月山富田城
月山富田城

[島根県][出雲] 島根県安来市広瀬町富田2188


  • 平均評価:★★★★☆ 3.87(25位)
  • 見学時間:1時間41分(15位)
  • 攻城人数:687(101位)

月山富田城のパンフレット

安来市観光協会によって作成された月山富田城跡の公式パンフレットです。

提供:安来市観光協会
戦国大名尼子氏、そして武将山中鹿介が駆け抜けた城下町広瀬。清流飯梨川を挟んで、「月山富田城跡エリア」と「街並みエリア」が広がります。
城跡エリアは難攻不落と言われた縄張りをはじめ、動乱の世を感じさせる数々の防御施設が残っています。一方の街並みエリアには、かつての出雲の中心地として栄えてきた街の歴史を偲ばせるスポットがあります。
数々の歴史を刻んできた街の雰囲気を感じながら、みなさんも街並みを歩いてみませんか。
月山富田城とは?
 月山富田城は佐々木義清が築いたとされ、難攻不落の要塞城と言われています。同城は菅谷口、御子守口、塩谷口の3方面からしか攻められず、城内郭の下段が落ちても、中断の山中御殿で防ぎ、そこが落ちても、主山の月山に登って防ぎ、頂上に堀を築き、守りを固め、一度も落城しなかった天下の名城として知られています。
提供:安来市観光協会

PDFで表示する

城址全体のマップも配布されています。

提供:安来市観光協会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

月山富田城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

首都圏発 戦国の城の歩きかた

戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る