紹介文

田丸城は南北朝時代に南朝方の拠点として北畠親房北畠顕信によって築かれたといわれています。戦国時代には織田信長の伊勢侵攻に伴い、北畠具教の養嗣子となった織田信雄の居城として、3重3階の天守を備えた近世城郭へ改修されますが、5年後に火災で天守を焼失してしまったため現存していません。江戸時代には徳川御三家の一つ紀州徳川家の治める紀州藩の所領として、久野氏が城主を務めました。現在も天守台や石垣、堀などの遺構が残っており、他所へ移築されていた富士見門、三の丸の奥書院なども再移築され、整備されています。田丸城は南北朝時代の中世城郭と織豊系の近世城郭と両方の遺構をあわせ持つ城となっています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
田丸城は「続日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城

田丸城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

田丸城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 玉城中学のすぐそばです。夕刻に着いたので部活生徒からすごく挨拶されました。史料館でスタンプだけでなく御城印もセルフで押せます。 アンケートに答えてステッカーも貰えました。いろいろ貰えて星4つ。(2019/11/22)
  • 冬の時期はライトアップしているそうです。天守台はその為の矢倉に占領されていました⤵️(2019/11/20)
  • 天守台や虎口などかなりの遺構が確認できます。何と言っても本丸の雰囲気は素晴らしいですね。 何とも言えない雰囲気が漂っておりとても好きになりました。(2019/07/07)
  • 間違って中学校の入口に出ても、そのまま脇道に抜けられます❗(2019/10/05)
  • セルフサービスの御城朱印が楽しかったです!(2019/09/23)
  • 雨の中頑張って攻城。立派な石垣を見学。(2019/09/05)
  • 小雨の中、JR田丸駅から徒歩10分もかからず、大手口の石垣を通り、村山龍平記念館に立ち寄り、セルフサービスの御城印を押印して、すぐのところにある城跡へ。なかなかの石垣でした。(2019/09/05)
  • 三の丸跡に玉城町役場、保育所がありました。 保育所の脇から登城できますが、搦め手なので大手からという人はやはり役場の方から登城すると良いと思います。 石垣は予想外に見応えがありました。(2019/09/02)
  • 玉城町役場の裏山が城跡。三の丸跡は現在、中学校の敷地になっていますが、それ以外の郭は比較的良好に石垣などが残っています。(2019/07/28)
  • バッジの三重県三名城に匹敵する城だと思っているので、たくさんの人に訪問していただきたい。 御城印は、スタンプと同じ村山龍平記念館の窓口でもらえます。自分で用意した用紙等に自分で押す方式なので、御朱印帳などに寺社以外の印を押すのが抵抗ある人は、自分で台紙や用紙を用意していくのが良いと思います。(2019/08/10)
すべてを表示(127コメント)

田丸城について

田丸城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平山城
標高(比高)51.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式望楼型
天守の階数3重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ4 m
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1575年(天正3年)頃に望楼型で3重3階の天守があったとされるが、1580年(天正8年)に放火で焼失。後に再建されたが、1651年(慶安4年)に暴風雨で倒壊した。
築城主北畠親房
築城開始・完了年着工 1336年(延元元年/建武3年)
廃城年
主な改修者織田信雄、稲葉重通
主な城主北畠親房、織田信雄、稲葉重通、久野宗成
遺構門、天守台、石垣、堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2019/12/12 02:31:18

田丸城の観光情報

田丸城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

田丸城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(12日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    8.95
  • 06時
    Clear / clear sky
    9.15
  • 09時
    Clear / clear sky
    10.20
  • 12時
    Clear / clear sky
    10.24
  • 15時
    Clouds / few clouds
    8.88
  • 18時
    Clear / clear sky
    5.44
  • 21時
    Clear / clear sky
    4.51
  • 00時
    Clear / clear sky
    3.90

明日以降の天気(正午時点)

  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    9.80
  • 14日
    Clouds / few clouds
    13.72
  • 15日
    Clear / clear sky
    9.30
  • 16日
    Clear / clear sky
    13.40

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

田丸城の地図

地図アプリで見る

三重県度会郡玉城町田丸

田丸城へのアクセス

田丸城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR参宮線・田丸駅から徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 伊勢自動車道・玉城ICから府道65号線を東へ約1km
駐車場

玉城町役場にあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    田丸城周辺の宿・ホテル

      ホテルルートイン伊勢

      ●伊勢神宮外宮まで車で約10分♪内宮・おかげ横丁まで約20分♪鳥羽・志摩へもアクセス良好!●全館2階建て客室6棟の新しいルートインホテルです。◆朝食バイキング無料◆大浴場完備◆無料平面駐車場154台!(評価:4.3、参考料金:5,125円〜)

      伊勢にたたずむ 王朝浪漫の夢見宿 斎王の宮

      平安の世から幾つもの歳月を超え、今に伝わる『斎王』の歴史とロマンを再現。伊勢型紙の絵手紙、貝合わせ、盤双六・・平安の世の穏やかな時間。煌びやかで優雅なひと時と極上の美食を楽しむ伊勢の宿。(評価:4.4、参考料金:18,770円〜)

      伊勢かぐらばリゾート 千の杜

      お伊勢さん観光案内人認定おかげ宿!詳しくはスタッフまで♪伊勢神宮までは車で約15分。近鉄宇治山田駅まで送迎車もご用意しております。一部客室がリニューアル致しました。(評価:4.1、参考料金:7,900円〜)

      伊勢の宿 紅葉軒

      伊勢神宮(外宮)に徒歩10分、内宮やおかげ横丁へは車で10分。スペイン村(車で40分)や志摩方面への観光の拠点にもどうぞ。ボリューム満点の料理が大好評!また来るね、そんな笑顔が絶えないお宿です。(評価:4.5、参考料金:6,160円〜)

      ホテルエコノ多気

      勢和多気ICから車で約7分。南勢南紀地方でのビジネス拠点に便利。無料朝食で大型車も駐車可能な無料駐車場を完備。近隣には大型スーパー、天然温泉施設、コンビニ等もあり。伊勢・松阪方面へも車で20分程。(評価:3.9、参考料金:2,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    田丸城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 松坂城
      • 松坂城
        • 平均評価:★★★★☆(86位)
        • 見学時間:1時間6分(118位)
        • 攻城人数:1131人(55位)
        • 城までの距離:約13km
      • 津城
      • 津城
        • 平均評価:★★★☆☆(227位)
        • 見学時間:45分(230位)
        • 攻城人数:815人(95位)
        • 城までの距離:約27km
    • より多くの
      城を見る

    伊勢の著名な城

    三重県の著名な城

    田丸城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    田丸城を本城にしている団員

    以下のみなさんが田丸城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    世界遺産姫路城

    姫路城についての鋭い論考と撮影を続けていらっしゃった、北村泰生さん最後の写真集。
    稲妻が走る夜空に聳える天守、白漆喰と陰影を活かしたモノクロ写真など、まさに「光を読みきる」ことを具現化なさっています。
    (お元気にギャラリーを営んでいらっしゃった頃には、私も行ってみましたが、桜の時期で「撮影に出かけています」との札があり、御目通りは叶いませんでした。)

    ぽりへりさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る