紹介文

苗木城は遠山直廉によって築かれた城です。1万石しかないのに天守を構えた珍しい城として知られています。なお予算がなかったため、城の壁は白漆喰ではなく赤土がむき出しになっていたそうで、そのために「赤壁城」とも呼ばれています。遺構としては石垣や門跡、堀などが残っており、大手門の扉と柱は中津川市苗木遠山史料館にて展示されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
苗木城は「続日本100名城」「岐阜県三名城」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 岐阜県三名城
  • 天空の城

苗木城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

苗木城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 中津川駅からタクシーで約15分。時期により直通バスあり。これを利用できるとアクセスは楽になります。(2022/04/30訪問)
  • 大手道の四十八曲りから登城し、城下町へ降りました。四十八曲りは石垣がよく残っていました。城趾のビュースポット、高森神社まで足を伸ばされるのをお勧めします。(2022/04/07訪問)
  • 2022年年始まで、土日祝に限り中津川I駅から苗木城までの直通バスがあります。 苗木遠山資料館の直下に着いて500円です。  朝一に攻城すると、本丸直下のコンクリートに薄氷が付いて、メチャクチャ滑るので気を付けて下さい。(2021/11/28訪問)
  • 中津川ICより車で5〜10分程度 途中、木曽川に架かる城山大橋から右手に全体像が望めます。(2021/06/12訪問)
  • 美濃国紅葉撮影で三度目の攻城。8時半くらいに到着するも城址に一番近い駐車場はラスト2つでした。紅葉の見頃は過ぎておりましたが、敷き詰められた紅葉と大矢倉が良く似合う。帰り際には駐車場は資料館の方まで埋まってきていました。(2020/11/23訪問)
  • 大迫力の山城で山容に感動します。地元の方が大事にしていますね。(2019/04/28訪問)
  • B1駐車場の山道から約15分。途中で絶景が見れます。案内板があり迷うことは無いが落ち葉で滑りやすいので注意。(2020/09/21訪問)
  • 重機が入り石垣の修復中でした。 改めて古の人の労力に脱帽です(2020/08/27訪問)
  • 巨大な自然石を巧みに取り入れた石垣は圧巻です。 とにかく石垣に見惚れてしまいました。(2020/01/14訪問)
  • 木曽川の眺めがすばらしい。 天然の岩と石垣のバランスもいい。(2020/08/07訪問)
すべてを表示(116コメント)

苗木城について

苗木城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)432 m( 170 m )
城郭規模内郭:2 ha  外郭:35 ha
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数2重3階
天守の種類非現存天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1600年(慶長5年)頃に遠山友政によって築かれた天守は明治に入って取り壊された。
築城主遠山直廉
築城開始・完了年着工 天文年間(1532年〜1555年)
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者
主な城主遠山氏、森氏、川尻氏
遺構石垣、堀、井戸、門部材
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2022/08/07 21:21:05

攻城団グッズ

苗木城には「攻城団チラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。

  • 苗木城 攻城団チラシ

苗木城の観光情報

苗木城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 9:30〜17:00(最終入館は16:30)
料金(入城料・見学料)
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 320円
    • 小・中学生および幼児は無料
    • 団体割引あり(10名以上)
休み(休城日・休館日)
  • 中津川市苗木遠山史料館
    • 毎週月曜日(月曜日が祝日等にあたる場合はその翌日)
    • 年末年始(12月27日~1月5日)
    • その他、臨時休館あり
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

苗木城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(07日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    22.06
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    22.93
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    28.40
  • 12時
    Rain / light rain
    29.32
  • 15時
    Rain / light rain
    28.61
  • 18時
    Rain / light rain
    26.45
  • 21時
    Rain / light rain
    24.43
  • 00時
    Rain / light rain
    23.80

明日以降の天気(正午時点)

  • 08日
    Rain / light rain
    28.96
  • 09日
    Rain / light rain
    31.28
  • 10日
    Rain / light rain
    28.54
  • 11日
    Rain / light rain
    29.91

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

苗木城の地図

苗木城へのアクセス

苗木城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR中央本線・中津川駅から北恵那交通バスに乗り「苗木」バス停下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 中央自動車道・中津川IC → 国道257号線 → 城山大橋渡ってすぐ右折
駐車場

苗木城跡駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    苗木城周辺の宿・ホテル

      岩寿荘 ~IWASUSO~ 山×星×川の温泉宿

      山×星×川の温泉宿花崗岩からの贈り物「ラジウム温泉」で身体を癒し~山の空気と川のせせらぎに心を癒し~大自然の恵みを味わいHappyな気持ちになってください♪ 飛騨牛料理と貸切風呂が人気です☆(評価:4.2、参考料金:14,300円〜)

      ホテルルートイン恵那

      ■全室LAN回線・Wi-Fiが使い放題 ■男女別大浴場 ■バイキング無料サービス■無料駐車場117台(自走式立体)   ■ウェルカムコーヒーサービス ■真新しい館内で清潔・快適(評価:3.8、参考料金:5,225円〜)

      Tabist シルクホテル 中津川

      JR中央西線の中津川駅より徒歩2分、中央自動車道 中津川I.C.より5分。観光やビジネスでご利用のお客様に大変便利なホテルです。周辺には、中津川ちこり村や苗木温泉など多くの観光スポットがございます。(評価:2.3、参考料金:4,050円〜)

      The RYOKAN O

      JR中央本線中津川駅より徒歩2分/フルリノベーション旅館/3階建て/貸出し最大25名まで/畳・布団の部屋/1階カフェ・バー完備/コロナ対策済み/Go Toトラベル対象(評価:3.9、参考料金:4,900円〜)

      ホテルルートイン中津川インター

      朝食の和洋食バイキング無料サービス/恵那峡や馬篭などの観光地へのアクセスも便利/夕食レストラン:18:00~22:00 L.O21:30(日祝休日)(評価:4.0、参考料金:5,825円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    苗木城の過去のイベント・ニュース

    苗木城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    • 苗木遠山史料館は12/27~1/5まで休館

    周辺にあるお城など

      • 岩村城
      • 岩村城
        • 平均評価:★★★★☆(21位)
        • 見学時間:1時間20分(34位)
        • 攻城人数:1991人(45位)
        • 城までの距離:約17km
      • 美濃金山城
      • 美濃金山城
        • 平均評価:★★★☆☆(70位)
        • 見学時間:1時間8分(60位)
        • 攻城人数:1094人(120位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    苗木城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    苗木城を本城にしている団員

    以下のみなさんが苗木城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る