紹介文

尼崎城は1617年(元和3年)に入封した戸田氏鉄によって築かれた城です。一国一城令後の築城であり、本丸には4重4階の天守が築かれるなど、5万石の大名には大きすぎる居城でしたが、これは幕府が西国大名の監視を命じていたためです。1635年(寛永12年)に氏鉄が大垣城へ転封となると、替わって入封した青山幸成によって改修されました。1711年(宝永8)以降は桜井松平氏が城主をつとめ、そのまま明治維新まで残ったのですが、1873年(明治6年)に廃城となっています。2015年(平成27年)、旧ミドリ電化(現エディオン)創業者の安保氏が私財を投じて天守を建設することが発表され、2018年(平成30年)11月に尼崎市に寄贈されました。現在は尼崎城址公園内で一般公開されています。

ご当地缶バッジ販売中

攻城団限定のオリジナル缶バッジをオンラインショップで販売中。ぜひお買い求めください!
ショップを見る

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
尼崎城は「ひょうご桜の名城」のバッジに登録されています。

  • ひょうご桜の名城

みんなのクチコミ

尼崎城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 尼崎市立歴史博物館、尼崎城天守閣、尼信会館の順に見学しました。博物館と尼信会館は入場無料で博物館には本丸のジオラマ模型、尼信会館には尼崎城全体のジオラマ模型が展示されており、必見です。(2024/04/19訪問)
  • 近くにある尼崎市立歴史博物館(実際の本丸の位置)が素晴らしいです。少し歩きますが尼信会館の無料展示もぜひ見てほしい。(2024/01/30訪問)
  • 阪神電車尼崎駅から徒歩で。1階にあるお城ポストに投函すると尼崎城の風景印(消印)が押される。そこで絵はがきと切手も買えるので攻城の記念スタンプとして自分宛に送っても。(2019/06/22訪問)
  • 復興天守の中は、家族連れの方は楽しめると思います。城好きマニアの方は、近くの尼崎市立歴史博物館も訪ねることをお勧めします。(2020/11/01訪問)
  • JR尼崎駅からすぐです。綺麗な石垣と天守があります。近くにある尼信の貯金箱博物館は無料でおすすめです。(2019/12/20訪問)
  • 天守の目の前、図書館の横のコイン駐車場が空いていれば便利。17時を過ぎていたので天守内には入場出来ず。天守はどの角度から見ても迫力があり夏空にも映えるので気分が上がります。高槻城、明石城とともに徳川大坂城が完成するまでの西国や山城の国への備えとしてこの地に堅守な城があったことに想いを馳せる。(2019/08/12訪問)
  • 新しく作られた模擬天守の尼崎城に行ってきましたが、VRを初めとして歴史を遊びながら学べる小型のテーマパークのような装いで結構楽しめました。(2019/07/28訪問)
  • 素晴らしい再建のお城です。安保さん凄いですね。 中の萩原一青さんのお城手拭いは見学必須です。(2024/02/22訪問)
すべてを表示(81コメント)

尼崎城について

尼崎城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

平城

標高(比高)

2.6 m

城郭規模

内郭:--  外郭:--

天守縄張、天守形式

複合連結式層塔型

天守の階数

4重5階

天守の種類

復興天守 天守の分類

天守の高さ

24 m

天守台石垣の高さ

 

天守の広さ(延床面積)

1400 m2

天守メモ

1617年(元和3年)頃に戸田氏鉄によって築かれた天守は4重4階で高さは16.8m。1875年(明治8年)に城地が払い下げられ、1879年(明治12年)までに取り壊された。家電量販店ミドリ電化(現・エディオン)創業者の安保詮氏が施主となり、2016年(平成28年)12月から再建され、2018年(平成30年)11月30日に竣工すると尼崎市に寄贈された。一般公開は2019年(平成31年)3月29日。

築城主

戸田氏鉄

築城開始・完了年

着工 1617年(元和3年)

廃城年

1873年(明治6年)

主な改修者

青山氏でほぼ完成

主な城主

戸田氏鉄、青山氏、松平忠喬

遺構

指定文化財

復元状況

天守、石垣、土塀

尼崎城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平城
標高(比高)2.6 m( -- )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合連結式層塔型
天守の階数4重5階
天守の種類復興天守 天守の分類
天守の高さ24 m
天守台石垣の高さ
天守の広さ(延床面積)1400 m2
天守メモ1617年(元和3年)頃に戸田氏鉄によって築かれた天守は4重4階で高さは16.8m。1875年(明治8年)に城地が払い下げられ、1879年(明治12年)までに取り壊された。家電量販店ミドリ電化(現・エディオン)創業者の安保詮氏が施主となり、2016年(平成28年)12月から再建され、2018年(平成30年)11月30日に竣工すると尼崎市に寄贈された。一般公開は2019年(平成31年)3月29日。
築城主戸田氏鉄
築城開始・完了年着工 1617年(元和3年)
廃城年1873年(明治6年)
主な改修者青山氏でほぼ完成
主な城主戸田氏鉄、青山氏、松平忠喬
遺構
指定文化財
復元状況天守、石垣、土塀

更新日:2024/05/28 03:28:18

攻城団グッズ

尼崎城には「ご当地缶バッジ」「攻城団コラボチラシ」があります。入手場所など詳しくは城メモをご覧ください。
(入手したらコレクションで管理しましょう!)

