THE KASHIHARA-DAIWA ROYAL HOTELは奈良県の「飛鳥・橿原・三輪」エリアにあるホテルです。もっとも近いお城は貝吹山城です。

もう一度周辺地図を表示する

THE KASHIHARA-DAIWA ROYAL HOTEL

【外観】橿原・飛鳥エリアの観光の拠点に便利です。
提供:じゃらん
【夕食口コミ4.5】橿原市クーポン!!7,000円 4,000円 1,000円
【春のいまなら。キャンペーン対象施設!!】◆橿原神宮前駅東口より徒歩約1分 ◆温泉大浴場「かしはらの湯」24時まで ◆夕食口コミ4.5 ◆和・洋・中の各レストラン有 ◆吉野へ近鉄電車で1本◆

あぶさんさん

広いお風呂は多少ぬる目ですが、高取城攻城の疲れをとるのには足も伸ばせて充分でした。また、駅からも近く周辺には飲食店も充実しています。
橿原神宮も近いので、チェックアウト前に散歩がてら参拝も出来ますよ!


キャットスズさん

高取城登城最寄り駅の近鉄壺阪山駅まで3駅の近鉄橿原神宮前駅東口から徒歩すぐと便利です。温泉(かしはらの湯)もあって、高取城登城(登山)の癒しには最高でした。ホテル自体も立派でした。また、橿原神宮も徒歩15分以内で参拝もできました。

じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

宿の情報

施設名 THE KASHIHARA-DAIWA ROYAL HOTEL
住所 〒634-0063 奈良県橿原市久米町652-2
交通案内
  • 【名古屋より】車/東名阪・名阪国道・西名阪経由155キロ~郡山IC~国道24号・国道169号を約15キロ・約45分 車以外/近鉄名古屋線・大阪線で近鉄大和八木駅にて乗換
  • 【大阪より】車/阪和自動車道・南阪奈道路経由~葛城IC~大和高田バイパス~国道169号 約15分 車以外/地下鉄御堂筋線天王寺駅乗換 近鉄橿原神宮前駅下車 徒歩約1分
チェックイン
  • チェックイン 15:00
  • チェックアウト 11:00
標準的なチェックイン/チェックアウト時間のため、予約した宿泊プランによって変更になることがあります。
参考料金 予約サイトでご確認ください。
じゃらんで予約する
その他の予約サイトで検索

地図

宿から10km圏内の城を6件表示しています

貝吹山城の周辺にあるホテルを再検索する

周辺のお城

貝吹山城
2471 貝吹山城 制覇   別名 貝吹城

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町与楽

平均評価:★★★☆☆ 2.50(0位) 見学時間:48分(0位) 攻城人数:28人(2219位)
越智城
2470 越智城 制覇   別名 越智館

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町越智

平均評価:★★☆☆☆ 1.60(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:26人(2279位)
十市城
674 十市城 制覇

[奈良県][大和] 奈良県橿原市十市町

平均評価:★★☆☆☆ 2.00(0位) 見学時間:15分(0位) 攻城人数:76人(1027位)
高取城
77 高取城    別名 芙蓉城、鷹取城、高取山城

[奈良県][大和] 奈良県高市郡高取町高取

平均評価:★★★★☆ 4.19(9位) 見学時間:1時間54分(3位) 攻城人数:1440人(87位)
柳本城
1209 柳本城 制覇   別名 楊本城、楊本館、黒塚砦

[奈良県][大和] 奈良県天理市柳本町

平均評価:★★☆☆☆ 2.47(0位) 見学時間:20分(0位) 攻城人数:81人(946位)
柳本陣屋
1208 柳本陣屋 制覇

[奈良県][大和] 奈良県天理市柳本町1213

平均評価:★★☆☆☆ 2.15(0位) 見学時間:16分(0位) 攻城人数:77人(1011位)
ほかの宿泊施設にレビューを投稿するには
お城のページにある「周辺の宿・ホテル」から該当するホテルを見つけてください(お城のページには5件だけ表示していますので、その他のホテルは「地図で周辺の旅館・ホテルを表示する」のリンクを押してください)。地図からホテルを選び、詳細ページを表示すると右上に「レビューを書く」という緑のボタンがありますので、これを押すと入力欄が表示されます。

広告 宿の予約サイト

その他の宿を検索するならこちらからどうぞ。

攻城団は以下のアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから宿を予約していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております
バリューコマースもしもアフィリエイトA8.net
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

童の神

平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
以下解説引用。
土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る