紹介文

高田城は三浦氏によって築かれた城です。その後、尼子氏や毛利氏によって何度も攻められ落城しますが、三浦氏はそのたびに奪還しています。しかし1576年(天正4年)以降は宇喜多氏によって支配され、江戸時代は小早川氏、森氏の領地となり城番が置かれました。森氏改易後は一時直轄領となり、江戸中期の1764年(明和元年)に譜代大名の三浦明次が西尾藩より転封して勝山藩が立藩しました。当初は高田藩と呼んでいましたが、勝山城に改称したことにともない勝山藩となり、幕末まで三浦氏が10代つづきました。現在城址は二の丸が野球場になっていますが、山頂の本丸周辺には堀切などの遺構が残っています。また市内に最後の城主、10代・三浦顕次(たかつぐ)が暮らした「椎の木御殿(旧三浦家別邸)」があります。なお、高田城を築城した三浦氏と江戸時代に勝山藩主となった三浦氏は同祖異系です。

高田城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

高田城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 二の丸跡のグラウンド脇、その先のおくびに駐車スペースがあります。近世高田城の三の丸遺跡の見学は観光用の駐車場に停めれます。城主三浦氏の菩提寺や200年前の武家屋敷なども残っています。(2024/04/15訪問)
  • JR勝山駅、郷土資料館経由で行きました。 イノシシ、野生のサルがよく出るとのことなので、麓の案内板で攻城としました。 本丸まで行かれる場合は、十分にご注意下さい。(2021/03/13訪問)
  • 野球場から行ける櫓台の先の道は崩落していて危険です。戻って登山道を登りました、城跡は広い範囲に広がっています。(2021/01/31訪問)
  • 二ノ丸跡である野球グラウンドに車をとめて登城。 竹の小径と呼ばれる遊歩道を使って、小屋の段経由の西回りで本丸へ向かう。 竹の小径の入口付近には、江戸時代に整備された高石垣が残っている。(2020/12/28訪問)
  • 勝山町のれんの町並みから三の丸跡地だけ攻城。列石、井戸跡など確認。(2020/11/21訪問)
  • 見学時間は、出丸(太鼓山)も含みます。櫓台の石垣を撮影するために苦労して下まで降りました。(2020/08/07訪問)
  • 小屋の段方面へ向かわないならグランドではなく、もう少し先の「おくび」のところにも駐車スペースがあるのでそこを利用するのが楽だと思います。(2019/12/11訪問)
  • 野球場になっている二の丸側に駐車して攻城。本丸は曲輪が連なり、切岸や堀切あり。本丸を経て反対側に下ると小屋の段あり。一旦下城して出丸である太鼓丸に進むと綺麗な堀切があった。野球場ライト場外には櫓台の石垣あり。思った以上に立派。城下には三の丸遺跡あり。趣ある城下町です。(2019/09/19訪問)
すべてを表示(11コメント)

高田城について

高田城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

連郭式

縄張形態

山城

標高(比高)

312 m( 140 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

三浦貞宗

築城開始・完了年

着工 鎌倉時代後期か

廃城年

1874年(明治7年)

主な改修者

三浦明次

主な城主

三浦氏、宇山久信、毛利氏、宇喜多氏、小早川氏、三浦氏(2万3千石)

遺構

石垣、堀切、曲輪

指定文化財

市史跡

復元状況

復元石垣

高田城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成連郭式
縄張形態山城
標高(比高)312 m( 140 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主三浦貞宗
築城開始・完了年着工 鎌倉時代後期か
廃城年1874年(明治7年)
主な改修者三浦明次
主な城主三浦氏、宇山久信、毛利氏、宇喜多氏、小早川氏、三浦氏(2万3千石)
遺構石垣、堀切、曲輪
指定文化財市史跡
復元状況復元石垣

登録日:2022/09/10 01:17:38

更新日:2024/06/13 03:41:37

高田城の城メモ

高田城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

高田城の観光情報

高田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

高田城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

高田城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(13日)の天気

  • 03時
    Clouds / overcast clouds
    18.46
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    19.16
  • 09時
    Clouds / overcast clouds
    24.15
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    29.19
  • 15時
    Clouds / broken clouds
    29.71
  • 18時
    Rain / light rain
    24.39
  • 21時
    Rain / light rain
    19.36
  • 00時
    Clear / clear sky
    18.49

明日以降の天気(正午時点)

  • 14日
    Clear / clear sky
    30.17
  • 15日
    Clouds / overcast clouds
    23.49
  • 16日
    Rain / light rain
    27.19
  • 17日
    Clouds / overcast clouds
    28.50

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

高田城の地図

高田城へのアクセス

高田城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR姫新線・中国勝山駅から徒歩25分

アクセス(クルマ)

  • 米子自動車道・久世ICから20分
  • 中国自動車道・落合ICから25分

駐車場

二の丸跡グランド駐車場(無料)

高田城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR姫新線・中国勝山駅から徒歩25分
アクセス(クルマ)
  • 米子自動車道・久世ICから20分
  • 中国自動車道・落合ICから25分
駐車場

二の丸跡グランド駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    高田城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      真庭シティホテルサンライズ

      真庭市の中心に位置する好立地。車でお越しの場合、米子道久世IC・中国道落合IC両方から10分。周辺には飲食店・スーパー・ホームセンター等もあり便利!(評価:3.6、参考料金:4,125円〜)

      湯原温泉 森のホテルロシュフォール

      おかげさまで口コミ夕食4.4♪カップル&女子二人旅にも人気の宿☆身も心も温まる温泉&季節のいろいろなお料理を堪能して下さい♪大人気のコテージは専用棟でペットとお泊りもOK☆Wi-Fiホテル内OK(評価:不明、参考料金:6,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    高田城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 津山城
      • 津山城
        • 平均評価:★★★★☆(16位)
        • 見学時間:1時間23分(26位)
        • 攻城人数:2050人(69位)
        • 城までの距離:約28km
      • 備中松山城
      • 備中松山城
        • 平均評価:★★★★☆(5位)
        • 見学時間:1時間38分(10位)
        • 攻城人数:2911人(31位)
        • 城までの距離:約31km
    • より多くの
      城を見る

    美作の著名な城

    岡山県の著名な城

    高田城といっしょに旅行するのにオススメの城

    高田城を本城にしている団員

    以下のみなさんが高田城を本城として登録しています。

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

    雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る