郡上八幡城
郡上八幡城

[岐阜県][美濃] 岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659


  • 平均評価:★★★★☆ 3.67(59位)
  • 見学時間:1時間5分(127位)
  • 攻城人数:1066(58位)

郡上八幡城の天守

郡上八幡城は1559年(永禄2年)に遠藤盛数が砦を築いたことからはじまります。
遠藤盛数の長男、慶隆が城主のころ本能寺の変がおきますが、羽柴秀吉と対立する織田信孝の傘下だったため追放されてしまいました。
1588年(天正16年)、稲葉貞通が城主となり、現在の郡上八幡城の基礎となるような大改修がおこなわれました。

提供:一般財団法人 郡上八幡産業振興公社

その後、「関ケ原の戦い」の功によってふたたび遠藤慶隆が城主となります。
以降、遠藤氏5代、金森氏2代、青山氏7代と城主がかわりながら、郡上藩として幕末まで藩庁として機能しました。

現在の郡上八幡城天守

現在建てられている郡上八幡城天守は1933年(昭和8年)に大垣城を参考に模擬天守として建てられたもので、2つの隅櫓とともに全国にさきがけて再建されました。
(模擬天守ではありますが、郡上八幡城は日本最古の木造再建天守です)

海抜353.95mの八幡山山頂に4層5階の城として建てられています。

提供:一般財団法人 郡上八幡産業振興公社

内部は歴史資料館となっており、郡上八幡城ゆかりの資料が展示されています。

提供:一般財団法人 郡上八幡産業振興公社

織田・徳川軍と浅井・朝倉軍が戦った「姉川の戦い」で、第2代・第4代城主の遠藤慶隆が着用したと伝えられている鎧や、青山家の家宝の鎧、郡上八幡合戦絵図などの展示が充実しています。

天守からは城下の家並みを眺めることができるようになっています。

提供:一般財団法人 郡上八幡産業振興公社

郡上八幡城について

城郭1933年(昭和8年)再建
構造4層5階木造建築(木造再建城としては、日本最古)
天守閣の規模
建面積
118.98m2(35.99坪)
延面積
309.11m2(93.50坪)
高さ
17.18m
つけやぐらの規模
建面積
22.09m2(6.68坪)
延面積
22.09m2(6.68坪)
高さ
3.72m
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

郡上八幡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上義清と信濃村上氏―坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌

信州大学の先生が、北信濃の戦国大名 村上氏のお膝元である坂城町で行った講演を書籍化したものです。
村上氏(因島村上水軍も出てきます)に興味のある方限定ですが、郷土の歴史が楽しく学べます。また、坂城町が郷土の歴史を活用した町おこしについて奮闘している様子も書かれており、好感が持てます。

茶々さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る