読者投稿欄

「攻城団」では不定期にさまざまなお題で読者(団員)からの投稿を募集しています。少し時間のかかるお題もあるかと思いますが、みなさんの率直なご意見をお送りください。
このページではみなさんから投稿いただいた回答の一覧を表示しています。

攻城団編集部さんの質問

あなたにとっての「お城めぐり」の魅力を教えてください

「そこに城があるから」以外の回答でお願いします!

みんなの回答一覧

61人の団員から回答が寄せられました。ありがとうございます!

三住和基さん

大きく分けて3つあります。
1歴史的背景
時間は経っているとはいえ現代に名前が残るほどの素晴らしい偉人がいた場所に立つというのが好きです。好きな芸能人や政治家が昔住んでいた家にお邪魔する感覚です。

2文化や風習
郷土料理や区画整理など土地に馴染んだものに触れることで今との共通点を探す。
まさに「温故知新」という言葉がぴったり合います。

3近くの温泉
城郭の近くには温泉地があることが多く、先日取得した温泉ソムリエを活かして泉質をチェックしながら浸かる温泉は最高です。

締切後に回答されました

バイク攻城兵さん

城そのものは当然として、道中の風景、食べたもの、出会った人や「獣」←重要!、遭遇した現象、全てが魅力です。

基本的に一人旅なので、身近に共有できる相手がいないのですが、それでも自分の中に確実にいい思い出として蓄積されています。

泊まり掛けで旅をすると何故か一回はとても親切な人と出会うので、情けは人のためならずではないですが、その度に今度は自分が誰かに親切にしようと思います。

締切後に回答されました

コースケさん

いままで知らなかった現地にまつわる歴史を知ることで、訪れたさいに「こうだったのかなぁ」「こういう人たちの営みがあったんだなぁ」と妄想できるところでしょうか。
あとは「知っていること」と「いま聞いて、知ったこと」が繋がる瞬間はうわ、つながった!とゾクっとします。

締切後に回答されました

こうのさん

「知らないことを知る」楽しさと「知ってることと知ってることがリンクする」楽しさを倍増できる点です。こうした楽しさは本を読んだりテレビを見たり、いわゆる座学でも味わうことができますが、現地を訪問することでより深く実感できるし、記憶にも定着しやすい(=未来のリンクのきっかけになる)と思います。

あとお城好き、歴史好きの人と話す際も、あちこち行ってる人と話したほうがなんとなく盛り上がるような気がしますね。

締切後に編集されました

唄方さん

城巡りを通して学ぶことが出来る点が極めて多岐に渡り、その広がりこそが最大の魅力だと思っています。
試みとして純粋に城巡りだけを取って私にとっての魅力を思いつく限りで区分してみると、以下に大別出来ます。
・城にまつわる出来事や背景、後世に与えた影響を学ぶ歴史的な側面
・立地や縄張りの狙いを考察する戦術・戦略的な側面
・城の美しさや造形の意味を知る芸術的な側面
・遺構探しや攻城を重ねることそのものを楽しむ収集的な側面
・現代における城跡の活用状況、地元の人々の思いを感じる文化振興的な側面
・付随して、城巡りの手段である旅行としての楽しさ
城巡りは趣味としての敷居が低いので老若男女問わず愛好者がおり、皆さんが各々独自の視点で楽しんでいるので、他の方の投稿やお話しからいつも新鮮な刺激を受けています。
また副次的な要素として、自然と外出して体を動かすことが多くなるので健康にも良いですね。30000歩歩くとか自転車で30km走るとか、少し前までは到底考えられませんでした。お陰で会社でもエレベーターが混んでいる時は積極的に階段を使うようになりました(笑)


Kutsunaさん

戦の舞台になったお城なら、「ここが長篠の戦いの舞台になった場所なんだ!」とか、「こんなに広い敷地に豊臣の大軍が3万も攻めてきたのか…!」などと当時の状況を想像しながら見て回るのが感慨深いです。
また、個人的な観点になりますが、石垣のお城なら石垣の積みかた、加工、刻印石探しを楽しめること、土のお城なら土塁、堀切、空堀を確認してその規模や壮大さを楽しめること。
そしてもう一点。たくさん写真を撮って来て、「お城に行ってきたよ!」という事実を手元に残せること。


