紹介文

新発田城は新潟県内では唯一、江戸時代当時の城郭建築が現存する城跡です。実質的な天守とされる御三階櫓(三重櫓)は特徴的な構造で、丁字型の屋根になっており、棟上には3匹のシャチホコが載せられている新発田城だけに見られる大変珍しいものです。この三重櫓は1874年(明治7年)に破却されましたが、2004年(平成16年)に辰巳櫓とあわせて復元されました。積雪対策として用いられる海鼠壁も見ることができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
新発田城は「日本100名城」「重要文化財」「さくらの名城めぐり」「新潟県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 重要文化財
  • さくらの名城めぐり
  • 新潟県三名城

新発田城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

新発田城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 8年ぶりの登城(本城なので攻城ではない)。現存の表門や復元櫓、水堀など見るべきもは多いが見学地域が限られるのは残念。(2019/09/10)
  • 櫓に登れないのが残念でした。(2017/03/14)
  • 自転車で柴田駅から15分程度でした。レンタサイクルは駅の改札口(みどりの窓口)で受け付けていました。 100名城のスタンプを押していた人には門の扉の開き締めをさせてもらいました。(2019/08/31)
  • 今年2回目の攻城、雨の中9:00時の開門を見て前回行かなかった清水園行き合わせて3時間、近くの市島酒造も行きました(笑)(2019/06/30)
  • 3階櫓のそばに行けないのが残念。見学できるのが狭い範囲なので、外観を楽しむのが良いです。(2019/06/26)
  • 専用の駐車場は小さいが、「近くにアイネスしばた」という広い駐車場もあるので、車停める場所は困らないと思う。(2019/08/12)
  • 現地でボランティアの方が詳しく教えてくれました。自衛隊の敷地になってる部分って、自衛隊の一般開放の日とか公開できないんですかね。聞いてみればよかった。(2019/07/17)
  • 自衛隊の敷地のため、入れる場所は限られていますが、三重櫓は敷地外から見ても見事。隣接する白壁兵舎もオススメです。(2019/07/13)
  • 新発田駅から徒歩20分程。8:50ぐらいに着いて開門を見ようと待っていると、8:55頃に開けて下さいました。ボランティアの方が熱心に説明して下さいました。地元の熱意が感じられました。(2019/07/11)
  • 左右が雄で間に雌…T字三角関係の鯱にどんな意味が込められているのでしょう?それに海鼠壁は表門と旧二の丸隅櫓、三階櫓にある一方で、辰巳櫓にはありません。不思議が多い城です。(2019/07/06)
すべてを表示(119コメント)

新発田城について

新発田城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成梯郭式
縄張形態平城
標高(比高)9.2 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式層塔型
天守の階数3重3階
天守の種類復元(木造復元)天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1654年(承応3年)に創建された御三階櫓は、1668年(寛文8年)の火災により焼失した。その後、1679年(延宝7年)に再建された3重3階の御三階櫓を天守の代用としていたが、1874年(明治7年)に破却された。この御三階櫓は全国でも珍しい丁字形の大棟で、屋根には三基の鯱があがっている。2004年(平成16年)に御三階櫓が復元された。
築城主新発田氏
築城開始・完了年
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者溝口秀勝
主な城主溝口氏
遺構櫓、長屋、門、石垣、土塁、堀
指定文化財国の重要文化財(表門、二の丸隅櫓)
復元状況三階櫓、辰巳櫓

更新日:2019/09/16 09:10:39

新発田城の観光情報

新発田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00(11月のみ16:30)
料金(入城料・見学料)

無料

休み(休城日・休館日)
  • 期間中無休
  • 冬季非公開(12月〜3月は閉門)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

新発田城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(16日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    23.05
  • 06時
    Clear / clear sky
    22.23
  • 09時
    Clear / clear sky
    22.97
  • 12時
    Clear / clear sky
    24.39
  • 15時
    Clear / clear sky
    24.51
  • 18時
    Clear / clear sky
    24.21
  • 21時
    Rain / light rain
    23.95
  • 00時
    Rain / light rain
    23.60

明日以降の天気(正午時点)

  • 17日
    Rain / light rain
    23.65
  • 18日
    Clouds / overcast clouds
    23.05

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

新発田城の地図

地図アプリで見る

新潟県新発田市大手町6

新発田城へのアクセス

新発田城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR白新線/羽越本線・新発田駅より徒歩約20分
  • 新発田駅にレンタサイクルあり(営業期間:4月1日〜11月30日)
アクセス(クルマ)
  • 日本海東北自動車道・聖籠新発田ICより車で10分
駐車場

無料(100台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    新発田城周辺の宿・ホテル

      白玉の湯 華鳳 

       ロビーではピアノの音色がゆるやかに流れ、くつろぎのひと時を演出。館内随所から眺められる庭園や笑顔の接客、部屋または個室で頂く旬会席や館内の活け花。心癒す空間に硫黄の香る自家源泉も魅力の宿。(評価:4.8、参考料金:11,880円〜)

      新発田第一ホテル

      [お知らせ]テナントレストランの閉店の為、6月中旬より当面の間、素泊まりのみとなります。コンビニは近隣に御座います。観光に、ビジネスにとてもアクセス良好。(評価:4.0、参考料金:5,800円〜)

      新発田ニューホテルプラザ

      ゆったりとくつろげる間取りの広い客室。本格四川料理が味わえる「長江」。ビジネスはもちろん、会議・展示会・披露宴・宴会などあらゆるプランに対応できる(評価:3.8、参考料金:6,048円〜)

      ホテルルートイン新発田インター

      ■聖籠・新発田IC 周辺一高い緑の看板が目印!!■男女別大浴場 ■バイキング朝食付 ■無料駐車場(117台)■日本海東北道 聖籠・新発田ICより車で5分の好立地(評価:3.8、参考料金:5,400円〜)

      月岡温泉 摩周

      【2018泊まって良かった宿大賞 関東8位】【2018売れた宿大賞 新潟県2位】硫黄含有量全国2位の名泉を源泉100%で。地元食材を使用した出来立ての旬彩料理、飾らないおもてなしに再来するファンも多い。(評価:4.7、参考料金:16,200円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    新発田城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 村上城
      • 村上城
        • 平均評価:★★★★☆(76位)
        • 見学時間:1時間14分(72位)
        • 攻城人数:309人(185位)
        • 城までの距離:約32km
      • 米沢城
      • 米沢城
        • 平均評価:★★★☆☆(207位)
        • 見学時間:58分(163位)
        • 攻城人数:693人(100位)
        • 城までの距離:約68km
    • より多くの
      城を見る

    越後の著名な城

    新潟県の著名な城

    新発田城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    新発田城を本城にしている団員

    以下のみなさんが新発田城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    業政駈ける (角川文庫)

    長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
    信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
    そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
    いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

    solitarioさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る