / light rain
    25.53
  • 00時
    Rain / light rain
    24.55

明日以降の天気(正午時点)

  • 19日
    Rain / light rain
    31.24
  • 20日
    Rain / light rain
    29.87
  • 21日
    Rain / light rain
    31.85
  • 22日
    Clouds / overcast clouds
    32.94

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

水城の地図

水城へのアクセス

水城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 西鉄天神大牟田線・下大利駅から徒歩17分
  • 西鉄天神大牟田線・都府楼前駅から徒歩約20分
  • JR鹿児島本線・水城駅から徒歩23分
アクセス(クルマ)
  • 九州自動車道・水城ICから5分
駐車場

水城跡第二広場駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    水城周辺の宿・ホテル

      HOTEL CULTIA 太宰府

      太宰府天満宮の門前町に佇む名家がホテルに ■太宰府天満宮まで徒歩1分 ■歴史建築3棟13室の分散型ホテル ■【宿泊者限定!】太宰府天満宮 夜の正式参拝(評価:4.3、参考料金:20,570円〜)

      大観荘

      万葉の昔から由緒ある温泉地。周囲には史跡も多く、太宰府天満宮や九州国立博物館「令和」ゆかりの地である坂本八幡宮に近く天然温泉掛け流しです。フロント・本館客室・新館客室「無料Wi-Fi」完備(評価:3.9、参考料金:7,150円〜)

      アイビーホテル筑紫野

      福岡市内より快速12分、太宰府.国立博物館へもアクセス抜群、源泉掛け流し温泉大浴場完備、無料駐車場あり、Free Wi-Fi完備。出張や観光に幅広くご利用頂けます。(評価:4.1、参考料金:3,300円〜)

      パープルホテル二日市

      福岡の観光名所、太宰府天満宮に近い二日市温泉にあるホテルです。筑紫野ICから車約7分、JR二日市駅から徒歩約12分。福岡空港までは高速バスで約25分。ビジネスにも観光にも便利にご利用いただけます。(評価:3.8、参考料金:2,850円〜)

      大丸別荘

      奈良時代より湧き続ける「温泉」創業慶応元年より受け継がれた「伝統」と「おもてなし」現代の急速な時代の流れに合わせた「革新」それらすべてが6500坪の広大な敷地に存在し、非日常の癒しへと導く(評価:4.4、参考料金:7,315円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    水城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 大野城
      • 大野城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間15分(--位)
        • 攻城人数:837人(154位)
        • 城までの距離:約2km
      • 基肄城
      • 基肄城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間6分(--位)
        • 攻城人数:369人(262位)
        • 城までの距離:約8km
    • より多くの
      城を見る

    筑前の著名な城

    福岡県の著名な城

    水城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    水城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最悪の将軍 (集英社文庫)

    江戸幕府の第五代将軍「徳川綱吉」を題材にした小説です。
    将軍になった経緯、綱吉の治世に対する考え方などが描かれます。綱吉の時代には、勅額火事、富士山噴火、赤穂事件などの災害・事件が多く発生しました。天変地異は将軍の行いが悪いからと信じられていた事もあり、綱吉は最悪の時代の将軍として苦悩を重ねていきます。
    読後には、犬公方だけでない綱吉を知り印象が少し変わりました。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る