苗木城
苗木城

[岐阜県][美濃] 岐阜県中津川市苗木


  • 平均評価:★★★★☆ 4.27(2位)
  • 見学時間:1時間20分(36位)
  • 攻城人数:1305(78位)

武器蔵跡、具足蔵跡

苗木城には武器蔵、具足蔵と呼ばれる建物がありましたが、現在は礎石のみが残されています。

現地に設置されている案内板の内容を紹介します。

武器蔵(ぶきぐら)
長さ8間(約16m)、奥行3間(約6m)の土蔵。
建物の長さから別名八間蔵といわれ、大名遠山家が所持していた鉄砲や弓等の武器類が納められていた。
現在は一部建物土台が崩壊しているが、礎石や縁石が往時のまま残されている。
具足蔵(ぐそくぐら)
本丸口門から見て右側の崖上にあり、2間3尺、3間の建物である。
ここには領主の具足や旗が保管され、別名旗蔵(はたぐら)とも呼ばれていた。
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

苗木城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

家康<一> 信長との同盟 (幻冬舎時代小説文庫)

地元の新聞に連載されていたので愛読していましたが、この度文庫化されたので、購入し再読しました。第1巻は桶狭間から清州同盟まで描かれています。

桶狭間合戦で今川義元が討ち死にすると、家康は難なく岡崎城に戻って今川家から独立し、信長と同盟した印象を持っていましたが、実はそうでもなく、綱渡り的な展開だったことに少々驚きました。我々は歴史の結末を知っているので、歴史の流れを「当たり前」と思うことが少なからずありますね。

藤式部卿さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る