  •  ご当地缶バッジ
  •  ご当地缶バッジ
  •  攻城団コラボチラシ

尼崎城の観光情報

尼崎城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

  • 9:00〜17:00
  • 最終入城16:30

料金(入城料・見学料)

  • 大人:500円
  • 小中高:250円
  • なお天守1階は無料エリア

休み(休城日・休館日)

  • 月曜日 ※ただし月曜日が祝日等にあたる場合は開館し、翌日火曜日が休館
  • 年末年始(12月29日~1月2日)

トイレ

天守内にあり

コインロッカー

 

写真撮影

  • 館内撮影OK
  • ただし2階VRシアターの動画撮影はNG

バリアフリー

 

尼崎城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 9:00〜17:00
  • 最終入城16:30
料金(入城料・見学料)
  • 大人:500円
  • 小中高:250円
  • なお天守1階は無料エリア
休み(休城日・休館日)
  • 月曜日 ※ただし月曜日が祝日等にあたる場合は開館し、翌日火曜日が休館
  • 年末年始(12月29日~1月2日)
トイレ

天守内にあり

コインロッカー
写真撮影
  • 館内撮影OK
  • ただし2階VRシアターの動画撮影はNG
バリアフリー

尼崎城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(28日)の天気

  • 03時
    Rain / moderate rain
    22.41
  • 06時
    Rain / heavy intensity rain
    17.40
  • 09時
    Rain / moderate rain
    16.37
  • 12時
    Rain / heavy intensity rain
    16.36
  • 15時
    Rain / heavy intensity rain
    15.97
  • 18時
    Rain / heavy intensity rain
    15.04
  • 21時
    Rain / light rain
    15.43
  • 00時
    Rain / light rain
    15.79

明日以降の天気(正午時点)

  • 29日
    Clouds / scattered clouds
    22.12
  • 30日
    Clouds / overcast clouds
    24.66
  • 31日
    Rain / light rain
    16.81
  • 01日
    Clouds / broken clouds
    22.68

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

尼崎城の地図

尼崎城へのアクセス

尼崎城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • 阪神電鉄本線・尼崎駅から徒歩5分

アクセス(クルマ)

  • 阪神高速3号神戸線・尼崎東ICから10分

駐車場

  • 有料(20台、1時間400円、24時まで)

尼崎城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 阪神電鉄本線・尼崎駅から徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 阪神高速3号神戸線・尼崎東ICから10分
駐車場
  • 有料(20台、1時間400円、24時まで)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    尼崎城周辺のスポット

    尼崎城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      東横INN大阪JR野田駅前

      環状線野田駅から徒歩2分、大阪メトロ玉川駅出口すぐ。USJまで3駅!!京セラドームまで3駅(JR)!!海遊館まで乗り換えあり4駅!梅田まで(JR)2駅!ビジネスに観光に便利な立地。近隣に飲食店多数。(評価:3.9、参考料金:4,489円〜)

      東横INN阪神尼崎駅前

      梅田まで7分、難波へ16分、三宮まで23分の好立地!京セラ大阪ドームへ10分、ユニバーサルシティへ15分!観光やビジネスにとっても便利♪駐車場30台は1泊1000円*電話予約制(評価:4.0、参考料金:4,441円〜)

      ワイズホテル阪神尼崎駅前

      ◆大浴場完備◆大好評朝食ビュッフェ◆女性大浴場にはミラブルのシャワーヘッドを設置♪朝食ビュッフェはお子様からビジネスマンまで幅広いお客様より大好評!安心で寛げる滞在をお届けいたします。(評価:4.3、参考料金:3,480円〜)

      都ホテル 尼崎 (旧 都ホテルニューアルカイック)

      国道2号線沿いにひときわ高くそびえる高層22階建、阪神エリアのランドマーク的ホテル。大阪湾一望の22階スカイバー他、和洋各種レストランを完備。118台収容の駐車場を併設し、お車のお客様も安心です。(評価:4.0、参考料金:4,550円〜)

      ラマダアンコールウィンダム尼崎

      『おもてなし』のこころを大切に。 ビジネスにスピードを。 レジャーにくつろぎを。ラマダ・アンコール・ウィンダム尼崎はビジネスに観光に最高のロケーション。(評価:3.7、参考料金:3,750円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    尼崎城に関連する記事一覧

    訪問レポートなど、これまで攻城団に公開された関連記事の一覧です。

    尼崎城の過去のイベント・ニュース

    尼崎城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

    周辺にあるお城など

      • 豊臣大坂城
      • 豊臣大坂城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:26分(--位)
        • 攻城人数:840人(183位)
        • 城までの距離:約9km
      • 大阪城
      • 大阪城
        • 平均評価:★★★★☆(21位)
        • 見学時間:1時間50分(5位)
        • 攻城人数:5464人(6位)
        • 城までの距離:約10km
    • より多くの
      城を見る

    摂津の著名な城

    兵庫県の著名な城

    尼崎城といっしょに旅行するのにオススメの城

    みんなの推薦コメント

    尼崎城をベストキャッスルに選んだ団員によるオススメコメントです。たくさんある場合はランダムに表示しています。

    • 尼崎城三人衆最高

    みんなのベストキャッスルを表示

    マイベストキャッスルを設定する

    尼崎城を本城にしている団員

    以下のみなさんが尼崎城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    信長の城 (岩波新書)

    おなじみ千田嘉博先生の著作です。
    織田信長が居城した勝幡城、清須城、小牧山城、岐阜城、安土城について、千田先生の考察をふまえて解説されています。城の歴史等を学べることはもちろんですが、発掘調査、絵図・地図、文書などから築城の背景、信長の意図を導き出していく考え方が勉強になりました。
    新書サイズで持ち運びも便利です。お城でばったり千田先生に遭遇した際に、サインを頂けるかもしれません。

    伝もものふ山田(ヤマー)さん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る