鳥取城
鳥取城

[鳥取県][因幡] 鳥取県鳥取市東町


  • 平均評価:★★★★☆ 3.74(--位)
  • 見学時間:1時間28分(--位)
  • 攻城人数:1668(92位)

鳥取城の城主メモ 最新順

仁風閣は工事中で中には入れず。庭園はみることができます。
そのほか二の丸や大手門も工事中。

(2024/02/03訪問)

県立博物館の駐車場が満車の場合は、県庁北側駐車場に駐車できます。山上ノ丸まで行く場合は、急峻な山道なので登山靴や水分を持って行ったほうが良いです。5合目に休憩スペースがあるので、辛くなったら休憩しながら行かれると良いと思います。

(2023/10/31訪問)

鳥取城から太閤ヶ平まで行ってみました、本丸から1キロ以上あり往復で3時間ほどかかりました。道中に案内板があり迷わずに行けましたが最初の方の案内板は本陣山となっていましたので注意です。往復で約5キロでした。

(2023/08/25訪問)

山城なので城址全体を巡るのはちょっとした登山です。動きやすい服装や装備を心がけると良いです。

(2022/05/01訪問)

現在、大手道にあたる中の御門周辺が改修工事中のため、城跡へのアクセスは、鳥取県立博物館がある北ノ御門跡からとなっている。鳥取駅の観光案内所などに設置されている鳥取城後のパンフレットの地図が分かりやすいので、登城前に手に入れておかれる方がいい。
城跡の麓にある仁風閣の玄関に日本100名城のスタンプがあった。ちなみに仁風閣は来春(2014年3月)から約4年間改修工事で一時閉館するらしい。

(2023/06/26訪問)

車で行きました。隣の県立博物館は満車でしたが吉川経家の像の道路向かい側に無料駐車場がありおすすめです。

(2023/05/04訪問)

山の上本丸へ行かれるなら登山靴があったほうが良いです。
まだまだ復元作業や修復作業最中のようで、石垣にカバーがある所も多いです。

(2023/03/09訪問)

県庁の隣にありますがクマ出没情報が頻繁にあるのでご注意ください

(2022/11/16訪問)

洋風建築の仁風閣と城址が同居する光景。

(2022/12/10訪問)

県立博物館の駐車場は夜間、早朝は施錠されています。逆に県庁北側駐車場は平日の8:30~17:15は県庁来客用になるので注意して下さい。

(2022/08/12訪問)

お盆期間のスタンプは仁風閣入り口にて

(2022/08/13訪問)

水分補給はしっかりとして、ゆっくり慌てずに登ってください。夏場は特にしんどいです。でも山頂からの眺めは最高です。

(2022/06/18訪問)

山下の曲輪の石垣はもちろん素晴らしいですが、山上の武骨な石垣は見応えあります。また山上からの景色は抜群でした。(鳥取砂丘も見えます)

(2022/04/02訪問)

時間があれば本丸に登って欲しい。本丸からは日本海、そして鳥取砂丘を拝むことが出来ます。ただし、登城すると言うよりも登山なので、体力と相談の上、チャレンジして頂きたい。

(2020/08/01訪問)

鳥取駅から「ループバス麒麟獅子」か「くる梨」で鳥取城降ります。が土日は朝の便が休みですので「県庁前」に停まるバスに乗ってください。

(2021/11/13訪問)

駐車場はお休みの日ならば県庁関係の駐車場が無料で使えます。
山頂の本丸もおススメですが、簡単な登山の覚悟が必要です。特に足元がぬれてるときは要注意!
またクマさんも出没するそうですので、気をつけて!!

(2021/08/21訪問)

桜祭りをしていて駐車場は混んでいました。県庁北側の駐車場は無料で停められます。

(2021/03/27訪問)

興禅寺(藩主池田家菩提寺)の庭園と仁風閣の庭園はともに市の名勝だけあって心が洗われた。太閤ヶ平→鳥取城本丸跡の〈兵糧攻め対陣コース〉は倒木で一部通行止だったので迂回したが久松山そのものが急峻。山下ノ丸までの下りは慎重に降りた。山城としては素晴らしい立地。

(2021/03/20訪問)

2021/3/13に中ノ御門(大手門)の高麗門が復元され開放されたと言うことで行ってきました。鳥取城はこれからすぐ、中ノ御門の渡櫓門も復元するようで高麗門の出入りもまた数年できなくなるかもです。

(2021/03/15訪問)

熊さん出没するらしいです。山頂まで行かれる方は気を付けてください。

(2020/11/09訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

首都圏発 戦国の城の歩きかた

戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る