弥一左衛門さん

自分にとっての城巡りは、日本国の歴史を作り上げてきた戦国武将たちへの敬愛であり、憧憬です。城を訪ねることによって、その美観や歴史的価値はもとより、そこで生きていた人間の息吹を感じとり、いにしえに想いを馳せることが最大の楽しみです。群雄割拠の戦国時代、後に有名になる勇猛な武将も、滅びていった名も知れぬ武将も、当時は誰もがお家のため領民のため命を懸けて戦っていたはず。その歴史的事実の一端を目の当たりに出来得る場所こそが城郭であり城跡であると思っています。豪華絢爛な天守にも、何もない原っぱの石碑にも、同じ感動を覚えます。...結構重症ですかね(;^_^A
一年目は天守や石垣の多様性に驚き、二年目は山城の縄張の面白さを学習、三年目からは地元にゆかりのある武将の城についてもっと思慮を深めたいと思います。攻城団というベストパートナーを得て、お城の魅力はまだまだ尽きません。


にっかりさん

元々、遺跡(広い意味で)神社、仏閣めぐりが趣味でしたが、お城めぐりをすると自分が興味がある物を一度に見聞きできることが多く魅力的です。ほとんどの城跡に神社(最近のマイブームは狛犬ウォッチ) 仏閣 祠 などがあり、有名な城跡には博物館(美術館がある城跡も)がありゆっくり見て回っていると時間がいくらあっても足りません。最近のひとことにも書いていますが、自宅近くにまだ攻城していない山城の城跡がいくつかあるので山のふもとを通りながら、あの平らな所は削平地?木がない所は堀切?(多分全然当たってない)と色々想像して楽しんでいます。攻城したらどうなのか、想像する楽しみがあるのも魅力の一つだと思います。


hiro.Eさん

なかなか言い表すのが難しいのですが、まずどんな城址だろう?というワクワク感がありますね。新装なった白亜の姫路城を見たときに「おぉっ」と思いましたし、山城なら、彦根城や宇和島城・備中松山城のように本丸にたどり着いた時にまたまた「おぉっ」。スタンプラリーや攻城団に出会ってからは、伊賀上野城や岡城、丸亀城の高石垣や苗木城、岩村城の壮大な石垣、名古屋城・大阪城の水堀の壮大さにも魅力を感じるようになりました。最近は移築めぐり、石碑めぐりにも興味をもちつつあります。結局のところ、建物・石垣・堀・縄張・・・城を築いた先人の思いに馳せることが最大の魅力かもしれません。


さあやんさん

その城がどんな縄張りか、どんな遺構があるか、ネットで調べれば写真や攻城記録が豊富にあって、実際に行かずともお城の概要はだいたいわかります。

それではとても満足できなくて、門を入って三ノ丸・二ノ丸・曲輪・櫓などの配置を見て回りながら、狙撃されにくい死角がないかイメージしてみる、石垣の威容や城下の景色をながめてみるなど、自分の足で歩きながら現地の空気を吸いながら、疲れも実感しながら在りし日に思いをはせるという体験は、実際に行かないと得られないものですね。近くに資料館やガイダンス施設があり、最寄り駅などでその地域のうまいものも食べることができたら言うことなしです。

頭だけでなく体で「城を訪れた思い出」を積み重ねていくことがお城めぐりの楽しみですね。同じ城でも何年後かに再訪すると新たな発見がいくつもあります。マメに歩くことで運動不足解消にもなりますね。


TETSUさん

私は中世城館跡、特に山城の堀切や切岸に魅力を感じています。
それこそ、城が防衛施設であるところの”必死”の気迫を感じる時が、至高の喜びです。
時に罠にはまって、大堀切や竪堀に滑り落された時は、むしろ快感を感じるんです。


