紹介文

小牧山城は織田信長によって、美濃攻略の本拠地として築かれた城です。信長がはじめて築いた城でもあります。その後、信長は稲葉山城を陥落し、岐阜城と改めて移住したため、小牧山城は約4年間で廃城となりましたが、のちに豊臣秀吉徳川家康が戦った「小牧・長久手の戦い」では、家康がこの地に本陣を置いたとされます。江戸時代には家康ゆかりの地として尾張徳川家が保護し、入山が禁止されたこともあり、山中の堀や土塁などがきれいな状態で残っており、日本の城郭史上、貴重な資料となっています。また近年の発掘調査によれば、石垣を用いた本格的な城であった可能性が指摘されています。現在は山頂に天守を模した小牧市歴史館がありますが、これは名古屋市在住の実業家が寄贈したもので、内部は資料館になっています。 もちい

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に攻めるお城の参考にしてください。
小牧山城は「続日本100名城」「織田信長ゆかりの城めぐり」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 織田信長ゆかりの城めぐり
  • さくらの名城めぐり

城主の攻城メモ

小牧山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。質問はこちらからどうぞ。

  • ナンダー 先週、たまたま見たBS番組で小牧長久手の戦いを取り上げた番組を見て攻城を決めました。 現地に行ってみると中心市街地に小牧山があり 山頂には模擬天守が建ち史跡公園として整備されていました。 まずは小牧山横の市役所の食堂から小牧山城を仰ぎ見て攻城を開始しました。 小牧山は山頂まで標高80mほどで 丁度時……(2018/05/14)
  • トッシー スタンプを押しに再訪問。土塁を見学しながら散歩してきました。(2018/05/12)
  • ぽにょまる姫 岐阜城がかろうじて見えます!(2018/01/07)
  • みっちょい 山頂からの見晴らしの良さに、城の立地の重要性を再認識。さすが信長公!(2018/05/01)
  • ゾノ 山全体が史跡という感じでした。今回は時間がなかったので、次はゆっくり見学したい。(2018/04/29)
  • T.ウッズ 時間が無く駆け足で攻城。土日は市役所前行きバスが無いので要注意。運転手メチャクチャ愛想悪いです。(2018/04/14)
  • たなとす 続100名城のスタンプラリーが始まったので、さっそく攻城。スタンプは小牧市歴史館入口(山頂の模擬天守)でゲット。かなり鮮明なスタンプを押すことができました。 今回は、近くのお城なので自転車で攻城してみたが、体力のなさを痛感。 市役所跡は土塁できれいに復元、登城路もきれいに整備されていて、攻城しやすか……(2018/04/07)
  • ほむほむ 山城だというので、気合を入れて来たら、思ってた以上に低い山でした。しかし攻城してみると、所々に防御の要があったりして資料館に着くまでに色々楽しめました。(2016/05/02)
すべてを表示(118コメント)

フォトギャラリー

小牧山城の構造

小牧山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目 データ
曲輪構成
縄張形態 平山城
標高(比高) 85.9 m( -- )
城郭規模 内郭:--  外郭:21 ha
天守縄張、天守形式
天守の階数 3重4階
天守の種類 模擬
天守の高さ 19.3 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ 織田信長が天守を築いたかどうかは不明。現在ある模擬天守は1967年(昭和42年)に名古屋市在住の実業家、平松茂(故人)が私財を投じて建設し、小牧市に寄贈したものである。聚楽第の遺構と伝わる西本願寺の「飛雲閣」をモデルとしている。
築城主 織田信長
築城開始・完了年 着工 1563年(永禄6年)
廃城年 1567年(永禄10年)
主な改修者 徳川家康
主な城主 織田氏、徳川氏
遺構 曲輪、井戸、土塁
指定文化財
復元状況

小牧山城の城メモ

小牧山城の見所や歴史などを紹介します。

  • 小牧市歴史館 見所

    小牧市歴史館は、小牧山山頂に建てられた歴史資料館です。
    小牧市歴史館は、小牧山山頂に建てられた歴史資料館です。 名古屋市在住の実業家、平松茂氏が私財を投じて建設し、小牧市に寄贈した歴史館です。1967年(昭和42年)4月24日に起工、12月14日に鯱上げ式(……つづきを読む)

