ぐこ()さん 大老 サポーター   フォロー

走る歴女です。

ぐこさんのタイムライン

ぐこさん が  大野城(福岡県大野城市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-22)

ぐこさん が  水城(福岡県太宰府市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-22)

ぐこさん が  下坂氏館(滋賀県長浜市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-20)

ぐこさん が  対馬清水山城(長崎県対馬市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-20)

ぐこさん が  柏原陣屋(兵庫県丹波市) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-20)

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭北東三重堀切(東から)
主郭北東三重堀切(東から)

良い遺構なので倒木などで遺構が損傷されないといいなあ、と思いました。
三重堀切だけじゃなく、竪堀も大きいものが取り巻いています。
他の尾根先の堀切などとはダイナミックさがかなり違うので、時代が違ったりするのかなあ、と思いました。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭北東三重堀切(櫓台跡から)
主郭北東三重堀切(櫓台跡から)

主郭櫓台跡から見下ろしたところ。とてもダイナミックな堀切ですが、とても倒木が多いです。
櫓台跡からロープがあり、1度目はそちらから降りましたが、倒木が結構邪魔でした。
2度目は主郭北側の犬走りから堀切へ行き、そちらのが楽でした。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭南東竪堀
主郭南東竪堀

主郭北東にある櫓台直下は180度堀切竪堀密集地帯です。
三重堀切も良いけど、周りの竪堀もかなり大きくて良いです。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭南下尾根先の堀切
主郭南下尾根先の堀切

主郭南下の尾根先も律儀に三本小さい堀切があります。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭南下畝状竪堀群二段目
主郭南下畝状竪堀群二段目

書籍の縄張り図には派手に畝状竪堀群が描かれていますが、一段目も二段目、その下に書かれている横堀も薄いです。
ですが、木の根の盛り上がりとは異なる土の塊だなあとは思いました。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭南下尾根先畝状竪堀群一段目
主郭南下尾根先畝状竪堀群一段目

書籍には派手に畝状竪堀群が描かれていますが、一段目も二段目、その下の横堀も薄い遺構です。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-20)

主郭南側尾根上の郭
主郭南側尾根上の郭

このお城にはめずらしく、ガッツリ三方が土塁囲みです。
主郭以外の他の二つの大きい郭から派生した尾根上の郭はどこも小さいですが、主郭南下尾根上の郭は大きくて、居住空間があります。
郭はどこも虎口がシンプルだから、堀切などの遺構は素晴らしいし、お城の用途すら不明ではあるけれど、(戦国期末期の発達した縄張り)なのかなあ、という感想は持ちました。

ぐこさん が  白旗城(兵庫県上郡町) を「行きたいお城」に登録しました(2024-05-19)

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

主郭からの眺望
主郭からの眺望

書籍に(見渡す限り山しか見えない)とありましたが、南西方向の城山や麓までかなりよく見えます。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

主郭(西から)
主郭(西から)

山頂郭のほうが標高が高いですが、櫓台跡があり、東は三重堀切で防御しているし、南に派生する尾根上の郭もスペースがあるので、こちらが主郭になるのでしょうね。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

主郭北側切岸の石積み
主郭北側切岸の石積み

主郭は北側にも石積みが見られます。主郭東側の三重堀切へ降りていくのに、櫓台跡からロープでいくのは、倒木をたくさん潜らなきゃいけないです。北側の石積み下の犬走りから行く方が楽かもしれません。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

城趾プレート
城趾プレート

主郭東側櫓台跡前に城趾プレートがあります。
櫓台跡は石積みがところどころ残っています。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

山頂郭からの西側の様子
山頂郭からの西側の様子

山頂郭手前の堀切やそれが竪堀となって落ちているのがわかります。
山頂郭はうっすら低土塁で囲まれています。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

山頂郭南下の堀切
山頂郭南下の堀切

各尾根の先を律儀に二重堀切で断ち切ってありますが、必要あるのかな?と思える結構な斜面です。

ぐこさん が  男鬼入谷城(滋賀県彦根市) の写真をアップしました(2024-05-19)

山頂郭手前の堀切と小曲輪
山頂郭手前の堀切と小曲輪

山頂郭に向かう緩やかな斜面がボコボコに加工されています。山形食パンの上を歩くようです。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

塞王の楯

一乗谷の戦いから関ヶ原の戦いまで、強固な石垣を組み、城を守ろうとする石垣職人集団・穴太衆。強力が故に決して使われない砲をつくろうとする鉄砲職人集団・国友衆。己の信念を貫き、それぞれの技術の競いあう様を描いた歴史小説です。
石垣から当時の歴史が見えてくる、そんなことを考えさせてくれる一冊であると思いました。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る