小牧山城
小牧山城

[愛知県][尾張] 愛知県小牧市小牧町字八幡前


  • 平均評価:★★★★☆ 3.58(54位)
  • 見学時間:1時間19分(31位)
  • 攻城人数:2572(41位)

小牧山城の城主メモ 最新順

小牧駅よりバスに乗車、小牧市役所前バス停にて下車到着。れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)を見学後に大手道から復元土塁を西曲輪経由で山頂、模擬天守に至りました。

(2024/02/11訪問)

歴史館の前のブルーシートは外され、積み上がった石垣の虎口が現れていました。間近で整備作業を見る事が出来、興味深いです。

(2024/02/08訪問)

山頂南側斜面、歴史館正面にて石垣の整備が行なわれています。
歴史館へは入ることが出来ますが、少し通り辛いです。木の陰から積み上がった石垣の一部が見えました。

(2024/01/12訪問)

小牧山というだけあり 軽い登山という感じ
コースは複数あるので お好みのコースを選べます

(2023/09/10訪問)

大手道から登れますが、24年3月まで石垣の改修工事で通行できない箇所があります。麓のれきしるこまきで地図をもらって攻城すれば土塁・石垣・歴史館・虎口をしっかり見ることができ大規模なお城だったことがわかります。

(2023/12/17訪問)

映像資料が充実、子供でも楽しめます。

(2023/11/03訪問)

小牧駅から歩こうとしましたが、ちょうどコミニティバス「こまくる」の時間に間にあったためバスで向かいました。運賃も200円均一で、お城の真ん前で降りることができるのですごい便利でした。降りてすぐに見える土塁の高さが圧倒的で素晴らしかったです。

(2023/10/20訪問)

小牧山歴史館の展望室(標高100m)からの眺望はバツグン。単眼鏡でも犬山城や岐阜城の天守、ビル群の間に名古屋城の金鯱が確認できた。コイン式の観光用双眼鏡が2箇所にあるので、快晴の日は百円硬貨のご用意を。

(2023/08/20訪問)

JAFの割引は終了していました。

(2023/08/02訪問)

続100名城スタンプはお城の1階(無料エリア)にありました。せっかくなので有料展示(200円)の見学がお勧め。このチケットで麓の「れきしるこまき」も入館できます。毎月第3木曜日(祝日の場合翌日)は休館日!スタンプを押せないので要注意です!

(2023/07/21訪問)

北駐車場から登城しました。当時の物ではありませんが、石垣があり、また、高さのある土塁が見られます

(2023/07/23訪問)

石垣の整備がかなり進んでいました。また模擬天守の内装も綺麗になっており見違えました。

(2023/05/11訪問)

まあまあ、山を登ります。
山頂の博物館休館のときはトイレなども注意です。

(2023/05/13訪問)

名鉄小牧駅から徒歩で向かいました。城周辺には飲食店が少ないので、腹ごしらえは駅前がベストです。
小牧・長久手の戦いの展示資料には力を入れられてます。

(2022/11/19訪問)

最寄りのバス停は、小牧市役所前又は小牧山前です。

(2023/05/12訪問)

歴史館がリニューアルされたので行ってきました。館内のシアターも一新されて判りやすかったです。

(2023/04/22訪問)

ボランティアのおじさん達がとても親切でした。

(2023/04/16訪問)

小牧市歴史館は3月31日まで臨時休館です

(2023/03/13訪問)

れきしるこまきを先に訪れてから山を登ることをお勧めします。

(2023/02/11訪問)

れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)から歩いて10分ちょっとかかるので、閉門時間前であっても公園内から余裕を持って到着することをおすすめします。現在、展示物の改装工事の為、来年3月末までは入城することが出来ません。

(2022/11/28訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る