  • 土塁断面展示施設 見所

    小牧山城の土塁の断面を見ることができるようになっています。
    小牧山城の土塁の断面を見ることができるようになっています。(残念ながら直接見ることはできません)(……つづきを読む)

  • 山頂曲輪周辺の石垣 見所

    小牧山山頂の周囲には石垣の一部だった巨石が露出しています。
    小牧山山頂の周囲には石垣の一部だった巨石が露出しています。 この周辺を発掘調査した結果、山頂にあった曲輪の周辺を石垣が囲っていたことがわかりました。これは織田信長による築城時にすでに石垣が築かれていた(……つづきを読む)

  • 山の岩盤に築いた石垣 見所

    調査により山頂曲輪の一段下にも石垣があったことが確認されています。
    調査により山頂曲輪の一段下にも石垣があったことが確認されています。 提供:小牧市 岩盤上に築かれた石垣[小牧山城] 提供:小牧市 曲輪の造成状況[小牧山城] 史跡小牧山主郭地区~織田信長が築いた小(……つづきを読む)

  • 虎口 見所

    小牧山の中腹に、堀と土塁で堅固に防御された虎口の遺構があります。
    小牧山の中腹に、堀と土塁で堅固に防御された虎口の遺構があります。 史跡小牧山主郭地区〜織田信長が築いた小牧山城〜 守りの要衝 虎口a  大手道から頂上の主郭(曲輪001)に到る主郭地区の史跡整備に向け(……つづきを読む)

  • 小牧山城にある案内板 石碑・案内板

    小牧山城に設置されている案内板の内容を紹介します。  
    小牧山城に設置されている案内板の内容を紹介します。 国指定史跡 小牧山と歴史館のご案内 小牧山  標高八五・九メートル 面積約二一万平方メートル(約六万三千五百坪) 小牧山は、本市のほぼ中央、市街地の(……つづきを読む)

すべて見る

小牧山城の観光情報

小牧山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目 データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:16:30
  • 最終入城:16:15
料金(入城料・見学料)
  • 大人:100円
  • 小人(小学生・中学生):30円 ※土・日・祝日は入館無料
  • 団体割引あり
休み(休城日・休館日)
  • 第3木曜日(祝祭日の場合は翌平日)
  • 年末年始(12月29日〜1月3日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

小牧山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(27日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    11.64
  • 06時
    Rain / light rain
    14.03
  • 09時
    Clear / clear sky
    21.39
  • 12時
    Clouds / few clouds
    25.42
  • 15時
    Clouds / scattered clouds
    26.76
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    23.79
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    18.44
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    16.43

明日以降の天気(正午時点)

  • 28日
    Clouds / broken clouds
    23.23
  • 29日
    Rain / light rain
    22.43
  • 30日
    Clear / clear sky
    22.99
  • 31日
    Rain / light rain
    23.22

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

小牧山城の地図

地図アプリで見る

愛知県小牧市小牧町字八幡前

小牧山城へのアクセス

小牧山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目 データ
アクセス(電車)
  • 名鉄小牧線・小牧駅から徒歩25分
  • 名鉄小牧線・小牧駅から名鉄バス・小牧巡回バスに乗り「小牧市役所前」バス停下車、徒歩10分
  • 名鉄犬山線・岩倉駅から名鉄バス「小牧行き」に乗り「小牧市役所前」バス停下車、徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 名神高速道路・小牧ICから5分
  • 東名高速道路・小牧ICから5分
駐車場
  • 小牧山北駐車場
  • 小牧市役所駐車場
  • 名鉄小牧駅から小牧山城へのアクセス アクセス