豊後守さん

城巡りの魅力…
最初は歴史舞台の訪問でした。有名武将の城。著名な闘いの舞台。それを生で見てみたいと言うのが城巡りのきっかけでした。
少しずつ訪問していくと、防衛システムの素晴らしさに感嘆する様になりました。台地、川、山等の地形を巧みに利して強固な城塞を築いていて、それを確認するのも、魅力。
城内も、色々な仕掛けで防御に工夫を凝らしているのはとても素晴らしい。石落としなどは面白い仕掛けだと思います。
また、城址は、公園になっているところも多く、花の名所も多く、四季折々楽しめる場所でもあります。
城下町を歩くのも、楽しみです。


たなかともおさん

遠くへ行くきっかけになるのが一番の魅力でしょうか。日本史が好きな私にはお城自体がたくさんのドラマが眠っている場所であり、時の流れを感じる瞬間がとても好きです。

使用されている瓦や木材などから土地の気候や文化の違いを感じられるのが好きです。
また、全国到るところにあるので、いろいろなところへ足を伸ばすことができ、その土地の郷土料理や方言や現在の状況などいろいろなことを知ることができるので、いろんな方面で知識や教養が広がるこも魅力だと思います。
あと…いっぱい歩くことになるので健康にもいい。


スズシュウーさん

■ずばり「現地で自分の目で見る楽しみ」、だと思います。

■友人、知人にも普段から言っているのですが「(特に中規模、大規模の)お城がある場所には歴史がある」ので、普通の観光だけでは中々行かない場所を楽しめるのが魅力ですね。そこで泊まる場合にはなるべくカウンターで飲める居酒屋に行き、現地の食べ物と日本酒も楽しみます。お城巡りが日中のメインならば、こちらは夜のメインでしょうか。その場所の下調べはもちろんしていきますが、飲み屋で意外な情報や現地の思い入れを知る事も多々あります。
逆に定番の観光施設やテーマパークには全く行かないので、詳しくありません(苦笑)


ロンさんさん

日本の城が好きなので、好きなものをより深く知りたいのです。その城の構造、歴史、遺構等々。そのためには、現地に足を運び自分の目で見るのが一番だと考えております。
今は居住する関西地方を中心に、時々遠征するスタイルで城を回っているため、北海道のチャシや沖縄のグスク等は未知の領域となります。いずれそれらにも挑み、新たな知識を得たいです。


ぽりへりさん

お城ごとに染み付いた、先人たちの濃密な知恵や工夫を五感で受けると、身の引き締まる思いがすることです。
歴代城主と家臣、実戦のことだけではなく、
例えば、石工の方々はどのように思いを一つにして、高い石垣を構築したのだろう?
と、普請や後の修理に関わった人々のことまでも想像をめぐらせてみる・・・。
するとお城は、為になることをポツリポツリと教えてくれるようで、
わたしは、「やー、参った、そうでござったか!」と、膝を打つ。
このループがたまらなく好きで、お城に「会いに行く」という感覚になっています。


さとぴよさん

まだ城巡りの初心者ですが簡単に自分が感じる魅力を記させて頂きます。

・複雑な歴史、歴史上の人物等を知る手がかりとして城跡は貴重な存在。城用語など何から何まで勉強の場。ボランティアガイドさんの話も良い。
・同じ趣味の人との出会い、会話も楽しい。
・山城は体力づくり、ダイエットの場。先人の体力を感じる場。堀切、竪堀等の遺構観察の場でもあり、景色を楽しむ場でもある。
・100名城、続100名城スタンプ巡りや攻城団のバッチ収入といったコレクション的な楽しみ。
・旅行と抱き合わせての楽しみ。特に18きっぷを使っての攻城はたまらない。読書、寝る、飲む、ボ~っとする、至福の時です♪
・出張先でも近くの城跡を検索し、時間が合えば巡れて仕事と両立出来る。心に残る出張となる。
・天守も色々とあり、建造物としての楽しみがある。
・写真撮影が楽しい。


ヤスさん

お城自体も魅力的なのですが、お城を目的地とすることで、今まで行ったことのない場所や見たことのない景色を見る機会になることが魅力に感じています!

