紹介文

大垣城は「関ケ原の戦い」の際に石田三成らが入城して西軍の根拠地となった城です。その天守は戦前に国宝(旧国宝)に指定されていましたが、1945年(昭和20年)の大垣空襲により焼失しました。現在ある天守は1959年(昭和34年)に外観復元されたもので、中は「関ケ原の戦い」についての資料館になっています。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
大垣城は「続日本100名城」「旧国宝24城」「金箔瓦」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 旧国宝24城
  • 金箔瓦

城主の攻城メモ

大垣城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 天守のライトアップは17時からでした。(2019/12/23)
  • もともと平城のうえに廻縁がないので最上層からも景色が良くないですね(2019/12/16)
  • 戦災によって焼失されなければ、その歴史的価値は非常なものであったとされる大垣城。地元のお城に、そのような可能性を秘めていた史跡があることに興奮すると共に非常に口惜しい。 妄想して楽しもう。
  • 続100名城のスタンプは、券売所の背後にあります。展示内容は正直にいえば物足りなさがあります。2020年は大河の効果で集客を狙っているようですが…。(2019/12/15)
  • 近くの有料駐車場に止めて登城。天守の中は史料館で火縄銃とかもてます(2018/10/13)
  • JR大垣駅南口をまっすぐ歩き、「大垣公園東」交差点横にある大垣公園内にあります。(2019/04/21)
  • 1階に杭瀬川の戦いのジオラマがあります。(2019/11/17)
  • 槍、弓、火縄銃が持てますよ!(2019/11/17)
  • 天守内の展示が、鉄砲とか槍が触れたり、大垣だけでなく、関ヶ原の戦いについての動画もあったりして、結構充実してました。(2019/11/09)
  • 天守資料館に模擬ですが火縄銃や弓等が置いてあり、実際に手にとって構えてみる事もでき面白いです。(2019/11/03)
すべてを表示(305コメント)

大垣城について

大垣城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭連郭複合式
縄張形態平城
標高(比高)10.4 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式層塔型
天守の階数4重4階
天守の種類復元(外観復元)天守
天守の高さ18 m
天守台石垣の高さ6 m
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1588年(天正16年)に一柳直末によって築かれた望楼型天守は、1596年(慶長元年)頃に伊藤祐盛により改築された。このときの天守が『関ヶ原合戦屏風』に描かれた3重天守と思われる。関ケ原の戦い後の1620年(元和6年)に松平忠吉によって複合式層塔型3重4階(4重4階の説もあり)に改修された。この天守は1936年(昭和11年)に国宝として指定されていたが、1945年(昭和20年)の空襲により焼失した。現在の復元天守は1959年(昭和34年)に鉄筋コンクリートで再築されたもの。この時点では窓や破風などの外観が焼失前と異なっていたが、2011年(平成23年)に往時にあわせて外観が改修された。
築城主竹腰尚綱
築城開始・完了年着工 1500年(明応9年)
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者氏家直元、伊藤祐盛
主な城主竹腰氏、氏家氏、伊藤氏、岡部氏、松平氏、戸田氏(10万石)
遺構石垣、曲輪
指定文化財市史跡
復元状況天守、乾櫓、艮櫓(外観復元)、門

更新日:2020/01/18 20:24:13

大垣城の観光情報

大垣城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00
  • 最終入城16:30
料金(入城料・見学料)
  • 入場料:100円
  • 18歳未満無料(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間を含む)
休み(休城日・休館日)
  • 火曜日(火曜日が祝日にあたる時はその翌日)
  • 祝日の翌日
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影

バリアフリー

大垣城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Clouds / few clouds
    0.93
  • 06時
    Clear / clear sky
    0.05
  • 09時
    Clear / clear sky
    3.22
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    6.81
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    6.28
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    3.57
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    2.76
  • 00時
    Snow / light snow
    2.45

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clouds / few clouds
    6.99
  • 21日
    Clouds / scattered clouds
    4.85
  • 22日
    Clouds / broken clouds
    7.93
  • 23日
    Rain / moderate rain
    5.96

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

大垣城の地図

地図アプリで見る

岐阜県大垣市郭町2-52

大垣城へのアクセス

大垣城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR東海道本線・大垣駅(南口)から徒歩7分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・大垣ICから15分
駐車場
  • 市営丸の内駐車場(30分100円)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    大垣城周辺の宿・ホテル

      クインテッサホテル大垣

      大垣駅より徒歩約5分の好立地に位置したシティホテルです。様々な客室タイプはビジネスや観光で訪れるお客様にワンランク上のご滞在をお約束いたします。地元の食材を使った朝食も好評です。(評価:3.8、参考料金:2,560円〜)

      スーパーホテル大垣駅前

      ★岐阜駅から電車で15分&名古屋から約30分と交通も便利★全室ダブルベット完備でお二人でもゆったり快適♪★クチコミ人気の健康和洋バイキング朝食が無料/高速WIFI接続無料★有料提携駐車場完備(評価:4.2、参考料金:3,420円〜)

      アパホテル<大垣駅前>

      【法令点検による全館停電】法定点検の為1月21日(火)13時から1時間、全館停電致します。電気機器の停止に伴い水の供給も停止します。ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程お願い申し上げます。(評価:3.9、参考料金:2,500円〜)

      オカサンホテル

      ★ワクワク朝食バイキング始めました!★ゆったりとしたアットホームな空間。ビジネスや観光にご利用下さい。ご家族に最適な和室もあります。Wi-fi、無料駐車場完備。全室禁煙。小学生以下のお子様は半額。(評価:3.7、参考料金:3,100円〜)

      コンフォートイン大垣

      世界最大級のホテルチェーン♪安心のホテルブランドを大垣でも!コンフォートブランドは全室禁煙ルーム◆彩り豊かな朝食サービスとウェルカムドリンクサービス◆小学6年生まで添い寝無料(評価:4.1、参考料金:2,650円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    周辺にあるお城など

      • 墨俣城
      • 墨俣城
        • 平均評価:★★★☆☆(214位)
        • 見学時間:45分(232位)
        • 攻城人数:817人(97位)
        • 城までの距離:約6km
      • 岐阜城
      • 岐阜城
        • 平均評価:★★★★☆(57位)
        • 見学時間:1時間32分(31位)
        • 攻城人数:2227人(9位)
        • 城までの距離:約17km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    大垣城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    大垣城を本城にしている団員

    以下のみなさんが大垣城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    悪党の裔〈上〉 (中公文庫)

    治安の悪化に伴い悪党が現れ始めた鎌倉末期。
    主人公・赤松円心の播磨を中心に畿内全体へと展開していく物語です。
    天下を決するような戦はできないが、せめて自分の存在で重要な戦の行方を左右したい。そんなことを考えながら、暴れるべき時は暴れ、耐えるべき時は耐えた。
    倒幕の流れを汲んだ足利尊氏に加担し、九州に落ちた尊氏を追討する新田の行軍を引き付けに引き付けます。
    絶対に落ちない城、白旗城の築城のシーンが描いかれており、白旗城の名前の由来がこの小説を読んでわかりました。
    『悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 』、『残月―竹田城最後の城主、赤松広英』をあわせ、播磨赤松三部作と言えると思います。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る