攻城団からのお知らせ

「一度は行きたい 日本の美城」はオススメの1冊

お城初心者ってどこのお城から攻めていいかがわからなくて悩みますよね。
近場から攻めるか、有名どころから攻めるか、なにかしらテーマ性を持って攻めるかと、ぼくもいまだに悩むことが多いので、攻城団ではそのとっかかりとしてバッジをつくっているのですが、「写真に撮りたいお城を攻める」という選択もいいと思うのです。

image

この「一度は行きたい 日本の美城」(学研)には全国にある55のお城が選ばれていますが、どれも自分の目で見て、写真に撮りたい美しいお城ばかりです(掲載されているお城は最後に紹介します)。
まさにフォトジェニックなお城の一覧という感じなんですけど、なかでもこの本のいいところはなかなか撮れない夜景の写真が豊富なところです。

image ほかにも桜や祭り、雲海など、年に数日しか見れない貴重なお城の写真が満載なので、パラパラとめくっていると「ここを攻めてみたい!」ときっと思うでしょう。 もちろん同じ写真が撮れるかは運次第ですけど、行き先だけじゃなく旅行の時期を選んだり、夜景を撮るために城下町に宿泊したりするのは楽しいですからね。 一度いったことのあるお城でも、ちがう季節、ちがう時間帯に訪れるとぜんぜんちがって見えるので、そういう楽しみ方もできますね。 ぼくは大州城にいったことあるんですけど、こんな花火をバックにした写真を見てしまうと、ぜひ同じ景色を見にもう一度いきたくなります。 image

「一度は行きたい 日本の美城」に掲載されているお城一覧

一度は行きたい厳選の美城10

四季の風情とともに愛でたい城

壮麗な美を誇る城建築と石垣

夢の跡――歴史の舞台を行く

ほんと、オススメです! 夜景の写真はぶれやすいので、三脚は必須ですね。 これは今治城の写真ですが、三脚を持っていくのを忘れたので地面に空き缶を置いて撮影しました。 DSC_5886
本記事で紹介した書籍は攻城団ライブラリーに収蔵されています。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

団員ブログを公開しました

  • お知らせ

攻城団にブログ機能を実装しました。団員による団員のためのブログとして、攻城レポートを書いたり、自分が学んだことなどをシェアしていただけるとうれしいです。

つづきを読む

鮫ヶ尾城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

「御館の乱」で敗れた上杉景虎が自刃して果てた終焉の地として知られる鮫ヶ尾城にも攻城団のチラシを置いていただきました。斐太歴史の里案内所と斐太歴史民俗資料館の2か所で入手できます。

つづきを読む

角牟礼城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

毛利高政によって近世城郭へ改修され、続日本100名城にも選ばれている角牟礼城にも攻城団のチラシを置いていただきました。豊後森藩資料館とくすまちメルサンホールの2か所で入手できます。

つづきを読む

龍岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長野県佐久市にある、もうひとつの五稜郭として有名な龍岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。佐久市歴史の里五稜郭であいの館と佐久市臼田支所の2か所で入手できます。

つづきを読む

浜松城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

浜松城のコラボチラシが新しくなりました。天守閣1階、売店前のチラシラックで入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る