紹介文

備中松山城は現存12天守の中では唯一の山城であり、現存天守でもっとも高い所にある城です。日本三大山城のひとつでもあります。海抜約480mの臥牛山の山頂付近に本丸があるため、山の中腹(8合目)にある駐車場から歩いても30分近くかけてのぼることになります。現存天守の中ではもっとも訪問しづらい城といえます。また江戸時代、城主をつとめた水谷氏がお家断絶になったため、『忠臣蔵』で有名な赤穂藩主・浅野長矩の管理とされ、城の受け取りには家老である大石内蔵助が訪れています。そのため山頂にのぼるルートにはそのときに休んだとされる「大石内蔵助の腰掛け石」があります。時期や条件が整えば、竹田城のように雲海に浮かぶ姿を見ることができます。

攻城団編集部

バッジ

バッジとはいろんなテーマでまとめたお城のリストです。次に攻めるお城の参考にしてください。
備中松山城は「日本100名城」「現存天守12城」「日本三大山城」「旧国宝24城」「重要文化財」「天空の城」のバッジに登録されています。

  • 日本100名城
  • 現存天守12城
  • 日本三大山城
  • 旧国宝24城
  • 重要文化財
  • 天空の城

城主の攻城メモ

備中松山城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。質問はこちらからどうぞ。

  • けんしん 城巡り仲間と攻城。私は3回目となりました。何度行っても石垣の素晴らしさに感動です。(2018/09/17)
  • ニュー川崎 交通の便が悪いためレンタカーで登城。天守閣のさらに奥にある大松山城跡、大松山つり橋まで行きました。(2014/09/20)
  • 蓮くん 何度訪れても惹きつけられます。魅力的なお城です。(2013/02/22)
  • まちょ 地図にかかれている一番奥の切通堀切までが本丸から往復1時間程度です。アップダウンも比較的少なく時間がある方は行ってみる価値はあると思います。(2018/08/18)
  • axia 攻城団に参加し、もうすぐ300城に手が届く処まできました。 備中松山城で初めて5つ星付けました。 有料エリアを見終えた時はそこまで高い評価はできませんでしたが、後郭と丸の平櫓跡から二重櫓を見て替えました。昨日から100名城を重点的に廻っていますが、今のとこ、ココが一番ですね❗(2018/08/28)
  • 伝もものふ山田 ふいご峠駐車場まで自家用車で行きました、行ける日は限られますので事前に確認が必要です。(基本的に土日は不可) 道幅は狭いですが、案内の方が交通整理しているので、途中で車がすれ違う事はありません。 但し、途中に猿が出没するので注意が必要です。 城、武家屋敷、民族資料館、頼久寺庭園のセットで900円です……(2018/08/23)
  • あき 登城途中でいきなりの雷雨の為、評価は低めです。駐車場は無料で途中迄の往復バスが小学生迄無料が魅力的(2018/08/13)
  • kan2525 念願だった備中松山城にやっと登城できました とにかく暑くて暑くて 次男と話をしていた大松山城は熱中症予防のため諦めました 岩壁 石垣 土塀 天守 櫓と堪能しました 期待していた通りのすばらしいお城でした(2018/08/12)
  • 山城大掾源国重 しばらく攻城団に出ていなかったので、復帰は本城からと思い展望台の方から攻めました。(2018/08/01)
  • 月光 攻城に苦労しましたが、それに見合う価値のある城でした。(2017/12/24)
すべてを表示(176コメント)

フォトギャラリー

備中松山城の構造

備中松山城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)430 m( 340 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
天守縄張、天守形式複合式望楼型
天守の階数2重2階
天守の種類現存天守
天守の高さ11 m
天守台石垣の高さ2.7 m
天守の広さ(延床面積)200 m2
天守メモ1605年(慶長10年)に小堀政一が修築を行ったとされるが天守の規模は不明。現存する天守はその後、1681年(天和元年)に水谷勝宗が幕府の許可を得て修築を行なったもので、1683年(天和3年)に完成した。
築城主秋葉重信
築城開始・完了年着工 1240年(仁治元年)
廃城年1874年(明治7年)
主な改修者三村元親、小堀政一、水谷勝宗
主な城主三村氏、小堀氏、池田氏(6万5千石)、水谷氏(5万石)、安藤氏(6万5千石)、石川氏(6万石)、板倉氏(5万石)
遺構現存天守、櫓、塀、石垣、土塁
指定文化財国の重要文化財(天守、二重櫓、土塀)、国史跡
復元状況櫓、門、塀

