不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

津城は信長の弟である織田信包の居城として知られています。お市の方とその娘たち(浅井三姉妹)も信包とともに伊勢上野城からこの城に移り、お市の方が柴田勝家と再婚するまでの2年間を過ごしました。江戸時代には築城の名手と謳われる藤堂高虎によって近代城郭として大改修され、その後は明治時代まで藤堂氏の居城となりました。遺構としては本丸の石垣や内堀の一部が残っています。現在は「お城公園、お城西公園」として整備されており、藩校「有造館」の正門である入徳門が移築現存しています。また、隅櫓が再建され、公園内には藤堂高虎像もあります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
津城は「続日本100名城」「三重県三名城」「築城名人・藤堂高虎」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 三重県三名城
  • 築城名人・藤堂高虎

津城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

津城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 石垣が一周ぐるーっと囲ってるのは圧巻です。(2020/03/26)
  • 桜の状況は満開手前なのだが、3月28日から29日明けがたの雨でけっこう散ってしまった感じです。(2020/03/29)
  • 駐車場は城址にしにある市役所に停められます。(2020/03/21)
  • 整備された城址公園に復元された丑寅櫓、堀や石垣も残ってます。切支丹殉教記念碑など、記念碑もいくつか。(2020/01/11)
  • お城東駐車場に車を停めて攻城。こぢんまりとしていますが丑寅櫓をみるとお城らしさを感じます。築城名人藤堂高虎公のお城とあって直線的な石垣や内堀はさすがに見事です。 移築された藩校「有造館」の正門である入徳門をうっかり見忘れてしまったのが心残りでなりません。(2020/02/08)
  • 現在は本丸と西之丸が公園化されて遺るのみですが、石垣はやはり立派ですね。丑寅櫓前の駐車場にあるスタンプ設置場所のまんなかガイド詰所では、スタッフのおばちゃんが親切に応対してくれました。(2020/02/22)
  • ずいぶん前にきていたのですが、続100名城のスタンプをもらいに仕事に託けて再訪。今回は、外周、内周ゆっくり石垣を堪能。 スタンプを捺させてもらった高山神社の社務所は16時までとなっていましたが、幸い16:20頃でも大丈夫でした。(いつもそうかはわかりません)(2020/02/12)
  • 石垣を見ていたら、ボランティアガイドさんに声をかけられました。 案内してもらい、おしゃべりしていたらあっという間に時間がたってしまいました。(2020/01/25)
  • 北側からの、堀と石垣の見栄えが良いです。「津城跡北堀」の石碑あり。(2020/01/21)
  • 津城東側の『市営お城東駐車場』が安くて便利です。2時間近く停めて200円でした。三重隅櫓が目の前です。御城印は津駅東口『アスト津』の立体駐車場が30分までは無料です。アスト津1F『津駅前観光案内所』にて200円です。(2020/01/13)
すべてを表示(176コメント)

津城について

津城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)1.9 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数5重
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ織田信包が5重の天守を築いたとされる。藤堂高虎は天守台は築いたものの、天守は築かなかった。
築城主細野藤敦
築城開始・完了年着工 永禄年間(1558年〜1570年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者織田信包、藤堂高虎
主な城主細野氏、織田氏、富田氏、藤堂氏
遺構石垣、堀
指定文化財県史跡
復元状況模擬隅櫓

更新日:2020/04/03 01:43:20

津城の観光情報

津城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

津城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(03日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    5.32
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    5.14
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    12.18
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    16.54
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    16.92
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    13.40
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    10.81
  • 00時
    Clouds / scattered clouds
    9.74

明日以降の天気(正午時点)

  • 04日
    Clouds / scattered clouds
    17.30
  • 05日
    Clear / clear sky
    11.53
  • 06日
    Clear / clear sky
    14.58
  • 07日
    Clouds / scattered clouds
    17.27

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

津城の地図

津城へのアクセス

津城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR紀勢本線・津駅からバスで約8分、「三重会館」バス停下車、徒歩約3分
  • 近鉄・津新町駅から徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 伊勢自動車道・津ICから約10分
駐車場

あり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    津城周辺の宿・ホテル

      都シティ 津 (旧 津都ホテル)

      県中心部に位置。大阪、名古屋にも便利な距離で、ビジネスはもちろん伊勢神宮を始め、県内外観光地への拠点としても最適です!津の文化や歴史に触れる津城跡、観音寺、偕楽公園と県立美術館めぐりにも好立地(評価:3.9、参考料金:4,400円〜)

      フェニックスホテル

       駐車場も無料!(※トラック・バスは直TEL要予約・低車高不可)コンビニ・居酒屋・食事処も直ぐ♪スポーツクラブも!珈琲もアイスキャンディーも!洗濯~乾燥も無料!Wifi無料接続!無料レンタル多数!(評価:3.8、参考料金:2,440円〜)

      ホテルキャッスルイン津

      セントレアへの海上アクセス港も目のまえ。ビジネスにレジャーに絶好のロケーション。(評価:4.3、参考料金:1,900円〜)

      ホテルルートイン津駅南

      ■サオリーナまで車で10分■全客室WOWOW視聴可能■30品目の和洋食〔無料〕朝食バイキング付■夜2時まで入浴OKの人工温泉も好評■無料駐車場40台、立体駐車場34台(評価:3.9、参考料金:4,400円〜)

      ホテル ザ・グランコート津西

      【2017.7.28リニューアルOPEN】津駅西口から徒歩5分の好立地!無料駐車場・WI-FI完備!充実の和洋朝食バイキング♪伊勢神宮まで車で約1時間☆鈴鹿サーキットまで車で約30分☆(評価:4.1、参考料金:3,250円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    津城の過去のイベント・ニュース

    津城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 松坂城
      • 松坂城
        • 平均評価:★★★★☆(63位)
        • 見学時間:1時間1分(102位)
        • 攻城人数:1245人(55位)
        • 城までの距離:約15km
      • 田丸城
      • 田丸城
        • 平均評価:★★★☆☆(79位)
        • 見学時間:56分(120位)
        • 攻城人数:565人(147位)
        • 城までの距離:約27km
    • より多くの
      城を見る

    伊勢の著名な城

    三重県の著名な城

    津城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    津城を本城にしている団員

    以下のみなさんが津城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    雪の峠・剣の舞 (KCデラックス)

    関ヶ原の戦いで戦わずして敗れ、常陸から出羽に国替えとなった佐竹氏の城地選定をめぐる、古参の武闘派家老たちと若手の側近たちの対立を描く『雪の峠』と、戦国時代の剣豪、上泉信綱の弟子である疋田文五郎を主役に武田信玄の箕輪城攻めを描く『剣の舞』の二編の歴史コミック。前者では久保田城を推す若手と金沢城を推す老臣のプレゼンが行われるが、お互いの策のぶつかり合いが面白い。後者は戦で家族を殺され復讐を果たそうとする少女が描かれ、戦の悲惨さと虚しさを描いている。(凄惨な場面があるので要注意)
    本書に登場する城   土崎湊城  武州松山城  久保田城  金沢城(仙北)  横手城  箕輪城

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る