小牧山城
小牧山城

[愛知県][尾張] 愛知県小牧市小牧町字八幡前


  • 平均評価:★★★★☆ 3.58(54位)
  • 見学時間:1時間19分(31位)
  • 攻城人数:2572(41位)

主郭の玉石敷遺構、石枡遺構

主郭の玉石敷遺構、石枡遺構
ぐこ

発掘調査で見つかった二つの遺構が復元されています。
玉石敷遺構は、玉石が敷かれる範囲内に、立石と考えられる意図的に置いた巨石の存在などから、いわゆる「枯山水」のような庭園と考えられています。
石枡遺構は、石垣前面に流れる雨水などの水を一箇所に集めて地中に流して処理する、一種の「浸透枡」のような仕組みと考えられています。

   

この写真をいろんなキーワードで分類してみましょう。


カメラ情報

機種名Apple iPhone 8
ISO20
F値1.8
ホワイトバランスオート
シャッタースピード1/873
レンズ焦点距離4.0 mm
フラッシュフラッシュ未発光、強制発光モード
露出モード自動露出
露出時間1/873
画像方向

ぐこさんの当日の行程

小牧山城のほかの写真

すべてを表示

ぐこさんのほかの写真

すべてを表示

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る