備中松山城の城メモ

備中松山城の見所や歴史などを紹介します。

  • 備中松山城の雲海を見るポイント 見所

    備中松山城も竹田城と同じように雲海に浮かぶ姿を見ることができます。
    備中松山城も竹田城と同じように雲海に浮かぶ姿を見ることができます。 しかも備中松山城の場合は天守が現存していますので、石垣だけの竹田城とはまたちがった、幻想的な風景となっています。 提供:(一社)高梁(……つづきを読む)

  • 備中松山城天守 見所

    備中松山城の天守は江戸時代から残る現存天守のひとつです。
    備中松山城の天守は江戸時代から残る 現存天守 のひとつです。(手前に見えるのは復元された「五の平櫓」です) 備中松山城は三村氏と毛利氏によって争われましたが( 備中兵乱 )、その結果、 小早川隆景 に(……つづきを読む)

  • 三の丸 見所

    三の平櫓東土塀に沿って、のぼったところにあるのが「三の丸」です。
    三の平櫓東土塀 に沿って、のぼったところにある広いスペースが「三の丸」です。 こんな高い位置にある山城に、これだけ立派な石垣が築かれているということに驚きます。最上部は二の丸石垣になります。左側から石(……つづきを読む)

  • 二重櫓 見所

    天守の裏側に国の重要文化財に指定されている二重櫓があります。
    天守の裏側に国の重要文化財に指定されている二重櫓があります。(戦前には国宝に選ばれていました) この二重櫓も江戸時代に建てられたものが現存しています。 天然の巨石を櫓台とした2重2階の櫓です。出入り口(……つづきを読む)

  • 本丸東御門 見所

    本丸東御門は1994年(平成6年)より行われた本丸の復元整備の際に復元されました。
    本丸東御門は1994年(平成6年)より行われた本丸の復元整備の際に、本丸南御門や腕木御門などとあわせて復元されました。 この東御門は木造本瓦葺きの棟門で、天守の東脇にあり、本丸の勝手口にあたります。本(……つづきを読む)

  • 三の平櫓東土塀 見所

    備中松山城の「三の平櫓東土塀」は国の重要文化財に指定されています。
    備中松山城の「三の平櫓東土塀」は国の重要文化財に指定されています。 四角い矢狭間と丸い筒狭間を備えた土塀で、長年の風雪に耐えて残ったものですが、土塀全体が重要文化財でなく、一部は復元したものです。ちな(……つづきを読む)

すべて見る

備中松山城の城メモ

備中松山城の見所や歴史などを紹介します。読みたいカードをクリックしてください。


備中松山城の雲海を見るポイント

  • 見所
備中松山城も竹田城と同じように雲海に浮かぶ姿を見ることができます。 つづきを読む

備中松山城天守

  • 見所
備中松山城の天守は江戸時代から残る現存天守のひとつです。 つづきを読む

三の丸

  • 見所
三の平櫓東土塀に沿って、のぼったところにあるのが「三の丸」です。 つづきを読む

二重櫓

  • 見所
天守の裏側に国の重要文化財に指定されている二重櫓があります。 つづきを読む

本丸東御門

  • 見所
本丸東御門は1994年(平成6年)より行われた本丸の復元整備の際に復元されました。 つづきを読む

三の平櫓東土塀

  • 見所
備中松山城の「三の平櫓東土塀」は国の重要文化財に指定されています。 つづきを読む

与謝野夫婦が備中松山城を詠んだ歌

  • 石碑・案内板
備中松山城には妻の与謝野晶子とここを訪ねた与謝野寛の歌碑があります。 つづきを読む

備中松山城の沿革

  • 石碑・案内板
備中松山城の沿革について書かれた案内板がありましたので内容を紹介します。 つづきを読む

備中松山城の登城絵図

  • 資料・パンフ
高梁市観光協会によって作成された備中松山城の登城絵図です。 つづきを読む

ふいご峠駐車場

  • 駐車場
ふいご峠駐車場は天守のある本丸にもっとも近い駐車場になります。 つづきを読む

備中松山城の観光情報

備中松山城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
  • 開城時間:9:00
  • 閉城時間:17:00(10月〜3月:16:30)
料金(入城料・見学料)
  • 大人:300円
  • 高校生:300円
  • 小中学生:150円
  • 団体割引あり
休み(休城日・休館日)