    名鉄小牧線・小牧駅から小牧山城までの、徒歩での道順を案内します。
    名鉄小牧線・小牧駅から小牧山城までの、徒歩での道順を案内します。小牧駅前から道なりにまっすぐ進むだけですし、前方には小牧山城(小牧市歴史館)が見えているので迷うことはないと思います。また、「 信長公 (……つづきを読む)

  • 小牧山北駐車場 駐車場

    小牧山城にクルマでいく場合は、小牧山北駐車場が便利です。
    小牧山城にクルマでいく場合は、小牧山北駐車場が便利です。 最初の2時間は無料なので、山頂の資料館を見学するだけならおそらく無料で利用できると思います。 50台とかなり余裕があるので大丈夫だと思いますが(……つづきを読む)

小牧山城周辺の宿・ホテル

  • 広告 キャッスルイン小牧

    小牧ICより車で2分 全80台無料駐車場アリ 1F大浴場、岩盤サウナでゆっくりお寛ぎを! 2F居酒屋でお食事もバッチリ!館内無料Wi-Fi完備!朝食はバイキング形式!セミダブルサイズベッド!(評価:3.7、参考料金:3,490円〜)

    大浴場と館内居酒屋でゆっくりお寛ぎを!コンビニ目の前!(評価:3.7、参考料金:3,490円〜)

  • 広告 ABホテル小牧

    和洋バイキング形式の朝食・男女別大浴場・駐車場がすべて無料!東名高速小牧I.Cより約3分。名古屋高速小牧南I.Cより約5分。名鉄小牧駅より車で約5分とアクセス良好♪全客室に加湿器完備♪(評価:4.0、参考料金:3,500円〜)

    和洋バイキング朝食・大浴場・さらに駐車場も無料♪加湿器完備♪(評価:4.0、参考料金:3,500円〜)

  • 広告 小牧シティホテル

    名鉄小牧駅から徒歩2分、コンビニまで徒歩1分。先着順50台無料平面駐車場有り。全客室1Fのバーでは女性バーテンダーがおもてなし。(評価:3.6、参考料金:4,000円〜)

    名鉄小牧駅前の抜群のロケーション。先着順無料駐車場有り(評価:3.6、参考料金:4,000円〜)

  • 地図で周辺の宿・ホテルを表示する

小牧山城のモデルコース

小牧山城をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

まだモデルコースがありません(情報募集中

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

小牧山城の関連リンク

小牧山城についてのコメント

小牧山城について、みんなで情報交換しましょう

小牧山城を訪問したことのある方は、付近にあるオススメのお店や宿、見どころや撮影スポットなど観光の際のポイントなどを教えてください。また、小牧山城の訪問を計画している方からの質問もお待ちしてますので、お気軽に書き込んでください(わかる範囲で答えてもらえるでしょう)。

なお、ここに投稿された情報や写真は城メモやブログなどで利用させていただくことがあります。攻城団のデータの充実にぜひご協力ください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

小牧山城の過去のイベント・ニュース

小牧山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 清洲城
    • 125 清洲城
      • 平均評価:★★★☆☆(266位)
      • 見学時間:1時間5分(203位)
      • 攻城人数:757人(39位)
      • 城までの距離:約10km
    • 犬山城
    • 3 犬山城
      • 平均評価:★★★★☆(10位)
      • 見学時間:1時間27分(74位)
      • 攻城人数:1628人(5位)
      • 城までの距離:約10km
  • より多くの
    城を見る
    • 北外山城
    • 799 北外山城
      • 平均評価:★★☆☆☆(647位)
      • 見学時間:16分(689位)
      • 攻城人数:36人(538位)
      • 城までの距離:約2km
    • 南外山城
    • 798 南外山城
      • 平均評価:★★☆☆☆(641位)
      • 見学時間:16分(689位)
      • 攻城人数:41人(480位)
      • 城までの距離:約2km
  • より多くの
    城を見る

尾張の著名な城

愛知県の著名な城

小牧山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(480〜600くらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

小牧山城を本城にしている団員

以下のみなさんが小牧山城を本城として登録していますので、コメント欄で質問すれば助けてくれるかもしれません。

最近表示したお城

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る