旅行の行くさきに困らなくなりましたo(^o^)oけど、行きたいお城がありすぎて、逆に悩む!


赤い☆稲妻さん

建築としての城そのもの。
街造りとしての城な役割。
城を中心とした地域文化。
など、城によっても役割の違うある意味でキャラ付けがされているのがとても面白いと思います。
戦いの最前線であった山中城と政庁だった駿府城では同じ静岡でも全くちがいますよね。
また、地域文化には食の要素もあり、地域の名産も楽しみの一つです。
そんな諸々を感じられるのが面白いです。


かぷっちょさん

①計画:お出かけ前日にルートや公共交通機関の時刻表とにらめっこしている時は、楽しいです
②修行:お城までの道程はほぼほぼ徒歩で向かうので、山城や夏の攻城はひたすら歩く修行僧のようです
③発見:到着してから目の前に次々と現れる堀や石垣、天守の雄姿にワクワク妄想が止まりません
④沈思:特に山城などでは、鳥の鳴き声以外は何も聞こえない静寂の中で立ち止まって、しばしぼーっとする時間は贅沢です
⑤爽風:山頂の本丸跡や天守最上階についた時に、吹き抜ける風がたまらなく気持ちよいです。
+α:ボランティアスタッフの方々とのお話で、癒されます^^


楓景斎 泰 山さん

わたくしのお城巡りは
小学6年からです。当時から歴史が好きで友達とお城巡りをはじめました。
最初は有名なお城に行き、天守のフォルムのカッコよさを見て、登って、眺めを見て満足してました。
35歳ごろからはインターネットの普及で「へぇ~こんなお城(天守)もあるのね。」という自分のなかでの新たな情報もあって、「お~行ってみたい、撮影してみたい。」と思い、今までお城巡りをしています。


野良猫さん

①城が築かれた時代背景やその地で起こった出来事に思いを馳せ、歴史やロマンを感じることが出来ること
②城巡りと合わせて、郷土料理を楽しんだり、周辺の名所・旧跡も巡って見聞を広めることが出来ること
③地元の方々や同じ城を訪れた方々との思いがけない出会い・触れ合い
④城巡りがなければ、行くことがない土地に行けるワクワク感、たどり着くまでの道程の楽しさ
等々


武藤喜兵衛さん

城造りも、戦も、その他もろもろ
今残っている姿や、説明文から想像して
「日本って凄いなー」「人間って凄いなー」と実感できるから。


たなとすさん

その土地の地形や当時の情勢などを考えに考え抜いて作り上げたものがお城に良く反映しているような気がします。それが私にとってのお城めぐりの魅力なのかもしれません。

締切後に回答されました

あぶさんさん

自分の眼で確かめていろいろと発見があるのが魅力です。
お城自体もそうですが、お城までの街歩きでも良さそうな町並みや食べ物屋さん、土産物屋等々、現地へ行ったからこそ発見できることがあるのがいいですね。特に予備知識をあまり持たずに訪れた場所は余計にそう感じます。
夏の18きっぷのシーズンに遠征する事が多いのですが、次の電車の乗り継ぎもあって、後ろ髪を引かれる思いで後にした場所も多々ありますね。


玄之丞さん

お城に行くと、その土地の歴史が分かる。
お城の構造が分かる。
その土地の地形が分かる。
その土地のおいしいものが食べられる。
たくさん歩くので足腰が鍛えられる。
写真が撮れる。
ドライブができる。
私の趣味のほとんどが満たされる(笑)


天下布武さん

お城を巡るとその時代の歴史背景、築城者の考え、風土が自ずと見えてきます。
私にとって「お城めぐり」は温故知新、新たな出会い。
目で見て、肌で感じ、考え知る事ができる。
五感、いや時には第六感をも使い楽しめるのが魅力だと思います。
死ぬまで「お城めぐり」続けると思います。


まーPさん

いろんな妄想が出来るところ。そして、今まで知らなかったことを知るきっかけになるところ。新しい出逢い(趣味・興味・人など)があるところ。


義姫さん

お城めぐりの魅力はwalking!

