新発田城
新発田城

[新潟県][越後] 新潟県新発田市大手町6


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.34(--位)
  • 見学時間:51分(--位)
  • 攻城人数:1489(105位)

新発田城の城主メモ 最新順

中心部が自衛隊の駐屯地になっているため、見学できるエリアは限られており、有名な三階櫓も堀越しに眺めることになります。しかし、重要文化財指定の表門と隅櫓は無料で内部公開されており、海鼠壁も間近で堪能できます。

(2023/08/18訪問)

別名「菖蒲城」の風情を味わいたく、あやめ祭りの期間に訪れました。
外様大名ながら12代にわたり転封の無い稀な大名、溝口家の繁栄の歴史を味わえるのが、近隣の「清水園」です!
藩祖溝口秀勝は古田織部の茶会にも招かれ、代々、茶の湯の造詣も深く、それらの新発田藩資料、旧新発田藩足軽長屋なども見応えがあります。

(2023/06/17訪問)

観光情報センターで自転車を借りて、清水園、足軽長屋、白壁兵舎などとセットで回りました。自衛隊の白壁兵舎内にも、新発田城関連の展示がありました。

(2023/05/21訪問)

表門で販売されてるパンフレットは買いです。

(2023/04/30訪問)

外ヶ輪八幡神社(鬼門鎮護)→城址公園内で櫓・門・水堀・土塁を見学→福勝寺(新発田重家の開基)→宝光寺(溝口家菩提寺)→清水園(新発田藩大名庭園)・足軽長屋・武家屋敷・諏訪神社(祭神・初代藩主の溝口秀勝)と回りました。

(2022/09/30訪問)

新発田駅から歩いて30分くらいで攻城しました。
地図を見ていたら最初自衛隊の入口についてしまったので堀部安兵衛の銅像を目印に行くとわかりやすいかもです。

(2019/07/07訪問)

城門にいらっしゃるボランティアの皆さんが親切。城趾自体は自衛隊の駐屯地になっており、すぐに攻城できてしまいますが、それを補って余る親切さに感動です。

(2022/08/28訪問)

新発田城址公園駐車場に停めて攻城。100名城スタンプは新発田城表門、入ってすぐのところにに置いてあります。三階櫓が有名ですが表門や二の丸隅櫓等見所いっぱいです。

(2022/07/18訪問)

JR新発田駅から北西へ向かうと新発田市役所がある。さらにその北西側が城郭。

(2022/04/30訪問)

駅前先の観光情報センターのレンタサイクルにて攻城しました。JR利用100円引きの300円で借りることができます。

(2022/04/19訪問)

行ったときスタッフの数が多く、みなさん親切でお城の詳しい説明もしてくれます。

(2022/04/04訪問)

水堀が大変キレイです。
あと、100名城スタンプを押した人だけがもらえるパンフレットを表門でいただきました。情報が多く、非常に良いパンフレットでした。
清水園も、珍しい足軽長屋やキレイな庭園があってオススメです。

(2021/07/23訪問)

陸上自衛隊白壁兵舎広報資料館は月曜日休館なので気を付けてください。

(2021/04/12訪問)

新発田駅のレンタサイクルは貸し出しを中止していました。城址と足軽長屋は離れた位置にあるので自転車だと便利なのですが。

(2021/04/16訪問)

新発田駅から徒歩で登城(本城なので攻城ではない)。冬季で閉門中ですが外観は見ることができました。隣接する白壁兵舎広報資料館に新発田城の模型などの展示がありました(100名城スタンプもあります)。登城後、清水園・足軽長屋を見学して駅に戻りました。

(2021/03/07訪問)

冬季は、門が開放されていないので春になってからがオススメですね。

(2021/03/05訪問)

新発田駅より徒歩20分です。スタンプは新発田城表門にあります。見どころは三階櫓・隅櫓・辰巳櫓・切込接石垣です。三階櫓は自衛隊の敷地内ですので、堀外からしか見ることができません。冬季は閉館しているので注意が必要です。

(2020/11/13訪問)

三階櫓を堀の外側から見て、三階櫓の三つ有る鯱を遠目に確認。
水堀、石垣など見ながら、表門へ、櫓門である表門の二階、辰巳櫓内部、鉄炮櫓内部など見学。
三階櫓を近くで見たり、内部に入れないのはやはり物足りなかったです。

(2020/11/13訪問)

春日山城から転戦ですが降雨なので新発田駅からタクシーで攻城しました。タクシー代は行きが990円で帰りはお迎え料込みで1000円でした。

(2020/10/24訪問)

駅からタクシーで1000円弱でした。三階櫓は近くによって見たいですね

(2020/10/30訪問)
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

首都圏発 戦国の城の歩きかた

戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る