紹介文

鶴ヶ岡城は江戸時代は庄内藩の藩庁となった城で、直江兼続、最上義光、酒井忠勝といった名だたる武将とかかわりがあります。もともとこの地に最初に城が築かれたのは鎌倉時代初期で、当時は大宝寺城と呼ばれていました。鶴ヶ岡城と改名されたのは1603年(慶長8年)、最上時代のことです。その後「最上騒動」により改易となったため、譜代大名の酒井忠勝が出羽庄内藩の初代藩主として入り、幕末まで酒井氏が城主をつとめました。現在、本丸・二の丸跡周辺は「鶴岡公園」として整備されており、桜の名所として日本さくら名所100選に選ばれています。また、三の丸跡に残る酒井家御用屋敷跡庭園は酒井氏庭園として1976年(昭和51年)に国の名勝に指定されたほか、公園の南東に残る藩校「致道館」は東北地方に唯一現存する藩校として国の史跡に指定されています。

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
鶴ヶ岡城は「続日本100名城」「山形県三名城」「さくらの名城めぐり」のバッジに登録されています。

  • 続日本100名城
  • 山形県三名城
  • さくらの名城めぐり

みんなのクチコミ

鶴ヶ岡城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城の遺構は少ないですが、致道博物館や致道館や藤沢周平記念館など周囲に見所が多いです。(2024/07/04訪問)
  • 城趾は思ったよりコンパクトで荘内神社も落ち着いた雰囲気で良かったです。致道館が趣きあって良かったのでおすすめです。(2024/06/01訪問)
  • 致道博物館を見学してから鶴ケ岡城址公園を見学するのが駐車場がスムーズです。(2024/04/23訪問)
  • 鶴岡駅からバス。城自体は見るべきものは少ないが、周辺を散策すると城下町の風情を感じさせてくれる。(2019/09/10訪問)
  • 紅葉が綺麗な時期で、堀と石垣に映えて美しかったです。藤沢周平記念館は、直筆の原稿が展示されており、時代劇ファンにとっては感激ものでした。また、致道博物館では、酒井家名宝展が開催中で、国宝の刀剣が二振り、重文の甲冑が展示されていました。(2019/11/03訪問)
  • 本丸に藤沢周平記念館があります。ちょうど桜が満開で見事でした。(2024/04/16訪問)
  • 荘内神社でスタンプを押印し、城パンフレットを聞いたが無いとのことです。至道博物館800円に城模型がある。(2023/11/07訪問)
  • 場内の荘内神社、ご祭神は海老すくいの酒井忠次 神社のおみくじもエビで鯛をすくう。(2023/08/18訪問)
すべてを表示(57コメント)

鶴ヶ岡城について

鶴ヶ岡城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

輪郭式

縄張形態

平城

標高(比高)

18.5 m

城郭規模

内郭:--  外郭:--

天守縄張、天守形式

 

天守の階数

 

天守の種類

非現存天守 天守の分類

天守の高さ

 

天守台石垣の高さ

 

天守の広さ(延床面積)

 

天守メモ

酒井氏の時代には本丸北西隅に天守代用の二重櫓があった。

築城主

大泉氏(武藤氏)

築城開始・完了年

着工 鎌倉時代初期

廃城年

1871年(明治4年)

主な改修者

直江兼続、最上義光、酒井忠勝

主な城主

武藤氏、上杉氏、最上氏、酒井氏

遺構

土塁、石垣、堀、藩校、庭園

指定文化財

国史跡(藩校)、国の名勝(三の丸庭園)

復元状況

鶴ヶ岡城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)18.5 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式
天守の階数
天守の種類非現存天守 天守の分類
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ酒井氏の時代には本丸北西隅に天守代用の二重櫓があった。
築城主大泉氏(武藤氏)
築城開始・完了年着工 鎌倉時代初期
廃城年1871年(明治4年)
主な改修者直江兼続、最上義光、酒井忠勝
主な城主武藤氏、上杉氏、最上氏、酒井氏
遺構土塁、石垣、堀、藩校、庭園
指定文化財国史跡(藩校)、国の名勝(三の丸庭園)
復元状況

登録日:2016/08/20 16:53:30

更新日:2024/07/13 03:30:16

鶴ヶ岡城の観光情報

鶴ヶ岡城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

鶴ヶ岡城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

鶴ヶ岡城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(13日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    18.42
  • 06時
    Clear / clear sky
    20.02
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    23.70
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    24.82
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    25.03
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    22.90
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    21.08
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    20.59

明日以降の天気(正午時点)

  • 14日
    Clouds / overcast clouds
    26.59
  • 15日
    Rain / light rain
    24.86
  • 16日
    Rain / light rain
    26.61
  • 17日
    Rain / light rain
    25.77

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

鶴ヶ岡城の地図

鶴ヶ岡城へのアクセス

鶴ヶ岡城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR羽越本線・鶴岡駅から徒歩20分
  • JR羽越本線・鶴岡駅から庄内交通バス「湯野浜温泉行き」(または「温海営業所行き」、「鶴岡市内廻り2コース」、「鶴岡市内廻り4コース」)に乗り「鶴岡市役所前」下車、徒歩3分

アクセス(クルマ)

  • 山形自動車道・鶴岡ICから10分

駐車場

あり(無料)

鶴ヶ岡城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR羽越本線・鶴岡駅から徒歩20分
  • JR羽越本線・鶴岡駅から庄内交通バス「湯野浜温泉行き」(または「温海営業所行き」、「鶴岡市内廻り2コース」、「鶴岡市内廻り4コース」)に乗り「鶴岡市役所前」下車、徒歩3分
アクセス(クルマ)
  • 山形自動車道・鶴岡ICから10分
駐車場

あり(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    鶴ヶ岡城周辺のスポット

    鶴ヶ岡城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

    鶴ヶ岡城の過去のイベント・ニュース

    鶴ヶ岡城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 村上城
      • 村上城
        • 平均評価:★★★★☆(--位)
        • 見学時間:1時間7分(--位)
        • 攻城人数:897人(177位)
        • 城までの距離:約63km
      • 山形城
      • 山形城
        • 平均評価:★★★☆☆(64位)
        • 見学時間:1時間9分(46位)
        • 攻城人数:1871人(87位)
        • 城までの距離:約68km
    • より多くの
      城を見る

    出羽の著名な城

    山形県の著名な城

    鶴ヶ岡城といっしょに旅行するのにオススメの城

    鶴ヶ岡城を本城にしている団員

    以下のみなさんが鶴ヶ岡城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    全国 御城印 大図鑑

    全国の御城印情報を網羅したこの1冊。手に取って感じたのは、編集部の皆様の尽力だけでなく、攻城団の全員で作られたもの、ということです。
    各地の御城印の最新情報や、掲載されている現地の写真等を提供してくださった団員の皆様も、この書籍の作者。まさに「著者:攻城団」という逸品です。
    団員の皆様はもちろん、城郭や御城印に興味のある全ての方に薦めたい一冊です。

    ロンさんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る