不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。自分がウイルスを家庭や会社に持ち込んでしまったり、あるいは現地に運んでしまうリスクを最小化するために、当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

上山城は江戸時代には藤井松平氏の居城として知られています。戦国時代には最上氏の最南端の城塞であり、米沢の伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となりました。城主を務める氏族がめまぐるしく変わった城ですが、土岐氏が城主だった頃には近世城郭として整備され「羽州の名城」と謳われました。奥羽三名城のひとつに数えられます。現在は月岡公園として整備されており、一部は月岡神社境内になっています。二の丸跡には立派な望楼型の模擬天守が建てられており、郷土歴史資料館として利用されています。

攻城団編集部

上山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

上山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城の近くにある共同温泉「下大湯」もおすすめです。(2020/03/21)
  • GW時期は天守にこいのぼりが設置されるので、下から見上げるのと天守から窓の外で泳ぐ様子を見るのが楽しいです(2015/05/04)
  • 成沢城あとから最寄りバス停山形温泉口から山交バスで高松葉山温泉行きで約20分くらいで上山城すぐそばの上山城口のバス停に着き、徒歩で5分くらいで模擬天守の上山城郷土資料館に着きました。最寄りのかみのやま温泉駅まで徒歩で約10分くらいです。模擬天守隣に月岡公園と月岡神社があり、神社一角に本丸にあったとさ……(2020/02/16)
  • 数年ぶりの登城。天守の中の展示は見た目の規模以上に見応えがあります。武家屋敷や足湯もあり、周辺にも見所があります。小さい城ですが住民の方に愛されていると感じました。(2020/02/11)
  • 化粧直しが終了したので、御城印入手かたがた攻城しました。駐車場は完備です。(2019/10/13)
  • かみのやま温泉駅から徒歩で約10分。 模擬天守内は郷土資料館になっていています。(420円)(2019/10/05)
  • 武家屋敷跡や足湯めぐりもお勧めです。また日帰り温泉もありますので、時間に余裕がある方は是非どうぞ。(2019/09/21)
  • 模擬天守内の展示が美術的にも歴史的にも丁寧で凝っていると感じました。最寄駅からも近く売店や公園、足湯(!)もあり、ファミリー層にも幅広く楽しめるお城かと思います。(2019/09/14)
  • かみのやま温泉駅から徒歩。模擬とはいえ、立派な天守で中の資料も充実しています。周辺の城下町を散策して駅に戻る。(2019/09/13)
  • 美しい天守で高台にあり、眺望も素晴らしい。是非お立ち寄りください。(2019/09/03)
すべてを表示(74コメント)

上山城について

上山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)197.2 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式望楼型
天守の階数3重4階
天守の種類模擬天守
天守の高さ
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)
天守メモ1982年(昭和57年)10月、二の丸跡に鉄筋コンクリート造の模擬天守が建てられている。
築城主武衛義忠
築城開始・完了年着工 1535年(天文4年)
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者松平(能見)重忠
主な城主上山氏、能見松平氏(4万石)、蒲生氏(4万石)、土岐氏(2万5千石)
遺構石垣、土塁、堀
指定文化財
復元状況模擬天守

更新日:2020/04/09 01:49:06

上山城の観光情報

上山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜16:45
料金(入城料・見学料)
  • 大人:420円
  • 高校・大学生:370円
  • 小中学生:50円
  • 団体割引あり(20名以上)
休み(休城日・休館日)
  • 年末(12月29日~31日)
トイレ

あり

コインロッカー
写真撮影

館内は一部撮影禁止。また撮影可能なエリアについてもブログやSNS等に掲載する場合は受付にて申請が必要。

バリアフリー

上山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(09日)の天気

  • 03時
    Snow / light snow
    4.05
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    3.32
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    6.70
  • 12時
    Rain / light rain
    9.68
  • 15時
    Rain / light rain
    10.01
  • 18時
    Clouds / few clouds
    6.20
  • 21時
    Clouds / few clouds
    4.01
  • 00時
    Snow / light snow
    4.48

