紹介文

備中松山城は現存12天守の中では唯一の山城であり、現存天守でもっとも高い所にある城です。日本三大山城のひとつでもあります。海抜約480mの臥牛山の山頂付近に本丸があるため、山の中腹(8合目)にある駐車場から歩いても30分近くかけてのぼることになります。現存天守の中ではもっとも訪問しづらい城といえます。また江戸時代、城主をつとめた水谷氏がお家断絶になったため、『忠臣蔵』で有名な赤穂藩主・浅野長矩の管理とされ、城の受け取りには家老である大石内蔵助が訪れています。そのため山頂にのぼるルートにはそのときに休んだとされる「大石内蔵助の腰掛け石」があります。時期や条件が整えば、竹田城のように雲海に浮かぶ姿を見ることができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に訪問するお城の参考にしてください。
備中松山城は「日本100名城」「現存天守12城」「日本三大山城」「旧国宝24城」「重要文化財」「天空の城」「岡山県三名城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 現存天守12城
  • 日本三大山城
  • 旧国宝24城
  • 重要文化財
  • 天空の城
  • 岡山県三名城

備中松山城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

備中松山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • ふいご峠駐車場へは一般車は入れないみたいです。よって城見橋公園駐車場から有力者のシャトルバスでふいご峠駐車場へ行くことになります。 ふいご峠駐車場から 天守へは往復で1時間半もあれば、天守の中の展示を見て帰って来れるでしょう。 天守から先 大松山城へは約15分で行けます。(2019/09/21)
  • 猫城主のさんじゅーろーがいます。猫好きの方は楽しみに!(2019/08/11)
  • 大雨の中、車で行きました。見橋公園駐車場からふいご峠駐車場までは、上り、下りの交互通行整理をしてくれたので離合の心配もなく行けました。(2019/08/28)
  • 登りきったその先で、猫城主のさんじゅーろー氏のお散歩の時間だったらしく、優しくニャーと出迎えてくれました。癒されます。(2019/08/29)
  • ふいご峠まで車で行ったけど、そこからでも山歩きは結構キツかったです。でも、大手門跡付近の石垣の見事さには感動。猫城主にも癒されました。(2019/08/07)
  • 友人二人と旅行のついでに行ったのと暑さで堪能できなかったけど、断崖の上に築かれた石垣とその上に連なる櫓という光景は圧巻!秋に一人で行こうかと思います!(2019/07/21)
  • さんじゅうろう城主にも会え、挨拶済まして、攻城成功です‼️ 日曜日とは言え、たくさんの人が登城されていました。駐車場からマイクロバスでふいご峠迄送迎が有りますが9人乗りなので乗れなければ次の便まで待つ形です‼️ ふいご峠からは、運動不足の方は休憩しながらゆっくり登りましょう。特に夏場の暑い時期は熱中……(2019/07/07)
  • 猫城主のさんじゅーろーに会ってきました。癒されますねー。雲海目的ではないですが、雲海展望台にも寄ってきました。雲海展望台の手前1.2kmの看板があるところや大久保峠からの遠望も良かったです。大久保峠には無料の望遠鏡もありました。(2019/06/23)
  • 平日はやはり空いてます。ふいご峠までの車の行き来もお世話して下さるので行き交うストレスもありません。受付のおじさんも不愛想ですが、実は親切。大松山城までは健脚が必要です。この季節必ず蛇・とかげ出ます。(2019/06/21)
  • 標高480mと高所に位置する山城ですが、8合目のふいご峠まで舗装され容易く登城できるようになっているのは有難い。登山道を700m、20分もすると立派な石垣も見えてきます。天守は資料館にもなっていてガイド付きで歴史を学びながら攻城させていただきました。一緒に来られた方も異口同音に来てよかったと言われて……(2019/06/07)
すべてを表示(232コメント)

備中松山城について

備中松山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)430 m( 340 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式望楼型
天守の階数2重2階
天守の種類現存天守
天守の高さ11 m
天守台石垣の高さ2.7 m
天守の広さ(延床面積)200 m2
天守メモ1605年(慶長10年)に小堀政一が修築を行ったとされるが天守の規模は不明。現存する天守はその後、1681年(天和元年)に水谷勝宗が幕府の許可を得て修築を行なったもので、1683年(天和3年)に完成した。
築城主秋葉重信
築城開始・完了年着工 1240年(仁治元年)
廃城年1874年(明治7年)
主な改修者三村元親、小堀政一、水谷勝宗
主な城主三村氏、小堀氏、池田氏(6万5千石)、水谷氏(5万石)、安藤氏(6万5千石)、石川氏(6万石)、板倉氏(5万石)
遺構現存天守、櫓、塀、石垣、土塁
指定文化財国の重要文化財(天守、二重櫓、土塀)、国史跡
復元状況櫓、門、塀

更新日:2019/09/22 23:13:09

備中松山城の観光情報

備中松山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00(10月〜3月:16:30)
料金(入城料・見学料)
  • 大人:300円
  • 高校生:300円
  • 小中学生:150円
  • 団体割引あり
休み(休城日・休館日)

12月28日〜1月4日

トイレ

あり

コインロッカー

なし

写真撮影

バリアフリー

備中松山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    23.37
  • 06時
    Rain / light rain
    21.78
  • 09時
    Rain / light rain
    20.85
  • 12時
    Clouds / scattered clouds
    22.59
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    21.29
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    17.15
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    16.48
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    16.40

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Rain / light rain
    22.15
  • 25日
    Clouds / scattered clouds
    22.31
  • 26日
    Clouds / few clouds
    24.22
  • 27日
    Clear / clear sky
    25.66

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

備中松山城の地図

地図アプリで見る

岡山県高梁市内山下1

備中松山城へのアクセス

備中松山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR伯備線・備中高梁駅より備北バスで10分、松山城登山口下車徒歩約20分
  • 備中高梁駅前の観光案内所から乗合タクシーも運行中
アクセス(クルマ)
  • 岡山自動車道・賀陽ICからクルマで20分
  • 土曜・日曜・祝祭日には城見橋公園駐車場に停めて、ふいご峠までシャトルバス(往復300円)
駐車場
  • ふいご峠駐車場(無料、14台)
  • 城見橋公園駐車場(無料、110台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

備中松山城周辺の宿・ホテル

10km圏内にはホテルが見つかりませんでした。より広範囲に検索するには「じゃらん」で検索してください。

「じゃらん」でホテルを検索する

備中松山城の過去のイベント・ニュース

まだトピックがありません(情報募集中

周辺にあるお城など

    • 鬼ノ城
    • 鬼ノ城
      • 平均評価:★★★★☆(83位)
      • 見学時間:1時間27分(40位)
      • 攻城人数:705人(99位)
      • 城までの距離:約15km
    • 備中高松城
    • 備中高松城
      • 平均評価:★★★☆☆(256位)
      • 見学時間:45分(228位)
      • 攻城人数:640人(113位)
      • 城までの距離:約22km
  • より多くの
    城を見る

備中の著名な城

岡山県の著名な城

備中松山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

備中松山城を本城にしている団員

以下のみなさんが備中松山城を本城として登録しています。

最近表示したお城

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

私も愛読しています。この写真に収められている建物がすべて現存していれば・・・と思わずにはいられません。天守だけでなく、江戸城の蓮池巽三重櫓や大阪城の本丸三重櫓群、津山城の壮大な櫓群を見るとつくづく残念な思いがします。欲を言えば、全部復元してほしいです。

hiro.Eさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る