地形を感じながら町を歩く。
森林浴をしながら山を歩く。
小学校の遠足を思い出しながら歩く。
昔の人が眺めた景色を想像しながら歩く。
自分の体力の衰えを実感しながら歩く。

歩いたご褒美として石垣や美しい天守がある!
そして、昔の建造物に感心しながら、また歩く。


はせさん

ありきたりですが、歴史の舞台で、その当時に思いを馳せる事ができる事が楽しいです。また、行ってみて始めて分かる事もあり、その発見が楽しいです。


K-2さん

お城を目当てに全国を旅できることでしょうか・・・

最初は、城めぐりをして日本全県を巡りたいのが目的でした。また、100名城スタンプを押すだけに城めぐりをしているようなこともあり、建物がない城跡だったりするとがっかりして帰ることもありました。城めぐりをする前にいろいろ調べていくと、この城にはこういう遺構が残っているとかこんな武将が関わっているなどがわかってくると面白くなってきて、今では、建物がなくても土塁、堀、石垣等を見るだけでもわくわくするようになりました。もちろん下調べにはこの攻城団は欠かせませんが。これからもどんどん城めぐりを楽しんでいきたいと思っています。


もすもすさん

➀今まで知らなかった地元の一面を知る事が出来る
➁負けた武将、勝った武将関係なくその人の魅力に触れたり知る事が出来る
➂石垣1つ見るだけでも色々な想像力を掻き立てられる(どんな建物だったか、戦の時に攻める武将の気持ちを考えたりとか)

私はそう言ったところに魅力を感じます。


狸親父さん

城めぐりを始めたころは、天守等の建物に注目していましたが、次第に、石垣や土塁に興味を持つようになりました。いまでは、築城された当時の歴史的背景、周辺の城郭の存在、地形、街道の状況を調べて、なぜ、この城が築城されたのかを考えながら、攻城しています。


関東の信長さん

現代では真似のできない、何百年もの前の「建築美」や、遺構の数々を見つけて昔はどういった建物があったのか、と想像し思いを馳せる時が楽しい瞬間です。天守ももちろんですが、石垣のみの城址などは自分的には「石垣美」を堪能しています。あとは城下町周辺にある資料館で歴史を学んだり、お城に関連したお土産物購入(グッズ、食品、お酒!)もお城巡りの魅力だと思います。


ももさん

学生時代、日本史は赤点だったくらい歴史に興味が無かったのですが、お城巡りにハマってから誰と誰が繋がっていたんだ~とか、名前も知らなかった人物が築城のリーダーだったとか、思っていた人物像が全く違っていたりとかで興味が尽きない


けんしんさん

何百年もたっているのに、いまだに現存しているお城、しっかり残っている石垣、朽ち果ててきているが今も僅かに残っている遺構。その時代を感じられると共に、重機がない当時の苦労を肌で感じられる。主君のために!サラリーマンの私には、グッときます。


チョビさん

・いろんなところに行ける(旅行を兼ねて)。
・写真がたくさん撮れる(アングル探しを楽しめる)。
・歴史に触れられる(歴史に疎かったのですべてが新鮮)。
・バッジやスタンプラリーなど(目標があると楽しめる)。
・そこそこ歩くので楽しみながらいい運動にもなる。


Aichirouさん

400年~500年の昔にそこに意図をもって城をつくり、生死を懸けた戦いがあったことを思い描くのが私の感じる一番の魅力です。
少しでも長く持ちこたえるための様々な足掻きを感じられたとき、その城を築いた人や守った人と時を越えてリンクした感覚を味わうことができ、それが次の城に向かう原動力になっています。


solitarioさん

何故かと聞かれても分かりません。石垣があると昂ぶってしまい、また行きたくなる、違う所のも見たくなる。最近は土塁をみても同じ症状が起きる。そしてその場所に自分の中でカッコよく作り上げられた明智光秀や羽柴秀長や藤堂高虎や島左近が確かに生きていたことに思いを馳せられる。
まあ精神年齢が幼いのか幼少期にテレビのヒーローがいる秘密基地に潜入できる想像をしてたままのことをしてるような…


