全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。不要不急の外出自粛が要請される中、お城へ出かけることも控えませんか。各地の医療体制が逼迫しているため、密を避ける山城であっても事故が起きた際のリスクが高まっています。当面の間はできるだけ自宅でお城の調査や歴史の勉強をしましょう。

紹介文

岩屋城は山名氏、赤松氏、浦上氏、尼子氏、宇喜多氏と美作の領主に支配された城です。織田信長の家臣である羽柴秀吉が中国攻めのために美作に侵攻すると、宇喜多直家は毛利氏を離反してと織田方についたため、毛利氏はこの城を攻めて落城させ、葛下城主・中村頼宗を城主に任じました。その後、毛利氏と織田氏が和睦をすると、美作は宇喜多氏に割譲されます。しかし頼宗は城を明け渡さなかったため、宇喜多氏は武力制圧を試みるも落とすことができず、足利義昭の調停によって開城することになりました。現在城址には遺構が良好に保存されており、巨大な畝状竪堀群や大堀切などが残っています。また周囲には1584年(天正12年)に宇喜多氏が攻撃した際の陣城群も確認できます。

岩屋城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

岩屋城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 美作追分駅から岩谷簡易郵便局(岩屋谷口バス停)で北に左折し登城口まで徒歩50分程。列車もバスも本数が少なく、帰路は坪井駅前バス停まで歩くことでバスの待ち時間を潰しました。(2018/11/16訪問)
  • 前回東側から行けなかった楽万の上砦へ西側からアプローチしてみました。帰りに寄った「道の駅・久米の里」にて「岩屋城せんべい」を購入。すると中に城の詳しいパンフレットが入っていました。(2018/12/12訪問)
  • 岩屋城と城を包囲していた付城群の遺構が良く残っているという荒神の上砦、楽万の上砦へ行きました。岩屋城の馬場からは津山の街が見渡せ、津山城も微かに見えました。帰りは第二駐車場からの登山道(管理者道路)を使い下りましたがコンクリートの坂道ですが急勾配なのでけっこう足にきますよ。(2018/11/25訪問)
  • 良い山城!まわりの陣城含め回りたかったが、途中雨が強くなってきたので下山。山頂からの眺めは素晴らしかった。最初の石段でえっとなるかもしれないが、そんなにきつくなかった。 道の駅には手書き印刷のチラシが置いてあります。(2019/11/18訪問)
すべてを表示(8コメント)

岩屋城について

岩屋城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)482.7 m( 250 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主山名教清
築城開始・完了年着工 1441年(嘉吉元年)
廃城年1590年(天正18年)
主な改修者
主な城主山名氏、赤松氏、大河原氏(浦上氏)、尼子氏、浜田氏(宇喜多氏)、中村氏(毛利氏)、長船氏(宇喜多氏)
遺構曲輪、土塁、石垣、堀切、畝状竪堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2021/03/01 04:50:42

岩屋城の城メモ

岩屋城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

岩屋城の観光情報

岩屋城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

岩屋城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(01日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    6.00
  • 06時
    Clouds / overcast clouds
    5.93
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    9.36
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    12.27
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    13.72
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    11.32
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    10.66
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    11.45

明日以降の天気(正午時点)

  • 02日
    Rain / moderate rain
    2.66
  • 03日
    Clouds / few clouds
    5.67
  • 04日
    Clouds / overcast clouds
    10.19
  • 05日
    Clouds / overcast clouds
    12.12

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

岩屋城の地図

岩屋城へのアクセス

岩屋城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR姫新線・坪井駅からタクシーで20分
  • JR姫新線・坪井駅からごんごバスに乗り「楽万」バス停下車、徒歩約41分
アクセス(クルマ)
  • 米子自動車道・久世ICから19分
  • 中国自動車道・院庄ICから29分
駐車場

岩屋城跡駐車場(無料、10台)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    岩屋城周辺の宿・ホテル

    岩屋城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 津山城
      • 津山城
        • 平均評価:★★★★☆(34位)
        • 見学時間:1時間14分(38位)
        • 攻城人数:1319人(69位)
        • 城までの距離:約15km
      • 備中松山城
      • 備中松山城
        • 平均評価:★★★★☆(7位)
        • 見学時間:1時間46分(6位)
        • 攻城人数:1939人(29位)
        • 城までの距離:約35km
    • より多くの
      城を見る

    美作の著名な城

    岡山県の著名な城

    岩屋城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    岩屋城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    「土地と財産」で読み解く日本史

    土地と財産という視点から日本史を掘った本。経済基盤からという視点が斬新。この本によれば経済基盤が弱くなった、または奪われた権力者から衰退している説を上げている。
    この本を読むと疑問が次々浮かぶし、違った視点で日本史を楽しむことができると思います。

    たなとすさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る