紹介文

郡上八幡城は遠藤氏や青山市の居城として知られています。一時的に稲葉貞通が城主を務めたこともあります。1933年(昭和8年)に再建された模擬天守は日本最古の木造再建天守です。小規模な城ながら、城下から眺める天守の姿や、天守から見下ろす城下町のたたずまいは大変美しく、司馬遼太郎は「日本で最も美しい山城」と評しています。また、山内一豊の妻である千代が初代城主・遠藤盛数の長女であることから、山麓には山内一豊と妻千代の像があります。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
郡上八幡城は「続日本100名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 天空の城

郡上八幡城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

郡上八幡城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 100名城スタンプは郡上八幡城、入場券売場の窓口に置いてありました。天守から一番最寄りの駐車場からは歩いて数分で行けます。(2019/10/15)
  • 撮影ポイントのところに看板?がありました(2019/10/10)
  • 郡上八幡旧庁舎記念館にて攻城団チラシ戴いてきました~コラボチラシの裏面で置いてあるのでスタッフに聞いたほうが確実です(2019/10/07)
  • 狭く一方通行の道があり、お城のすぐ下まで車で行けます。団体の観光客が多く歩いていますので、注意してください。下りの道も狭いですが、一方通行なので落ち着いて運転しましょう。(2019/07/24)
  • 駐車場までの道は九十九折で大きめのミニバンは何度か切り返して登っていました。 歩行者も同じ道ではありますが、九十九折の上の道と下の道を階段でつないであるので、まっすぐに近い感じで登れます。(2019/08/14)
  • 車で行った場合、登城路も郡上八幡の街中も道幅が狭く、運転は要注意。(2019/09/20)
  • 郡上八幡城オリジナル御城印帳 特装版(金表紙)2300円が限定販売中でした。 特装版ありますか?と聞かないと一般の1800円の黒、赤、青を勧められます。(2019/09/08)
  • 天守から見る水と緑の豊かな町の眺めは、とても美しく癒されます
  • 模擬天守ながらとても雰囲気の良い城です。丁度着いた時間が良くガイドの方のお話も聞くことが出来ました。(2019/08/17)
  • 床板のきしみが素敵 居城していたのは信じ難い(2019/08/10)
すべてを表示(184コメント)

郡上八幡城について

郡上八幡城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)354 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式層塔型
天守の階数4重5階
天守の種類模擬天守
天守の高さ17.18 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)309.11 m2
天守メモ現在建てられている、4重5階の木造による模擬天守は1933年(昭和8年)10月に再建されたもの。
築城主遠藤盛数
築城開始・完了年着工 1559年(永禄2年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者遠藤常友
主な城主遠藤氏(4万石)、稲葉貞通(4万石)、遠藤常友(2万4千石)、井上正任(5万石)、金森氏(3万9千石)、青山氏(4万8千石)
遺構石垣
指定文化財県史跡、郡上市有形文化財(模擬天守)
復元状況模擬天守

更新日:2019/10/20 22:43:27

郡上八幡城の城メモ

郡上八幡城の観光情報

郡上八幡城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00
  • (6月〜8月)8:00〜18:00
  • (11月〜2月)9:00〜16:30
  • 最終入城は閉館時間の15分前
料金(入城料・見学料)
  • 大人:320円
  • 小・中学生:150円
  • 団体割引あり(20名以上)
  • 郡上八幡博覧館との共通券あり
休み(休城日・休館日)
  • 年末年始(12月20日〜1月10日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

郡上八幡城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(21日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    12.57
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    12.75
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    19.97
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    22.27
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    20.63
  • 18時
    Rain / light rain
    16.15
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    15.69
  • 00時
    Rain / light rain
    14.88

明日以降の天気(正午時点)

  • 22日
    Rain / moderate rain
    15.44
  • 23日
    Clouds / overcast clouds
    17.03
  • 24日
    Rain / light rain
    18.73

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

郡上八幡城の地図

地図アプリで見る

岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659

郡上八幡城へのアクセス

郡上八幡城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 長良川鉄道・郡上八幡駅からタクシーで15分
アクセス(クルマ)
  • 東海北陸自動車道・郡上八幡ICから約7分
駐車場
  • (山頂)郡上八幡城駐車場(無料、20台)
  • (中腹)城山公園駐車場(無料、13台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    郡上八幡城周辺の宿・ホテル

      郡上八幡 ホテル 積翠園 

      2019年7月1日リニューアルオープンいたしました。新しいホテル積翠園が皆様に愛されるホテルとなりますよう、従業員一同力を合わせ、努力してまいります。皆様のお越しをおまちしております。(評価:4.3、参考料金:6,600円〜)

      三冨久

      郡上八幡の中心を流れる吉田川沿いにあり、客室からは川を眺めることができる。宿から川へ降りることもでき散歩が楽しめる。川魚や山菜、しし肉など地元の旬の素材に多彩な技をプラスした料理が自慢。(評価:3.9、参考料金:4,950円〜)

      田舎の宿 おのそう 

      有機栽培した自家製のコシヒカリは郡上の水とすんだ空気が一粒一粒に詰まっている。せせらぎ街道沿いにあるので高山方面へのアクセスにも便利(評価:4.0、参考料金:6,600円〜)

      ホテル郡上八幡

      じゃらんクーポンでおトクに満喫ください♪郡上エリアで最大級の温泉宿。お食事「飛騨牛」はもちろん。お城、旧所名跡やラフティングなど、大人から子供まで楽しく過ごすことができます。(評価:3.7、参考料金:5,600円〜)

      みはらや旅館

      郡上八幡の町の中心を流れる吉田川沿いにあり、客室は川のせせらぎを眺めながらくつろげる癒しの空間。旧庁舎記念館や新橋からもすぐなので、町並み巡りや観光にも便利。家族で営業している小さな宿です。(評価:不明、参考料金:6,900円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    郡上八幡城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 美濃金山城
      • 美濃金山城
        • 平均評価:★★★☆☆(130位)
        • 見学時間:1時間2分(141位)
        • 攻城人数:461人(151位)
        • 城までの距離:約35km
      • 岐阜城
      • 岐阜城
        • 平均評価:★★★★☆(60位)
        • 見学時間:1時間33分(24位)
        • 攻城人数:2079人(10位)
        • 城までの距離:約39km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    郡上八幡城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    郡上八幡城を本城にしている団員

    以下のみなさんが郡上八幡城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    斗星、北天にあり (文芸書)

    たぶんこれしかないのではないでしょうか?安東愛季(ちかすえ)を主人公に据えた歴史小説は。内容はまさに愛季一代記です。合戦描写はあっさりしていますが、どのような政治を行おうとしたかがメインになっています。
    余談ですが、作中で整備される港湾内で、このたび北前船の錨(か?)が発見されたとのニュースがありました。因果を感じたので追記します。
    さらに余談、同時期を扱っているので「天を衝く」の一部秋田側から見た描写があったりするので思わずニヤリとしてしまいます。
    愛季死後、安東家はさらに激動の時代に突入する訳ですが、そんな続編是非ともお願いしたいです。

    まーPさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る