12月28日〜1月4日

トイレ

あり

コインロッカー

なし

写真撮影

バリアフリー

備中松山城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(19日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    17.44
  • 06時
    Rain / light rain
    15.60
  • 09時
    Clouds / few clouds
    20.88
  • 12時
    Clear / clear sky
    24.05
  • 15時
    Clouds / few clouds
    24.72
  • 18時
    Clouds / broken clouds
    22.19
  • 21時
    Clouds / broken clouds
    19.57
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    18.50

明日以降の天気(正午時点)

  • 20日
    Clouds / scattered clouds
    23.45
  • 21日
    Rain / moderate rain
    21.87
  • 22日
    Clear / clear sky
    24.39

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

備中松山城の地図

地図アプリで見る

岡山県高梁市内山下1

備中松山城へのアクセス

備中松山城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR伯備線・備中高梁駅より備北バスで10分、松山城登山口下車徒歩約20分
  • 備中高梁駅前の観光案内所から乗合タクシーも運行中
アクセス(クルマ)
  • 岡山自動車道・賀陽ICからクルマで20分
  • 土曜・日曜・祝祭日には城見橋公園駐車場に停めて、ふいご峠までシャトルバス(往復300円)
駐車場
  • ふいご峠駐車場(無料、14台)
  • 城見橋公園駐車場(無料、110台)
  • ふいご峠駐車場 駐車場

    ふいご峠駐車場は天守のある本丸にもっとも近い駐車場になります。
    備中松山城のある臥牛山の8合目付近にある駐車場です。天守のある本丸にもっとも近い駐車場になります。 駐車場までの道路はアスファルトで舗装されているとはいえ、かなり細い道路ですので、とくに対向車とのすれ(……つづきを読む)

備中松山城周辺の宿・ホテル

10km圏内にはホテルが見つかりませんでした。より広範囲に検索するには「じゃらん」で検索してください。

「じゃらん」でホテルを検索する

備中松山城のモデルコース

備中松山城をルートに含んだモデルコースです。旅行する際の参考にしてください。

まだモデルコースがありません(情報募集中

城たび(日本全国の名城ツアーガイド)

備中松山城の関連リンク

備中松山城についてのコメント

備中松山城について、みんなで情報交換しましょう

備中松山城を訪問したことのある方は、付近にあるオススメのお店や宿、見どころや撮影スポットなど観光の際のポイントなどを教えてください。また、備中松山城の訪問を計画している方からの質問もお待ちしてますので、お気軽に書き込んでください(わかる範囲で答えてもらえるでしょう)。

なお、ここに投稿された情報や写真は城メモやブログなどで利用させていただくことがあります。攻城団のデータの充実にぜひご協力ください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

備中松山城の過去のイベント・ニュース

備中松山城では過去に以下のようなイベントが開催されたり、ニュースが紹介されました(1年以内の情報だけ表示しています)。

周辺にあるお城など

    • 鬼ノ城
    • 81 鬼ノ城
      • 平均評価:★★★☆☆(107位)
      • 見学時間:1時間35分(45位)
      • 攻城人数:459人(101位)
      • 城までの距離:約15km
    • 備中高松城
    • 143 備中高松城
      • 平均評価:★★★☆☆(448位)
      • 見学時間:49分(363位)
      • 攻城人数:395人(116位)
      • 城までの距離:約22km
  • より多くの
    城を見る

備中の著名な城

岡山県の著名な城

備中松山城といっしょに旅行するのにオススメの城

このページを紹介する

ブログパーツ

  • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
  • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

サンプルを表示する

SNSやメールで紹介

このページのURLとタイトルをコピーする

備中松山城を本城にしている団員

以下のみなさんが備中松山城を本城として登録していますので、コメント欄で質問すれば助けてくれるかもしれません。

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る