全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。訪問先の状況を踏まえた上で慎重に判断をし、出かける際は十分な予防対策をおこなうよう心がけてください。

紹介文

神指城は上杉景勝直江兼続に命じて築かせようとしていた城で、未完成のまま「関ケ原の戦い」に突入したため完成されることなく破却されました。このとき加藤明成が石垣をすべて会津若松城へ運び去ったため、城址には一部に土塁が残るのみです。現在、城址は田んぼになっています。なお、築城前から生えていたケヤキ、「高瀬の大木」が国指定天然記念物に選ばれているので、これを目印にするといいでしょう。

神指城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

神指城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 会津町方伝承館でレンタサイクルを借り20分程。四隅の土塁が残っている上、周囲は農地で見通しが良いので規模感を把握しやすいです。方形居館?と思ったが、米沢城や越後福島城と似ているとのコメントを見て納得。あと神指小学校に石垣の石が1つだけ置かれています。(2019/08/31訪問)
  • 会津若松城で観光用のレンタサイクル500円を借りて攻城。会津若松市内の道を間違わずに抜けて、49号線に出れたら、基本、一本道で約30分くらいで着きました。城メモにある通り、高瀬の大木を目指して進み、そこからさらに300メートルくらいのところに本丸あとがあり、その場所より右手奥に天守台予定地の標柱があ……(2019/07/14訪問)
  • 案内板付近に駐車スペースがなく、往来もそれなりにあるので長時間の停車は不可能です。しかし、本丸を囲む農道を進み、天守台付近まで行くと1台ほど駐車可能なスペースがあります。ただし、天守台は私有地となっており入場はできません。また、一部が墓地として利用されています。(2019/06/04訪問)
  • 高瀬の大木の土塁のところから田んぼ道を歩いて本丸跡の土塁の回りをぐるりとまわりましたが相当広いです。途中「天守閣予定・・・」と下が草で見えない標柱が気になりましたが私有地のため確認できず。 本丸跡のグランド奥の遊歩道は途中から藪で入れませんでしたが、ポストの中にあった神指城のプリントにある地図に「天……(2019/06/03訪問)
  • 土塁くらいですが、大河ドラマの影響もあってか説明はしっかり表示されていました。(2011/05/03訪問)
  • 高瀬の大木近くの道路端に駐車しました。 ケヤキの大木、案内板、石垣の礎石がありました。 案内板を読むと広大さが分かります。(2019/03/01訪問)
  • 駐車スペースがない。昭和40年代までは遺構ももっと残っていたのだが、圃場整備されて、現在の姿になっています。(2016/10/31訪問)
  • 二の丸北東隅の大ケヤキのあたりに車を1台程停めるスペースがあります 遺構がほとんどなくまた道路が狭いので一周するのに苦労しました(2017/06/19訪問)
  • 涙橋を見てから城址へ。周辺が道路工事中で迂回しないと辿り着けませんでした(2018/10/02訪問)
  • 適当なバスがなく、会津若松駅から1時間かけて徒歩で攻城。けやきのあるやぐら跡から広大な城域を眺め、本丸周辺を散策して、再び駅まで歩く。レンタサイクルを借りればよかったと反省。(2018/08/05訪問)
すべてを表示(28コメント)

神指城について

神指城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成輪郭式
縄張形態平城
標高(比高)201.2 m( -- )
城郭規模内郭:5.6 ha  外郭:55 ha
天守メモ天守の建造途中に廃城となったため未完。
築城主上杉景勝
築城開始・完了年着工 1600年(慶長5年)
廃城年1601年(慶長6年)
主な改修者
主な城主
遺構本丸遺構
指定文化財
復元状況

更新日:2020/08/04 03:45:59

神指城の城メモ

神指城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

神指城の観光情報

神指城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

神指城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(04日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    20.75
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    22.08
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    28.97
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    32.33
  • 15時
    Rain / light rain
    31.19
  • 18時
    Rain / moderate rain
    24.71
  • 21時
    Rain / light rain
    22.57
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    21.51

明日以降の天気(正午時点)

  • 05日
    Clouds / scattered clouds
    32.35
  • 06日
    Clouds / overcast clouds
    34.02
  • 07日
    Clouds / overcast clouds
    31.73
  • 08日
    Rain / light rain
    23.55

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

神指城の地図

神指城へのアクセス

神指城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 路線バス「黒川」下車、徒歩15分
アクセス(クルマ)
  • 磐越自動車道・会津若松ICから約10分
駐車場

なし ※路駐できるスペースはあり

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    神指城周辺の宿・ホテル

      ホテル大阪屋

      城下町の中心部、会津五街道の起点に位置し、ビジネスや観光、家族旅行まで多目的に便利。個別空調、全室バス・トイレ付で館内に2つの貸切風呂もある。有線LAN・無線LAN2つの回線全室完備。(評価:4.2、参考料金:4,200円〜)

      中町フジグランドホテル

      隣接する平面大駐車場(宿泊者無料)は早めの駐車や翌日の昼まで駐車OK新型コロナウイルス拡大防止から休業していたレストラン「ラ・メール」は 5/16(土)より営業再開しました。(評価:3.9、参考料金:4,500円〜)

      ホテルタカコー

      会津若松の繁華街へ1分お城へ7分の好立地。観光にも便利。(評価:3.8、参考料金:4,900円〜)

      絶景露天風呂と貸切風呂が自慢の宿 東山温泉 庄助の宿 瀧の湯

      今年も【じゃらん OF THE YEAR 2019】 東北『第1位』連続受賞♪ (11~50室部門・通算9度目)♪創業130余年、『会津東山温泉発祥の湯』開湯1300年の有難い湯♪数々の文人墨客に愛された会津の『老舗湯宿』♪(評価:4.2、参考料金:4,950円〜)

      くつろぎ宿 新滝

      11年連続じゃらんOF THE YEAR東北1位受賞(51~100室/11~50室)渓流沿露天が人気♪源泉掛流しが自慢の4種のお風呂、会津の文化がぎっしり詰まった創作郷土料理に地酒を堪能【2017年4月より全客室禁煙】(評価:4.5、参考料金:5,300円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    神指城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 会津若松城
      • 会津若松城
        • 平均評価:★★★★☆(23位)
        • 見学時間:1時間25分(29位)
        • 攻城人数:1989人(20位)
        • 城までの距離:約4km
      • 向羽黒山城
      • 向羽黒山城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間7分(--位)
        • 攻城人数:368人(204位)
        • 城までの距離:約7km
    • より多くの
      城を見る

    陸奥の著名な城

    福島県の著名な城

    神指城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    神指城を本城にしている団員

    以下のみなさんが神指城を本城として登録しています。

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大阪城話

    ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
    ①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
    ②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
    ③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
    ⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
    等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

    村の芳ちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る