明日以降の天気(正午時点)

  • 10日
    Snow / snow
    4.07
  • 11日
    Rain / light rain
    7.48
  • 12日
    Clouds / broken clouds
    9.55
  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    7.40

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

上山城の地図

上山城へのアクセス

上山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR奥羽本線・かみのやま温泉駅から徒歩10分
アクセス(クルマ)
  • 東北中央自動車道・山形上山ICから10分
  • 東北中央自動車道・南陽高畠ICから30分
駐車場

無料(100台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    上山城周辺の宿・ホテル

      季節のこだわりバイキングと美肌の湯の宿 仙渓園 月岡ホテル

      上山城の史跡と歩み375年。山形の美味を丸ごと味わう「季節のこだわりバイキング」と美肌の湯を堪能。2019年誕生の和モダンベッド付客室から温泉付き客室までバラエティ豊かなお部屋でお寛ぎ下さい。(評価:3.6、参考料金:6,400円〜)

      果実の山 あづま屋(かみのやま あづまや)

      東北唯一の【山形牛の専門旅館】お手頃な価格でお肉を楽しむだめだけに設計した創作料理!新進気鋭の若手料理長が選ぶ!山形牛・米沢牛を最高の調理法で。基本のお料理プランはすべて牛肉を楽しむ設計!(評価:4.2、参考料金:5,500円〜)

      花明りの宿 月の池

      花とあかりをコンセプトにした幻想的な館内。目にも鮮やかな夕食はオーナー料理長の郷土色豊かな懐石料理。出来立てをひと品ずつご提供。源泉かけ流しの檜露天では湯船に浮かぶ花明りの風情をお愉しみ(評価:4.9、参考料金:15,400円〜)

      5つの温泉貸切風呂が楽しめる宿 有馬館

      【お陰様でじゃらん売れた宿大賞にて5年連続受賞の実績】5つの無料貸切露天+大浴場が人気! 山形牛をはじめ、自然の恵みをふんだんに使った『ごっつぉ(ごちそう)』で、お客様の心とお腹を満たします。  (評価:4.1、参考料金:4,950円〜)

      別館 ふじや旅館

      開湯長禄2年(1459年)上山温泉からちょっぴり外れた、閑静な場所にある「ふじや旅館」。良質な温泉で寛ぎ、山形県食材を扱ったお食事を愉しみ、日頃の疲れを癒しにいらして下さい。(評価:4.0、参考料金:5,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    上山城の過去のイベント・ニュース

    周辺にあるお城など

      • 山形城
      • 山形城
        • 平均評価:★★★☆☆(71位)
        • 見学時間:1時間8分(74位)
        • 攻城人数:1001人(81位)
        • 城までの距離:約11km
      • 米沢城
      • 米沢城
        • 平均評価:★★★☆☆(139位)
        • 見学時間:55分(123位)
        • 攻城人数:814人(103位)
        • 城までの距離:約31km
    • より多くの
      城を見る

    出羽の著名な城

    山形県の著名な城

    上山城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    上山城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    童の神

    平の将門の乱以降、藤原道長を中心とした京の都からの圧政に抗い、鬼と呼ばれる者たちを描いた歴史小説です。
    賤ヶ岳の七本槍と石田三成を描いた”八本目の槍”が凄く面白かったので、作者、今村翔吾先生の本をもっと読んでみたいと思い購入しました。
    以下解説引用。
    土蜘蛛、滝夜叉、山姥…などの恐ろしげな名で呼ばれ、京人から蔑まれていた。一方、安倍晴明が空前絶後の凶事と断じた日食の最中に、越後で生まれた桜暁丸は、父と故郷を奪った京人に復讐を誓っていた。様々な出逢いを経て桜暁丸は、童たちと共に朝廷軍に決死の戦いを挑むが―。皆
    皆が手をたずさえて生きられる世を熱望し、散っていった者たちへの、祈りが描かれております。

    デュラけんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る