紹介文

苗木城は遠山直廉によって築かれた城です。1万石しかないのに天守を構えた珍しい城として知られています。なお予算がなかったため、城の壁は白漆喰ではなく赤土がむき出しになっていたそうで、そのために「赤壁城」とも呼ばれています。遺構としては石垣や門跡、堀などが残っており、大手門の扉と柱は中津川市苗木遠山史料館にて展示されています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
苗木城は「続日本100名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 天空の城

苗木城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

苗木城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 昨年秋に近隣で熊の出没情報があり、近隣の小学生にはランドセルに熊鈴を付けて登校している子もいます。城内にも注意看板が出ていますが、訪問時には注意してください。(2020/01/05)
  • この時期では珍しく雪は積もっていませんでしたが、天守展望台への道は滑るのでご注意下さい。展望台からの景色は抜群で、上から見る大矢倉も見事です。(2020/01/05)
  • 大矢倉跡の石垣・天守台跡の懸造り(復元)など自然石を巧みに使った珍しい城跡で見どころ満載です(2019/08/20)
  • 牢屋跡付近は見落とされがちでしょうね。帯郭も気づかないでスルーする人が結構いましたが、下から見上げると、小さな郭が段々畑のように重なって実に見事なのでもったいない。見落とさないためには縄張り図は必須ですね。 また、西側以外からは天守付近は見上げるしかありません。西側からは山容もしっかりわかりますが、……(2019/12/23)
  • 車で攻城する場合、ナビは「中津川市苗木遠山史料館」に合わせてください。「苗木城」に設定すると車一台がやっとの山道を進ませられ、最後は徒歩で登山するはめになります。史料館の人もこのことを心配されてます。(2019/12/21)
  • 資料館から登城するのがおススメのようです(2019/11/28)
  • 苗木遠山資料館でスタンプと御城印をゲットし攻城。巨岩と石垣を組み合わせた風景は圧巻です。頂上からの眺めもよし。(2019/11/23)
  • 苗木遠山史料館の駐車場に車をおいて登城。城山大橋を渡るときに木曽川沿いの山の上に突如あらわれる天守台がすばらしいです。城山大橋から城址を眺めるのもGoodですよ。(2019/11/20)
  • 1万石の小大名だからこそ生まれた城。自然の巨石と人工の石垣の融合が素晴らしいです。(2019/11/03)
  • 可児山城サミットに合わせて攻城しました。素晴らしい景観と石垣が待っていますよ‼︎(2019/11/09)
すべてを表示(267コメント)

苗木城について

苗木城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)432 m( 170 m )
城郭規模内郭:2 ha  外郭:35 ha
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数2重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1600年(慶長5年)頃に遠山友政によって築かれた天守は明治に入って取り壊された。
築城主遠山直廉
築城開始・完了年着工 天文年間(1532年〜1555年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者
主な城主遠山氏、森氏、川尻氏
遺構石垣、堀、井戸、門部材
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/01/21 08:42:49

苗木城の観光情報

苗木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 9:30〜17:00(最終入館は16:30)
料金(入城料・見学料)
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 320円
    • 小・中学生および幼児は無料
    • 団体割引あり(10名以上)
休み(休城日・休館日)
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 毎週月曜日(月曜日が祝日等にあたる場合はその翌日)
    • 年末年始(12月27日~1月5日)
    • その他、臨時休館あり
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

苗木城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(21日)の天気

  • 03時
    Snow / light snow
    1.09
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    -3.90
  • 09時
    Clouds / few clouds
    0.89
  • 12時
    Clear / clear sky
    4.84
  • 15時
    Clear / clear sky
    4.18
  • 18時
    Clear / clear sky
    -3.19
  • 21時
    Clear / clear sky
    -3.69
  • 00時
    Clear / clear sky
    -3.29

明日以降の天気(正午時点)

  • 22日
    Clouds / scattered clouds
    9.02
  • 23日
    Rain / light rain
    6.16
  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    10.66
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    10.44

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

苗木城の地図

地図アプリで見る

岐阜県中津川市苗木

苗木城へのアクセス

苗木城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR中央本線・中津川駅から北恵那交通バスに乗り「苗木」バス停下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 中央自動車道・中津川IC → 国道257号線 → 城山大橋渡ってすぐ右折
駐車場

苗木城跡駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    苗木城周辺の宿・ホテル

      岩寿荘

      敷地内に川が流れ、大木生い茂る森の中の隠れ家。川での水遊びや、豊富な山水を溜めた堀でマス釣りも。ここ蛭川はラジウム鉱石の国内三大産地。放射能泉の温泉は滞在中いつでも入浴OK。料理と貸切温泉が自慢(評価:4.2、参考料金:6,600円〜)

      ホテルルートイン中津川インター

      朝食の和洋食バイキング無料サービス 1階には大浴場、リラックスルームもあり、旅の疲れを癒していただけます ビジネスはもとより、恵那峡や馬篭などの観光地へのアクセスも便利(評価:3.9、参考料金:5,825円〜)

      ホテル花更紗

      中山道の宿場「馬籠」「妻籠」に程近い、恵那山系の雄大な自然の中に佇むホテル。隣接の日帰り温泉施設クアリゾート湯舟沢は宿泊当日と翌日の2日間は無料でご利用頂けます。(評価:4.4、参考料金:4,400円〜)

      湯快リゾート 恵那峡温泉 恵那峡国際ホテル

      新鮮食材やご当地料理が食べ放題の「ご当地贅沢バイキング」を実施中!湯快リゾートこだわりのバイキングをお楽しみください!雄大な峡谷美を誇る恵那峡!四季折々の風景をご観賞ください♪(評価:3.6、参考料金:6,230円〜)

      国民宿舎恵那山荘

      地元産にこだわる四季折々の料理と自然豊かな高原での静養とスポーツ。ラジウム温泉の湯に浸かりゆったりのんびり安心価格の宿。(評価:4.3、参考料金:3,900円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    苗木城の過去のイベント・ニュース

    周辺にあるお城など

      • 岩村城
      • 岩村城
        • 平均評価:★★★★☆(34位)
        • 見学時間:1時間23分(49位)
        • 攻城人数:1266人(48位)
        • 城までの距離:約17km
      • 美濃金山城
      • 美濃金山城
        • 平均評価:★★★☆☆(142位)
        • 見学時間:1時間2分(143位)
        • 攻城人数:551人(140位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    苗木城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    苗木城を本城にしている団員

    以下のみなさんが苗木城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    伯耆米子城 (山陰名城叢書1)

    米子城の歴史、縄張りだけでなく発掘調査の解説や今は存在していない天守の考察や城下町など幅広い範囲かつ詳細に書かれています。また用語についても丁寧に解説しているので読みやすい書籍だと思います。ひとつの城郭、しかも建築物がほぼない城郭で1冊の本になっていることが驚きです。

    しのはさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る