Sさん

お城を通じてその土地の文化、風習などを知ることができる点が魅力だと思います。
城を中心に発展してきた町割りもその地方によって様々ですし、その土地の名物、郷土料理など訪問してから初めてわかることも多いです。
私は城めぐりを始めて10年位になりますが、どうやら一生ものの趣味になりそうですw


明石藩城主さん

山城の魅力は山頂(主郭)に到達するまでの曲輪、堀切、石積、石垣を垣間見るのが一番ですね。
高所に築いた労力は凄いモノだなと感心感動しっぱなしです。
平城よりも運動になる山城に魅力を感じます。


しげしげさん

何よりも、「お城めぐり」をしている時は、自分の世界に入れる事が魅力ですね。
人によって、楽しみ方はいろいろあると思いますが、私は、土木工事(土塁、石垣、堀等)を見る事が一番の楽しみです。もちろん建物があれば、さらに臨場感がUPしますが、土や石で造られた防御施設を見ると、その城を築いたり、拡張した武士達が、いかに守りやすく、攻められにくい状態にするか?を考え工夫しているのが伝わる気がするからでしょうね。また地域により、その地域に多い築城技法が用いられていたり、地域性の違いを感じられるのも楽しみです。
あと、地元の人達のふれあい(お話や、お酒を飲んだり)も、「お城めぐり」の醍醐味と感じます。

教科書で学ぶ以上のことを感じられるところ。
どんなに写真や文献を見ても、実際に行ってみることにはとても敵わないと思います。
そしてそこに住んでいる人たちを見てこれまでの歴史に思いを馳せることもできますし。
以前、震災のあとに石垣の崩れた青葉城を見上げていたら、地元のおばさまに声をかけられ、絶対に復興するからまた来てねと言われたときは目頭が熱くなりました…。


hinakさん

城はもちろんですが、城と共に、未訪の街を体験できることは大きいかな。
城めぐりをしていなければ、多分一生のうちに訪れなかったであろうという街は、結構多いです。


axiaさん

戦争の為、もしくは統治する為に作ったものが
何百年も経過しているのに現在も痕跡が残っている

それを見たり城址を歩くことができる。
これが最大の魅力です。

なかなか身近な人間には理解して貰えない楽しみ方ですが
誰にも理解して貰えなくても一人で楽しめる点も「お城めぐり」の魅力です

こんな話をガイドツアーの時などに話せることが 攻城団の魅力!となります


Katsuさん

何百年と時を経てなお残っているというだけでも感動的なのにお城はたまに思いがけない景色を見せてくれるときがあります。そうした感動がお城めぐりの原動力かつ継続力になっている気がします。そういう意味で言えばお城巡りを始めるきっかけとなった姫路城も子供の自分にとってあの迫力は思いもかけない感動だったのかなと。
日本にはまだまだ数多くの未訪のお城があります。まだ見ぬ景色を見に行きたいと思ってます。海外なんか行ってる暇はない!笑


多摩次朗さん

タイムスリップしたような気分になれます。
城や城下町、旧道を歩くとそこは以前は有名な武将、大名たちがかつては居たんだなと思うと胸が熱くなります。
ここから城を睨んだあの人はどんな思いだったか?考えるとワクワクします。


dougenさん

・旅行では行かない場所にも行くことができる。
・マイナーな城址ほど、遺構を発見する楽しみがある。
・攻城するためなら、いくらでも歩けるので、自然と痩せる。
・マイナーな城郭を含めると、一生涯、楽しめる。
・交通費、宿泊費以外、ほとんどかからず楽しめるので、コストパフォーマンスが良い。
・一人でも楽しめる。(むしろ一人の方が良いか?)

