備中松山城
備中松山城

[岡山県][備中] 岡山県高梁市内山下1


  • 平均評価:★★★★☆ 4.21(6位)
  • 見学時間:1時間49分(10位)
  • 攻城人数:1224(32位)

備中松山城の登城絵図

高梁市観光協会によって作成された備中松山城の登城絵図です。

提供:(一社)高梁市観光協会
天守
最も高い所に天守の現存する山城(標高430m)。二層二階の典型的な山城だが、三層に見える様にデザインされている。篭城戦を想定し、囲炉裏や装束の間が設けられており、二階には御社壇(神棚)があるのが特徴。天守は1683年、水谷勝宗によって大修復されたもの。
(国指定重要文化財)
二重櫓
天守の北側、岩盤の上に造られた二重櫓。天然の岩盤の上に石垣を築き建てられており、山城の特徴がよく現れている。
(国指定重要文化財)
二の丸
二の丸はもっとも広くお弁当を食べたりするのに最適。城下を見下ろしたり、記念撮影をしたりもできる。
御前棚(ごぜんだな)
かつては食事をつくる場所だったが、現在はトイレになっている。
厩曲輪(うまやぐるわ)
荷場を繋いでいた厩曲輪。現在で言えば駐車場に当たる場所。。
土塀
土塀の一部が現存のもので、残り半分は復元されたもの。壁の段差で、現存部分と復元部分を区切っている。
(国指定重要文化財)
大手門跡
大手門から先には多くの石垣が残っているが、一際目を引くのが大手門の右手にそびえる石垣群だ。天然の岩盤の上に石垣を築き、更に土塀を建てる。山城の魅力である天然と人工のコラボレーションがよく表れている。
中太鼓の丸跡
かつて御根小屋と天守との伝達手段として使われた太鼓の丸。下太鼓の丸と中太鼓の丸の二つの中継地点をもうけ、太鼓の合図で連絡を取り合っていた。
大石内蔵助腰掛石
水谷家は三代で世継ぎが無く断絶。この際、城の受取に来たのが播州赤穂の大石内蔵助だった。備中松山藩家老鶴見内蔵助との話し合いにより、無血開城することに成功。二人内蔵助会議として語り継がれる。
ふいご峠石
臥牛山8合目の駐車場。備中松山城の御社壇に納められた三振の宝剣をこの場所で作らせ、その為に大きな「ふいご」が設置されていたことから、この名前がついた。ここから徒歩で700m約20分で天守に到着。
御根小屋跡
城主が日常住んでいた御殿に当る建物で政庁も兼ねている。天守は象徴的な存在で、政治の中心は御根小屋で行われた。現在の高梁高等学校。
提供:(一社)高梁市観光協会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

備中松山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る