紹介文

増島城は金森長近高山城の支城として、萩原諏訪城とともに築いた城です。飛騨国唯一の平城として知られています。完成すると長近の養子である金森可重が古川城から移って城主となりました。1619年(元和元年)の一国一城令にともない廃城となって古川旅館と改称し、萩原諏訪城と同様に金森氏の別邸となりましたが、金森氏が出羽国上山藩へ移封されたため、1695年(元禄8年)に高山城とともに破却されました。萩原諏訪城の城門は林昌寺、圓光寺の山門として移築され現存しています。現在、本丸跡には飛騨市立古川小学校と増島天満神社があり、神社の境内には本丸櫓台の石塁と、小学校建設当時にそのほとんどが埋め立てられた堀の一部が残っています。

増島城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

増島城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 駐車場は飛騨古川駅裏の「飛騨古川 公共無料駐車場」が最寄りで徒歩5分圏内。 城門を移築したとされる円光寺、鬼門除けの気多若宮神社とセット観光がおすすめ。(2024/04/27訪問)
  • 若宮駐車場から歩いて行けます。野面積みの石垣が見事。(2023/10/29訪問)
  • 公共駐車場から徒歩で訪問しました。小学校と特別支援学校の間にあるので、訪問時期は注意が必要です。(2023/08/04訪問)
  • 櫓台石垣と水堀を見学。移築門を巡りました。(林昌寺、円光寺、浄徳寺)(2022/10/10訪問)
  • JR高山本線の飛騨古川駅から徒歩で約5分で着きます。飛騨地方唯一の平城で、城址には古川小学校か建設されていて、水堀などのほとんどは、その建設時に埋められたようですが、一角に石垣、水堀が遺されていて、増島天満神社が鎮座していました。城址の雰囲気は、しっかり残されていました。(2021/12/11訪問)
  • 飛騨古川駅から徒歩5分弱です。移築城門まではさらに5分ほどで着きました。(2021/03/20訪問)
  • 飛騨古川駅南東すぐにある『公共無料駐車場』より徒歩3分程です。増島天満神社となっている本丸櫓台石垣と水堀が確認できます。石垣は南面が野面積みで下には細くなっていますが水堀も残っています。(2020/08/09訪問)
  • 城跡北側の突き当たりが運動場となっている個所に駐車し、手早く神社境内をみて周囲を一周。南側の野面積の石垣と東側の堀が印象的な城址です。(2019/11/09訪問)
すべてを表示(9コメント)

増島城について

増島城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

平城

標高(比高)

500.7 m

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

金森長近

築城開始・完了年

着工 1586年(天正14年)

廃城年

1695年(元禄8年)

主な改修者

主な城主

金森可重、金森重近、金森重頼

遺構

石垣、堀、天守台、水堀

指定文化財

県史跡

復元状況

増島城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)500.7 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主金森長近
築城開始・完了年着工 1586年(天正14年)
廃城年1695年(元禄8年)
主な改修者
主な城主金森可重、金森重近、金森重頼
遺構石垣、堀、天守台、水堀
指定文化財県史跡
復元状況

登録日:2014/01/14 22:59:03

更新日:2024/06/22 14:30:00

増島城の観光情報

増島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

バリアフリー

 

増島城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

増島城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(22日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    14.55
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    17.07
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    24.16
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    28.01
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    24.17
  • 18時
    Rain / light rain
    20.32
  • 21時
    Rain / moderate rain
    19.31
  • 00時
    Rain / moderate rain
    19.14

明日以降の天気(正午時点)

  • 23日
    Rain / moderate rain
    21.69
  • 24日
    Rain / light rain
    25.44
  • 25日
    Rain / light rain
    20.91
  • 26日
    Clear / clear sky
    26.16

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

増島城の地図

増島城へのアクセス

増島城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR高山本線・飛騨古川駅から徒歩5分

アクセス(クルマ)

  • 東海北陸自動車道・飛騨清見ICから40分

駐車場

 

増島城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR高山本線・飛騨古川駅から徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 東海北陸自動車道・飛騨清見ICから40分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    増島城周辺のスポット

    増島城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      飛騨ともえホテル

      【 ありがとうございます! 口コミ 夕食・朝食4.5以上獲得♪ 】飛騨古川駅から徒歩2分。瀬戸川と白壁まで徒歩圏内。個部屋の囲炉裏食事処で郷土料理と飛騨牛をゆっくり楽しめる宿。(評価:4.4、参考料金:6,710円〜)

      八ツ三館

      高山の奥座敷の静かな佇まい。飛騨の建築美と寛ぎの空間がお出迎え。国登録有形文化財に泊まれる宿。季節をお楽しみいただける会席料理を個室料亭にて。飛騨牛料理指定店。(評価:4.8、参考料金:11,700円〜)

      飛騨古川桃源郷温泉 旬菜の宿 ホテル季古里

      ≪最大3000円!お得なクーポンを発行中!≫飛騨古川の里山に佇む秘湯・美人の湯!絶品A5等級の飛騨牛と郷土味覚を堪能できる宿!飛騨高山・白川郷まで観光アクセスに最適!飛騨高山から車で30分の立地!(評価:4.0、参考料金:7,400円〜)

      花扇 別邸いいやま

      自家源泉から湧き出る温泉が自慢。高山市街地で唯一『客室露天風呂が温泉』の宿。独特のとろみある温泉は"美人の湯"として大好評。上品で滋味溢れる飛騨牛会席は当館ならではの味わい。13歳以上の大人の宿(評価:4.7、参考料金:23,512円〜)

      飛騨亭 花扇(はなおうぎ)

      自家源泉から湧き出る温泉は客室露天風呂でも(高山市街で唯一の宿です)トロリとした泉質が好評。美湯・美食を堪能する贅沢な休日を。(評価:4.9、参考料金:22,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    増島城の過去のイベント・ニュース

    増島城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 増山城
      • 増山城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間13分(--位)
        • 攻城人数:832人(188位)
        • 城までの距離:約48km
      • 富山城
      • 富山城
        • 平均評価:★★★☆☆(95位)
        • 見学時間:47分(91位)
        • 攻城人数:1935人(82位)
        • 城までの距離:約50km
    • より多くの
      城を見る

    飛騨の著名な城

    岐阜県の著名な城

    増島城といっしょに旅行するのにオススメの城

    増島城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    最後の決断

    戊辰戦争における越後といえば、新政府軍VS長岡藩と思いがちですが、この本では高田・長岡・新発田・村上諸藩の決断を取り上げられています。その決断がどのタイミングで行われ、結果どうなったのか、一気に読んでしまいました。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る