思いつくまま挙げるとこんな感じです。


みにっつさん

親が城好きで子供の頃からあちこちに連れて行ってもらっていましたが、当時はまったくその魅力が分からず、「狭くて暗くて上り下りが怖い(当時の天守閣は整備されていないところがほとんどで、綱登りみたいなところもありました…)」というイメージばかりでした。社会人になってからゲームなどをきっかけに歴史に興味を持ち始め、実際にそこに住んでいる人のことを考えながら見て回ると、「城って奥深い」と思うように。時間的な制約や金銭的なあれこれでなかなかお城巡りはできませんが、今は色々な方の写真やお話をネットで便利に見ることができるので、参考にしつつ自分も実際に行けた時には楽しんでいます。日本にしかない、そして日本だからこそできた城を巡ることには、大きな魅力があると思っています。


ちゅんちゅんさん

歴史を身近に感じながら、足腰が鍛えられる(なんちゃって、格好つけてます)。が表向きで、本音はダイエットですよ❤私はよくわかんないけど、旦那に付き合って一緒に見てます。職場でも城フェチの(見た目地味な無口な)人と盛り上がって話ができるのも楽しい。だってカレ、お話しないんですよ~~ほかの人と。だから面白い。


十林寺さん

今より物も便利な機械もなかった時代に、あれだけの建造物を造り上げた人間の知恵や努力や美意識に触れられる所が魅力です。そこに人間の営みを感じ、私達と同じように喜怒哀楽や悩みや苦労があったかと思うと、自分もまだまだ頑張ろうと元気をもらってます。


ほむほむさん

最初はただ行くだけみたいなのがありましたが、最近は行った先の美味しいものを食べる事も目的の一つになってきました。

城跡巡りはもう日常生活の一部と化していますね。

それと最近は建造物に飽きてきたのか、何もない山城跡や建造物のない石垣だけとかに魅力を感じるようになりました。
なので、城跡を見て足軽の気分になって攻城したり、当時の城郭を想像するのがとても楽しいですね。


ふみりょんさん

きれいに積まれた石垣、朽ちて崩れた石垣、高い石垣、道に沿って低く積まれた石垣、重機のない時代に人の力だけでよく積めたと思います。そういう姿をみると自分の悩みや愚痴は一瞬のことなんだなあ~と思えるんですよね あとはぽかーんと口を開けてすごいとつぶやける事です(笑)

遺構が1つでもある城は楽しいですよね。やはり石碑や案内板だけの城もいいですが、1つぐらい遺構がないと石碑と案内板を見るだけで終わってしまいますよね。遺構が無くても川の横に城址があったりしたら天然の要害だなとわかりますけどね。土塁や堀などがあれば小さな城でも十分に楽しめると思います。僕は遺構を見るのが、城の魅力かなと思ってます。


藤式部卿さん

「そこに城があるから」以外の回答でお願いします!とは・・・先回りされておったか!!さすがは攻城団編集部!!(笑)。
 お城巡りを始めたきっかけは、天守閣の魅力に取りつかれたから。だから、最初の頃は、天守のないお城にはあまり魅力を感じていませんでした。しかし、最近では「一所懸命」との言葉があるように、お城には「一所」に命を懸けた人々の息吹を感じると思うようになりました。歴史的背景を知れば、天守はもちろん、石垣さえない、空堀と土塁跡だけの遺構でも魅力十分。
 


ナウシカさん

歴史系の小説が好きなんですが、文中に出てくるお城に実際に足を運ぶと理解が深まりますし、小説を読む際の臨場感も高まります。そんな「歴史の聖地訪問」みたいな感覚がお城巡りの魅力ですね~


朝倉ゆめまるさん

歴史を本ではなく自分の目と足で感じます


matさん

古の日本に思いを馳せることができること。
あまり整備されていない城址の場合、それがかえってタイムスリップ感を増幅して
、非日常に浸れるように思える。
また、しっかり整備されているところでは、資料や案内が充実しているので、それ
はそれで勉強になるし。
何よりもお城の構造物ってみんな美しいと感じられる。


文字数は気にせずに書いてくださってけっこうです

公開されません(返事が必要な場合は「お問い合わせ」から送ってください)
公開時に匿名にする
(チェックがなければ発表する際にアイコンつきで紹介されます)
投稿するにはログインが必要です

過去に募集されたお題と回答一覧

現在、回答募集中のお題

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る