紹介文

長篠城は徳川氏と武田氏の国境に存在する城で、愛知県から長野県や静岡県北部へ通じる交通の要衝にあったため、しばしば合戦の舞台になり奪いあった城です。なかでも1575年(天正3年)5月の「長篠の戦い」に先立ち、激しい攻防戦が行われたことで知られています。現在は国の史跡に指定され、城跡として整備されており、本丸付近には空堀や土塁が残っています。春は桜と新緑、秋は紅葉が美しく城址を彩り、また毎年5月5日の「長篠合戦のぼりまつり」では、合戦行列や火縄銃の実演が行われます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
長篠城は「日本100名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城

長篠城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

長篠城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 史跡保存館 の展示品が凄いです。他とはひと味違う迫真ものです。(2019/09/15)
  • 資料館の開館前に少し早く着いたので長篠城駅から来る途中に見逃した搦手門趾と瓢郭趾を見に戻り、大手門趾や蟻塚、馬場美濃守信房のお墓、弾正郭趾をぐるっと回った時間も含め90分。遺構より歴史的背景に惹かれます。資料館は手作りのプリントがたくさん置いてあり、色々頂いてきました。遺構は堀が見ごたえあります。資……(2019/09/12)
  • 長篠、設楽原戦場訪問 歩いて歩いて3時間あまりかかった(2019/09/09)
  • 建物は何もないが、曲輪が残り、幅広い空堀が壮大です(2019/08/18)
  • 義士、鳥居強右衛門の生き様好きです。(2019/08/12)
  • 長篠城に行く前に「設楽原歴史資料館」に立ち寄って、新城の戦国の歴史を学んで行くとより「長篠城址史跡保存館」を楽しめます。共通券を買うと110円お得です。ボランティアガイドの方がとても親切でした。(2019/07/13)
  • 最初に長篠城址史跡保存館に行き、その後、大通寺盃井牌、大通寺陣地、医王寺、武田勝頼本陣地(物見櫓)、天神山陣地、馬場美濃守の墓、と周って約2時間半でした。車で行けるところは車で行きました。この後は設楽原歴史資料館に行き、設楽原決戦場や信玄塚、馬房柵ほか多数を周り、こちらもざっと2時間半かかりました。……(2019/06/03)
  • 武田の深堀に感動できます。(2019/02/12)
  • 登城記念の御朱印を貰いに行ったが、3月で終わったそうです。(2019/05/23)
  • 火縄銃祭りがやってる日に行きました! ド迫力の火縄銃の斉射、会津からも、鉄砲衆が来るなど、歴史好きなら楽しめる祭りとなっております! その後山県や馬場の墓標巡りを満喫しました。(2018/05/05)
すべてを表示(192コメント)

長篠城について

長篠城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平城
標高(比高)60.1 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主菅沼元成
築城開始・完了年着工 1508年(永正5年)
廃城年1576年(天正4年)
主な改修者奥平信昌
主な城主菅沼氏、奥平氏
遺構曲輪(本丸跡、帯曲輪、野牛曲輪)、土塁、空堀、石垣
指定文化財国史跡(城跡の一部)
復元状況

更新日:2019/09/16 11:58:50

長篠城の観光情報

長篠城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 城址は見学自由
  • 長篠城址史跡保存館
    • 9:00〜17:00
    • 最終入館は16:30まで
料金(入城料・見学料)
  • 無料
  • 長篠城址史跡保存館
    • 小・中学生:100円
    • 高校生以上:210円
    • 団体割引あり(20名以上)
    • 設楽原歴史資料館との共通観覧券あり
休み(休城日・休館日)
  • 年中無休
  • 長篠城址史跡保存館
    • 毎週火曜日
    • 年末年始
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

長篠城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    20.02
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    19.75
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    27.29
  • 12時
    Clouds / few clouds
    30.53
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    29.83
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    24.79
  • 21時
    Clouds / few clouds
    21.85
  • 00時
    Clear / clear sky
    20.85

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Rain / light rain
    26.51
  • 18日
    Clouds / broken clouds
    26.92
  • 19日
    Clouds / scattered clouds
    25.76

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

長篠城の地図

地図アプリで見る

愛知県新城市長篠字市場22-1

長篠城へのアクセス

長篠城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR飯田線・長篠城駅から西へ徒歩7分
アクセス(クルマ)
  • 新東名高速道路・新城ICから5分
  • 東名高速道路・豊川ICから30分
駐車場

無料(30台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    長篠城周辺の宿・ホテル

      ホテルルートイン新城

      ◆2019年1月OPEN◆◆エアウィーブマットレス設置客室〔あり〕◆駐車場〔無料〕◆バイキング朝食〔無料〕◆活性石人工温泉大浴場〔完備〕◆全客室Wi-Fiご利用可能◆全客室LAN回線完備◆(評価:4.3、参考料金:4,050円〜)

      湯の風 HAZU

      渓谷を一望する絶景、露天風呂や屋外テラスからは眼下に四季折々に美しい宇連川を眺めます。IN・OUT12時の24時間ステイ♪『檜の露天風呂』では四季折々の絶景をお楽しみいただけます♪(評価:3.9、参考料金:5,400円〜)

      はづ別館

      【一人旅歓迎の宿】~お陰様でクチコミ総合4.2以上!お風呂は宇連川に面し、客室から川面を眺めているだけで時間を忘れ癒されます。静かな山あいの宿です。0泊2食の日帰り入浴プランも好評です♪(評価:4.4、参考料金:5,400円〜)

      漢方薬膳料理の宿 はづ木

      おかげさまでクチコミ総合4.5以上!純木造数奇屋造りの歴史ある空間で、中国漢方薬膳と上質な泉質の温泉をお愉しみ頂けます。豊かな自然と体にやさしい料理で心身ともにおくつろぎ下さい。(評価:4.6、参考料金:15,120円〜)

      湯谷温泉 旅荘みつい

      木造りの情緒あふれる宿。板敷川のせせらぎを耳にしながら、露天風呂でゆったりご入浴。ご夕食には、主人自らが創作した「田舎風懐石」を堪能。※現在内湯のみ源泉かけ流しとなっております。(評価:4.2、参考料金:4,320円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    長篠城の過去のイベント・ニュース

    長篠城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 古宮城
      • 古宮城
        • 平均評価:★★★☆☆(140位)
        • 見学時間:47分(221位)
        • 攻城人数:319人(177位)
        • 城までの距離:約13km
      • 井伊谷城
      • 井伊谷城
        • 平均評価:★★★☆☆(231位)
        • 見学時間:43分(235位)
        • 攻城人数:321人(175位)
        • 城までの距離:約13km
    • より多くの
      城を見る

    三河の著名な城

    愛知県の著名な城

    長篠城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    長篠城を本城にしている団員

    以下のみなさんが長篠城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    業政駈ける (角川文庫)

    長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
    信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
    そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
    いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

    solitarioさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る